ウイルス相手に糞骨砕身!糞闘努力!

インフルエンザウイルスの自然宿主は水鳥であり、その糞便から様々なウイルスが分離される。

インフルエンザウイルスの自然宿主は水鳥であり、その糞便から様々なウイルスが分離される。

典型的な人獣共通感染症であるインフルエンザウイルスをモデルとして、その病原体がどのようにして動物から人に伝播するか?如何にして宿主を死にいたらしめるのか?また如何にして自然界に存続し続けるのか?など様々な疑問に対する答えを見つけるべく、集団や個体レベルから分子あるいは遺伝子レベルまで幅広い視野に立って総合的に解析を行っている。また、最近は食の安全・安心問題を含めたインフルエンザウイルスの感染性残存に関する実験研究も実施している。

キーワード

人獣共通感染症、ウイルス、インフルエンザ、鶏、水禽、レセプター、病原性

研究テーマ

インフルエンザウイルスの宿主域と異動物種間伝播に関する研究
インフルエンザウイルスの起源と遺伝子進化に関する研究
ミクソウイルス病原性獲得機構に関する研究

伊藤 壽啓

共同獣医学科
応用獣医学
分野:獣医公衆衛生学
Email:toshiito@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5437
Fax :0857-31-5437

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター