NC/Ngaマウス

NC/Ngaマウス

近年、獣医領域においてアトピー性皮膚炎は増加傾向にある。ヒトのアトピー性皮膚炎において、ストレスによって皮膚症状が悪化することが分かっており、アトピー性皮膚炎のモデル動物であるNC/Ngaマウスを用いて、アレルギーと精神との関連を解明し、アトピー性皮膚炎の新たな治療法を開発する。
現在は、精神的苦痛であり、掻爬による皮膚病変悪化の原因となる「痒み」について、その病態と軽減方法を解明中である。

 

キーワード

アトピー性皮膚炎, 痒み, NC/Ngaマウス, ストレス

研究テーマ

アトピー性皮膚炎の治療におけるステロイド減量を目的としたサプリメントに関する研究
痒みのメカニズムに関する研究
ストレスと皮膚病変との関連性に対する研究

辻野 久美子

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医内科学
Email:tsujino@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-6768
Fax :0857-31-6768

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター