総説・評論

(1) 吉村和也・薮田行哲・重岡 成:光・酸素毒防御系の発現制御による環境ストレス耐性植物の作出 細胞工学,21:1469-1474  2002

(2) S. Shigeru, T. Ishikawa, M. Tamoi, Y. Miyagawa, T. Takeda, Y. Yabuta and K. Yoshimura:Regulation and function of ascorbate peroxidase isozymes. J. Exp. Bot. 53, 1305-1319,  2002

(3) 石川孝博・薮田行哲・田茂井 政宏・重岡 成:レドックスと代謝エンジニアリング 蛋白質 核酸 酵素,48:2145-2153  2003

(4) 薮田行哲・重岡 成:植物のビタミンE生合成経路の全容 0ビタミンE高含有作物の分子育種を目指して0 ビタミン, 79:395-398  2005

(5) M. Tamoi, M. Nagaoka, Y. Yabuta and S. Shigeoka:Analysis of carbon metabolism in the Calvin cycle. Plant Biotechnology 22:355-360  2005

(6) 薮田行哲・小川貴央・吉村和也・重岡 成:植物のレドックス制御機構と環境ストレス応答への関与 蛋白質 核酸 酵素,52:578-584 2007.6

(7)西澤(横井)彩子・薮田 行哲・重岡 成:植物の環境ストレスに対する熱ショック転写因子HsfA2を介した応答・適応機構 農林水産技術研究ジャーナル, 32(7):10-14 2009.7

(8) F. Watanabe, Y. Yabuta, Y. Tanioka, T. Bito. Biologically active vitamin B12 compounds in foods for preventing deficiency among vegetarians and elderly Subjects. Journal of Agricultural and Food Chemistry. (IF=2.823) 61 (28) 6769-6775,                                                                 2013.7

 

藪田 行哲

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:栄養科学
Email:yabuta@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5382
Fax :0857-31-5382

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター