総説・評論

(1) 山口剛士:伝染性ファブリキウス嚢病. 養鶏の友 3: 39-42 1990
(2) 平井克哉, Htwe, K. K., 山口剛士, 福士秀人:Q熱 その疫学的考察 . 獣医畜産新報  45: 848-855 1992
(3) 山口剛士, 平井克哉:伝染性ファブリキウス嚢病の予防 ワクチンについての考察 . 鶏病研究会報 28: 31-39 1992
(4) 平井克哉, Htwe, K. K., 山口剛士, 福士秀人:Q熱の現況. モダンメディア 39: 207-217 1993
(5) 平井克哉, Htwe, K. K., 山口剛士, 福士秀人:わが国におけるQ熱の現状. 病原微生物検出情報 1: 6-9 1994
(6) 源 宣之, 金城俊夫, 柵木利昭, 柳井徳磨, 平井克哉, 山口剛士, 橋本 晃, 立川 涼, 田辺信介, 白木康一:環境汚染の指標としての野生動物の病態, 獣医畜産新報 49:  660-664 1996
(7) 山口剛士, 平井克哉:北米における野生動物医科学とわが国の現状, Zoo and Wildlife News 3: 12 1997
(8) 山口剛士, 白田一敏, 福士秀人, 源 宣之, 金城俊夫, 平井克哉:中部山岳地帯における野生動物の病態, 日本野生動物医学会誌 3:1-7 1998
(9) 山口剛士, 福士秀人, 平井克哉: 忍び寄る山岳地帯の微生物汚染”ライチョウ新鮮糞便からの細菌分離”. 獣医畜産新報 53: 923-927 2000
(10) 山口剛士, 福士秀人, 平井克哉: ライチョウの微生物汚染. 日本獣医学会家禽疾病分科会報 7: 18-22 2002
(11) 山口剛士: 鶏ウイルス性疾患の遺伝子診断. 鶏病研究会報 38: 119-124 2002
(12) 平井克哉, 安藤匡子, 山口剛士, 福士秀人: Q熱(コクシエラ症). 畜産の研究 58: 119-124 2004
(13)杉浦尚子, 大屋賢司, 山口剛士, 福士秀人. 新たなオウム病診断用抗原の探索. 獣医畜産新報. 61:202-203. Mar., 2008
(14)柳井徳磨, 村井厚子, 山口剛士, 岡野司, 福士秀人, 酒井洋樹, 柵木利昭, 清水博文, 村田浩一. 野外および飼育下のニホンライチョウにおける背景病変. 獣医畜産新報. 61:379-386. May, 2008
(15)山口剛士, 福士秀人. ライチョウの細菌およびウイルス感染症. 獣医畜産新報. 61:367-371. May, 2008
(16)山口剛士 網羅的遺伝子検索の感染症迅速診断への応用 緒言. 獣医畜産新報. 62: 815.  Oct., 2009

山口 剛士

共同獣医学科
応用獣医学
分野:獣医衛生学
Email:yamaguti@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5487
Fax :0857-31-5487

カテゴリー

鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター