健康維持・増進のために食を科学する

ビタミンB12の特性と栄養評価した食品

ビタミンB12の特性と栄養評価した食品

食品に含まれる栄養素や疾病予防因子の特性や作用機構を食品学・栄養学・生化学・分子生物学の複合的な手法を用いて解明し、健康維持・増進のための活用法を提言することを目的とする。
現在、日本人にとって重要な栄養源である魚介類や食用藻類に含まれるビタミンB12の化学的特性と栄養評価を検討し、また加齢による吸収不全症に対する栄養強化食品の開発や特異的で高感度な検査方法の開発を検討している。

キーワード

食品科学、ビタミン学、疾病予防因子、栄養評価、栄養強化、食品分析、食用藻類

研究テーマ

ビタミンB12の細胞内代謝と生理機能の解明
食品成分の特性の解明と栄養評価
日本人の食事摂取基準策定のための基礎研究

担当教育コース

生命・食機能科学コース

渡辺 文雄

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:食品科学
Email:watanabe@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5412
Fax :0857-31-5412

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター