高度な技術と斬新な知識が動物の命を救う!

鼻腔内腫瘍切除後に術中温熱療法

鼻腔内腫瘍切除後に術中温熱療法

2004年6月に誕生した新しい研究室です。研究内容は、1)天然アミノ糖の生物活性、2)先端的がん治療(光線力学的療法、温熱療法、自家がんワクチン等)の開発および動物側のがんに対する潜在的抵抗力のモニタリングを行っています。また獣医外科学研究室と共同で、獣医領域における腹腔鏡下外科手術の開発と普及、キチン、キトサンの創傷治癒促進機構の解明の研究を行っています。

 

キーワード

天然アミノ糖,がん,光線力学的療法,温熱療法、がんワクチン、創傷治癒

研究テーマ

天然アミノ糖の生物活性
がんに対する先端的治療
創傷治癒

岡本 芳晴

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医外科学
Email:yokamoto@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5440
Fax :0857-31-5440

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター