学会発表

1) エリ蚕の抗真菌性gallerimycin様ペプチド遺伝子
橋本 和彦、山野 好章、森嶋 伊佐夫
日本農芸化学会大会(京都) 2006

2) 精子形成期ラット精巣で特異的に発現する遺伝子の解析
山野 好章、大山 建司、太田 正法、矢田貝 亮一、山根 真由、森嶋 伊佐夫
日本農芸化学会中四国支部例会(松江) 2006

3) ラット精巣で精子形成開始以降に特異的に発現する遺伝子の解析
太田 正法、佐野 友昭、佐藤 和正、山野 好章、大山 建司
第40回日本小児内分泌学会学術集会(浜松市) 2006

4) ダイオキシン投与ラットにおける精子鞭毛構成タンパク質(ODF1)遺伝子の発現
山野 好章、大山 建司、太田 正法、正田 朋子、平田 修司、星 和彦、山根 真由、森嶋 伊佐夫
日本分子生物学会2006フォーラム(名古屋) 2006
5) 精子形成期に特異的に発現するHeat shock protein 遺伝子発現の調節機構について
太田 正法、佐野 友昭、小林 清司、佐藤 和正、小林 基章、望月 美恵、三井 弓子、永嶺 健次郎、矢ヶ崎 英晃、斎藤 朋洋、山野 好章、大山 建司
第80回 日本内分泌学会学術総会(東京)2007.5

6) 精子形成期ラット精巣で発現するNYD-SP14遺伝子の解析
矢ヶ崎 英晃、太田 正法、佐野 友明、小林 基章、田辺 良子、山野 好章、大山 建司
第11回小児分子内分泌研究会(ノボノルディスク社主催)(小樽)2007.7

7) 精子形成期ラット精巣で発現するNYD-SP14遺伝子の解析
太田 正法、佐野 友明、藤田 和正、小林 基章、矢ヶ崎 英晃、田辺 良子、山野 好章、大山 建司
第12回日本生殖内分泌学会(東京)2007.10

8) 精子形成期ラット精巣で特異的に発現する遺伝子の解析
山野 好章、大山 建司、太田 正法、利谷 明繁
BMB2007(第30回日本分子生物学会年会、第80回日本生化学会大会合同大会)(横浜)2007.12

9) 精巣特異的発現遺伝子NYD-SP14に関する検討
太田 正法、佐野 友明、小林 浩司、佐藤 和正、小林 基章、望月 美恵、三井 弓子、長嶺 健次郎、矢ヶ崎 英晃、佐藤 朋洋、緒方 勤、山野 好章、大山 建司
第81回日本内分泌学会学術総会(青森)2008.5

10) 精子形成期ラット精巣に発現する癌抗原遺伝子の解析
神尾 高志、浅野 淳、大山 建司、山野 好章
日本獣医学会(宮崎)2008.9
11) 組換えニワトリインターフェロンλタンパク質の精製
増田 康充、浅野 淳、神尾 高志、北村 直樹、澁谷 泉、山野 好章
日本獣医学会(宮崎)2008.9

12) 精子形成期ラット精巣に発現するras抑制遺伝子の機能
山野 好章, 浅野 淳, 神尾 高志, 大山 建司
日本農芸化学会中四国支部大会(鳥取)2008.9

13) ラット精巣におけるNYD-SP14遺伝子発現調節機構に関する検討
太田 正法、佐野 友昭、小林 基章、矢ヶ崎 英晃、田辺 良子、山野 好章、大山建司
「第42回日本小児内分泌学会」(米子)2008.10

14) 精子形成期ラット精巣における精子鞭毛関連遺伝子の発現
山野 好章、大山 建司、太田 正法、利谷 明繁
BMB2008(第31回日本分子生物学会年会、第81回日本生化学会大会合同大会)(神戸)2008.12

15) 精子形成に関与する遺伝子発現に対するゴナドトロピンの影響について
太田 正法、佐野 友明、小林 浩司、佐藤 和正、小林 基章、望月 美恵、三井 弓子、長嶺 健次郎、矢ヶ崎 英晃、佐藤 朋洋、山野 好章、大山 建司
第82回日本内分泌学会学術総会(前橋)2009.4

16)ラット精巣に発現するガン関連遺伝子の解析
神尾 高志、浅野 淳、保坂 善真、大山 建司、山野 好章
日本生化学会中四国支部例会(鳥取)2009.5

17) 組換えニワトリインターフェロンλタンパク質の精製とその作用
増田 康充、浅野 淳、山野 好章
日本生化学会中四国支部例会(鳥取)2009.5

18) マウス精巣におけるTBCドメインを持つ遺伝子の発現解析
利谷 彰彦、浅野 淳、山野 好章
第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009.9

19) ラット精巣に発現する結腸ガン抗原遺伝子の発現解析
神尾 高志、浅野 淳、保坂 善真、大山 建司、山野 好章
第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009.9

20) 組換えニワトリインターフェロンλタンパク質の抗ウイルス遺伝子誘導作用
増田 康充、浅野 淳、山野 好章
第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009.9

21) 精子形成期ラット精巣における精子鞭毛関連遺伝子の発現解析
山野 好章、太田 正法、大山 建司
第32回日本分子生物学会年会(横浜)2009.12

22) Expression of TPR domain containing NYS-SP14 gene in the maturing rat testis
Masanori Ohta, Kouji Kobayashi, Kazumasa Sato, Mie Mochizuki, Yumiko Mitsui, Kenjiro Nagamine, Hideaki Yagasaki, Yoshiaki Yamano, Kenji Ohyama
14th International Congress of Endocrinology (Kyoto, Japan)2010.3

山野 好章

共同獣医学科
基礎獣医学
分野:獣医生化学
Email:yyamano@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5360
Fax :0857-31-5360

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター