著書

  1. Ito S., Ohta T. & Nakazato Y., Smooth Muscle Excitation, ISBN978-0121-1236-04, Characteristics of carbachol- and caffeine-induced inward currents in rat intestinal smooth muscle cells. pp.187-196. Eds. Bolton T.B. & Tomita T., Academic Press, London 1996
  2.  Ohta T., Ito S. & Nakazato Y., The Adrenal Chromaffin Cell: Archetype and exemplar of cellular signaling in secretory control, ISBN4-8329-0267-9, Cytosolic calcium mobilization and outward currents induced by muscarinic receptor activation in single guinea pig adrenal chromaffin cells, pp49-59, Eds. Kanno, T., Nakazato, Y. and Kumakura K., Hokkaido University Press, Sapporo 1998
  3. 伊藤茂男、太田利男:薬理学・毒性学実験、ISBN4-8300-3138-7、1編 薬理学実験、薬物の血中濃度の測定、pp37-43、比較薬理学・毒性学編、第1版、文永堂、東京 1999
  4. 中里幸和、太田利男:新獣医薬理学、ISBN978-4-87402-101-8, 第7章 末梢神経に作用する薬、pp69-75、伊藤勝昭、伊藤茂男、尾崎 博、唐木英明、小森成一、下田 実、第2版、近代出版、東京2004
  5. 太田利男:新版 主要症状を基礎にしたイヌの臨床、ISBN978-4-93845-66-9、カーバメート中毒、pp161-162他 監修 前出吉光、デーリィマン社、東京 2007.3
  6. 太田利男:新獣医薬理学、ISBN978-4-87402-101-9, 獣医臨床薬理データCD-ROM、伊藤勝昭、伊藤茂男、尾崎 博、唐木英明、小森成一、下田 実、第2版、近代出版、東京2007.8
  7. 太田利男:新獣医学事典、ISBN978-4-8850-0654-8、キシラジン、pp268他、新獣医学辞典編集委員会、チクサン出版、東京  2008.2
  8. 太田利男:薬理学・毒性学実験、ISBN978-4-8300-3216-5、1編 薬理学実験、表面麻酔 pp68他、比較薬理学・毒性学編、第3版、文永堂、東京 2008.8

太田 利男

共同獣医学科
基礎獣医学
分野:獣医薬理学
Email:tohta@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5427
Fax :0857-31-5427

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター