論文

(1)Morooka, Y., A. Ohnishi & K. Yasunobu.:Reciprocal form of family farm and group farming、農業経営研究、29(3):13-29 1991
(2)安延久美:マレイシアにおけるクロンポッ・タニの現状と当面する課題-ムダ稲作農民組織のリーダー調査から、国際農林業協力、14(2)、国際農林業協力協会: 65-76  1991
(3)安延久美:農民組織における技術情報の伝達関係:マレーシア北部農村のクロンポッ・タニの事例から、開発学研究、2(2):45-54  1992
(4)諸岡慶昇・安延久美・大西緝:マレーシアにおける稲生産組織の形成過程-クロンポッ・タニの事例考察、アジア経済、34(3):18-34  1993
(5)安延久美:マレイシアにおける稲作グループ・ファーミングの展開-クロンポッ・タニ、その後、国際農林業協力、16(2)、国際農林業協力協会:61-66 1993
(6)Yasunobu, K., Y. Morooka & H. S. Wong:Changes of communal ties among rice farmers in group farming -A case of kelompok tani in the Muda Area, Malaysia. JIRCAS Journal No. 1.:19-27  1994
(7)安延久美・諸岡慶昇:直播栽培における雑草問題-マレーシア・IWM調査の示唆、農業研究センター、農業経営研究成果集報、14、:50-59 1994
(8)Yasunobu, K., & Y. Morooka.: A contract system for rice farming work in the Muda plain, Peninsular Malaysia.、Farming Japan 29(2):25-30 1995
(9)安延久美・納口るり子:大型機械作業請負下における稲作農家の経営構造と規模拡大の可能性-マレーシア、ムダ灌漑地区の事例、農業経営研究、35 (3):35-48 1997
(10)安延久美:マレーシアにおける水稲直播栽培の現状と普及要因に関する考察、関東東山東海農業経営研究、88:83-86 1997
(11)安延久美:マレーシア稲作農村における女性の価値観と役割分担、農村生活研究、41(4):3-11  1997
(12)安延久美:マレーシアにおけるWID関連研究の現状と課題、農村生活研究41(3):28-34 1997
(13)安延久美:マレーシア・ムダ灌漑稲作地帯における直播栽培の実態、農業技術、52 (12):564-569 1997
(14)Yasunobu, K. F. Y. Wong & T. Monma:Prediction of future situation of rice farming in the Muda Area, Malaysia: Simulation analysis of farm land and farming population. JIRCAS Journal. No. 7:29-43 1999
(15)Yasunobu, K. & F. Y. Wong.:Peasant Situation after Green Revolution: Discussion on the “New Farmers Class” among rice farmers in Malaysia、農業経営研究、38 (1) : 169-172 2000
(16)安延久美・Q. T. Nguyen・山田隆一 :ベトナム,メコンデルタにおける農畜水複合経営と部門規模、農業経営研究、38 (2):1-13 2000
(17)安延久美・F. Y. Wong:マレーシアにおける稲作生産力の担い手-グループファーミングによる新しい担い手の形成-、農業経営研究、38(3):13-24 2001
(18)Yasunobu, K., C. Casiwan & R. Manalili:Mechanization of rice farming and cost analysis of PhilRice Developed Machines in Central Luzon, The Philippines. 開発学研究、12(1):66-75 2001
(19) Chea S. and K. Yasunobu:Recent Irrigation Policy and community irrigation system in Cambodia, Cambodian Journal of Agriculture Vol. 7(2) :22-35 July-December 2006
(20)諸岡慶昇・新保輝幸・奥田一雄・山岡耕作・飯國芳明・関田諭子・原口展子・婁小波・ジンタナンゴナン・安延久美:黒潮圏沿岸域における藻場を中心とした海洋資源管理と環境保全:フィリピンの海洋保護政策と沿岸環境(1)、黒潮圏科学1:30-50 2007.3
(21)新田義修・マージル ファンタリア、ガーリー タトロングアィ、安延久美:水利費徴収率の規定要因に関する一考察 フィリピンNueva Ecija州を対象に、農業経営研究45(2):106-109 2007.6
(22)Chea Sareth, Kumi Yasunobu, Robert Farquharson, Fiona Scott and Pin Dara : Nitrogen and rhizobium improve the profitability of leguminous crop production in Cambodian rainfed uplands, 農業経営研究46(2):195-198 2008.6
(23)安延久美 フェアトレードと消費者運動の可能性:先進国の消費者は、途上国の生産者の「顔」が見えるのか? 『第5回生協総研賞 研究奨励助成事業 研究論文集』 生協総研 13-24  2009.1
(24) Bnahdari Humna and Kumi Yasunobu. ‘What is Social Capital? A Comprehensive Reivew of the Concept’、Asian Journal of Social Science, 37:pp. 480-517    2009.3
(25)Yokoyama, S., Rodorigues, MVC, & Yasunobu, K.  Technology adoption and social networks: introducing alternate wetting and drying (AWD) technology in deep well irrigation systems, Tarlac, Philippines, 農業普及研究, 14(1):81-97 2009.6

安延 久美

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:国際農業開発学
Email:yasunobu@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5417

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター