身近な所にきのこ在り!

日本未報告種が鳥取県大山のブナ樹上で見つかった

日本未報告種が鳥取県大山のブナ樹上で見つかった

日本にはまだまだ未知なきのこが沢山生息しています.
日本産ハラタケ類の種の全貌を明らかにするために,生態調査,子実体形態解析,交配試験,人工栽培およびDNA解析などの手法を用いた分類学的研究を行っています.また多種多様な遺伝資源を拡充することを目指して,培養の容易な腐朽菌だけでなく,難培養性である菌根性きのこ種の培養方法の開発に取り組んでいます.

キーワード

きのこ,ハラタケ類,分類,種多様性,菌根菌,培養,遺伝資源

研究テーマ

ハラタケ類の分類と多様性に関する研究
菌根性ハラタケ類遺伝資源の培養方法の開発

牛島 秀爾

附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
遺伝資源多様性研究部門
Email:ushishu@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5882
Fax :0857-31-5888

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター