未来の食品ユーグレナ

ユーグレナの光学顕微鏡写真

ユーグレナの光学顕微鏡写真

活性酸素は様々な疾病の原因になることが明らかになりつつある。抗酸化物質は活性酸素の消去に機能し、野菜・果実などの植物性食品に多く含まれる。単細胞緑色藻類であるユーグレナは抗酸化ビタミンに富むだけでなく、各種栄養素をバランスよく含んでいることから新しい食品素材として注目を集めている。そこでユーグレナの栄養評価および新規抗酸化物質の探索を行っていく。さらに、新しい抗酸化食品の開発と機能評価も検討する。

 

キーワード

活性酸素, 抗酸化物質, レドックス, ビタミン, ユーグレナ, 機能性食品

研究テーマ

抗酸化能の評価
抗酸化物質の分析と新規抗酸化物質の探索
ユーグレナの栄養評価

担当教育コース

生命・食機能科学コース

藪田 行哲

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:栄養科学
Email:yabuta@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5382
Fax :0857-31-5382

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター