学会発表

 (1)張才喜・田辺賢二・王世平・田村文男・吉田亮・松本和浩.ニホンナシにおける果実肥大の品種間差違と細胞分裂および細胞肥大との関係.園学雑75別2:149              2006

(2)田村文男・竹村圭弘・松田華奈・中田昇 自発休眠期におけるニホンナシ芽中のポリアミン含量の変化 園学雑75(別2):157                                      2006

(3) Matsumoto, K., F. Tamura, J-P. Chun, C. Zhang, and K. Tanabe. 2006. Effects of NaCl on the growth, photosynthesis, ion and water relations in rootstocks of Japanese pear. Abctracts of 27th International Hort. Cong.                                                2006

(4) 守時基文・田村文男・中田 昇・鷹見敏彦 シンテッポウユリの抽台・花芽分化に及ぼす気温の影響. 園芸学研究6(別2): 360                             2007.9    

(5) 鷹見敏彦・田村文男・守時基文・中田 昇 シンテッポウユリ抑制栽培の生育に及ぼす播種期,育苗時の日長および夜温の影響. 園芸学研究6(別2): 361      2007.9

(6) 松本和浩・李 忠・千 種弼・金 泰日・田村文男・田辺賢二・黄 龍洙.2007.貯蔵温度が韓国産イチゴ新品種の品質と糖組成に与える影響.園芸学研究6(別2):504 .2007.9  
  
(7) 松本和浩・李 忠・千 種弼・高 官達・田村文男・田辺賢二・黄 龍洙.果肉硬度が異なるイチゴ品種の生長に伴う品質と細胞壁成分の変化.園芸学研究6(別2):392  2007.9

(8) 竹村圭弘・伴雄介・Xiao-Ming Pang・田村文男・森口卓哉ニホンナシの自発休眠打破に関与する候補遺伝子群の解析 園芸学研究7(別1):40                   2008.4

(9)田村文男.‘二十世紀’ナシの輸出の現状と課題.日本食品保蔵学会講演要旨集.57:21-24.                                                              2008.6

(10) 須藤幸子・池田隆政・竹村圭弘・黒木克翁・田村文男.ニホンナシ‘二十世紀’に適合する開花予測モデルの作成.園芸学研究7(別2):162                      2008.9

(11)ニホンナシの自発休眠導入及び覚醒に関与する候補遺伝子群の解析
竹村圭弘・須藤幸子・黒木克翁・伴 雄介・森口卓哉・田村文男7園芸学研究(別2):163                                                                2008.9

(12) 須藤幸子・池田隆政・竹村圭弘・福田真史・黒木克翁・田村文男:ニホンナシ葉芽の自発休眠打破に要する低温要求量の品種間差異 園芸学研究7(別2):144   2009.9

(13) 竹村圭弘・須藤幸子・黒木克翁・秋吉大貴・平岡雅広:少低温要求性ナシ系統選抜のためのRAPD 解析 園芸学研究7(別2):145                              2009.9

田村 文男

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:果樹園芸学
Email:tamura@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5602
Fax :0857-31-5602

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター