学会発表

1) 竹内 崇・和田 剛・原田悦守:ラットのストレス応答ならびに脳内神経伝達物質代謝回転に対するラクトフェリンの効果.第141回日本獣医学会,(つくば), 2006.
2) 竹内 崇・岡本 芳晴・浜納 隆太郎・森本 稔・岡村 泰彦・南 三郎・重政好弘:
植物由来長期熟成濾過液(HP-1)による脂質代謝改善効果. 第60回日本栄養・食糧学会大会(静岡), 2006.
3) 森田剛仁・稲村喜嗣・竹内 崇・柴原壽行・大浜栄作・島田章則:家族性てんかんシェルティー犬のグルタミン酸トランスポーターに関する病理学的研究. 第47回日本神経病理学会学術集会(岡山市), 2006.
4) 小宮みぎわ・竹内 崇・原田悦守:レモンオイルの抗ストレス作用並びにその作用機序. 第142回日本獣医学会(山口), 2006.
5)  竹内 崇・亀森 直・杉山晶彦・野島康弘・佐藤 淳・原田悦守・清水洋彦・安藤邦雄:腸溶性LFおよびPEG-LFの体内移行動態ならびに体内寿命. 第2回ラクトフェリンフォーラム(東京), 2006.
6) 原田悦守・竹内 崇:体内移行ラクトフェリンの新規作用の発見とその応用性. -抗不安・鎮痛、関節炎の軽減、脂質代謝改善、血圧低下効果-. 第2回ラクトフェリンフォーラム(東京),2006.
7) 野島康弘・鈴木庸介・志賀常雄・岩田 彩・藤本友仁・吉田和弘・竹内 崇・佐藤 淳:
医薬品への展開を目指したポリエチレングリコール修飾ラクトフェリンの開発. 第2回ラクトフェリンフォーラム(東京),2006.
8) 石角 篤・今中宏真・竹内 崇・原田悦守・牧野武利:リポソーム化ラクトフェリンの抗炎症作用. Ⅰ. リポソーム化ラクトフェリンの炎症抑制効果とその作用メカニズムの検討. 第2回ラクトフェリンフォーラム(東京),2006.
9)竹内 崇:ストレス応答に対するオピオイドの役割. (招待講演)第143回日本獣医学会(つくば),2007年3月.
10) 杉山晶彦・竹内 崇・森田剛仁・南 三郎・岡村泰彦・柄 武志・田渕智久・岡本芳晴:猫に認められたリンパ管肉腫の1例.  第143回日本獣医学会(つくば),2007年3月.
11) 小宮みぎわ・杉山晶彦・竹内 崇:5-HTおよびDA神経を介したレモンオイルの抗不安作用. 第61回日本栄養・食糧学会大会(京都), 2007年5月.
12) 竹内 崇:中枢神経系に対するラクトフェリンの新規作用.(招待講演)第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会.青森,2008年9月.
13)竹内 崇・西之原将彰・杉山晶彦・日笠喜朗:赤血球増加症の犬1例.平成20年日本獣医師会三学会 中国地区学会(山口),2008年10月.
14) 杉山晶彦・鈴木 学・尾崎正和・賀川由美子・大町哲夫・高橋秀俊・柄 武志・岡本芳晴・竹内 崇:犬口腔原発扁平上皮癌におけるS100A4発現に関する免疫組織化学的検討.平成20年日本獣医師会三学会 中国地区学会(山口),2008年10月.
15) 小宮みぎわ・杉山晶彦・田邉和子・福永長次・内野富弥・竹内 崇:犬におけるラベンダーオイル皮膚塗布が自律神経活性に与える変化と臨床応用例.第29回動物臨床医学会年次大会,2008年11月.
16) 石川まりこ・杉山晶彦・佐藤 淳・清水洋彦・安藤邦雄・竹内 崇:PEG化ラクト
フェリンによる鎮痛活性増強効果.第3回ラクトフェリンフォーラム(東京),
2008年11月.
17) 杉山晶彦・佐藤 淳・清水洋彦・安藤邦雄・竹内 崇:PEG化ラクトフェリンの肝保護作用および肝細胞への取り込みに関する検討.第3回ラクトフェリンフォーラム(東京), 2008年11月.
18) 西之原将彰・杉山晶彦・竹内 崇・尾崎弘一・村瀬敏之・久野由博・日笠喜朗:フルオロキノロン耐性Staphylococcus pseudintermediusによるカタル性化膿性肺炎を呈した犬の1例. 内科学アカデミー(東京),2009年2月.
19) 竹内 崇・岡本芳晴・浜納隼人・池成幸吉・浜納隆太郎・杉山晶彦・南 三郎・重政好弘:植物由来長期熟成濾過液(HP-1)が中枢神経系に及ぼす効果. 第63回日本栄養・食糧学会大会(長崎), 2009年5月.
20) 杉山晶彦・鈴木健吾・Sharbanee Mitra・嵐田 亮・吉田絵梨子・中野良平・藪田行哲・竹内 崇:Euglena gracilis Z由来paramylonの四塩化炭素誘発肝障害ラットに及ぼす肝保護効果. 第63回日本栄養・食糧学会大会(長崎), 2009年5月.
21) 土岐志保・小宮みぎわ・杉山晶彦・田邉和子・福永長次・内野富弥・竹内 崇:犬の自律神経系に及ぼすラベンダーオイルの影響.第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009年9月
22) 石川まりこ・杉山晶彦・佐藤 淳・清水洋彦・安藤邦雄・竹内 崇:体内寿命延長に伴うPEG化ラクトフェリンの鎮痛増強効果. 第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009年9月
23) 杉山晶彦・佐藤 淳・清水洋彦・安藤邦雄・竹内 崇:ポリエチレングリコール修飾ラクトフェリンの肝保護作用および肝細胞における取り込みに関する検討. 第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009年9月
24) 花光 希・久保村大樹・柄 武志・今川智敬・竹内 崇・南 三郎・岡本芳晴:N-アセチル-D-グルコサミン(GlucNAc)の学習記憶獲得への効果. 第148回日本獣医学会学術集会(鳥取)2009年9月
25) 杉山晶彦・畑早矢香・鈴木健吾・吉田絵梨子・中野良平・Sharbanee Mitra・嵐田 亮・朝山雄太・藪田行哲・竹内 崇:Euglena gracilis Z由来β-1,3-D-glucan, paramylonのNC/Ngaマウスに及ぼすアトピー性皮膚炎改善効果に関する検討. 第149回日本獣医学会学術集会(東京)2010年3月

竹内 崇

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医臨床検査学
Email:takeuchi@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5645
Fax :0857-31-5645

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター