その他業績

(1) 著 書
1) 鈴木 實・七條喜一郎・竹内 崇:タンパク質の定性・定量法, EXPERIMENTS OF ANMALBIOCHEMISTRY, pp.65-79, 獣医生理学・生理化学教育懇談会編, チクサン出版社, 東京, 1993.
2) 竹内 崇:血液ガスの測定,改訂・生理学実習マニュアル, pp.21-24, 獣医生理学・生理化学教育懇談会編,学窓社, 東京, 1995.
3) 竹内 崇:頭蓋内疾患の病態生理学的続発(症),猫の発作,頭蓋内疾患,獣医臨床シリーズ1998年版,26巻4号, pp.33-49, 113-122, 田浦保穂監修,学窓社, 東京, 1997.
4) 折野宏一・竹内 崇:薄層クロマトグラフィー, 獣医生化学実験, pp.187-191, 獣医生理学・生理化学教育懇談会編, 第2版, チクサン出版社, 東京, 2002.

(2)  論 文
1)七條喜一郎・竹内 崇・鈴木 實:ニワトリの産卵期における血清タンパク質、リポタンパク質及び糖タンパク質に関する研究. 鳥大農研報,42:161-168, 1989.
2) 七條喜一郎・竹内 崇・鈴木 實:ニワトリの成長過程における胸腺及びFabricius嚢切除が免疫グロブリンに及ぼす影響. 鳥大農研報,42:169-174, 1989.
3) 鈴木 實・七條喜一郎・竹内 崇・斎藤幸夫・瀬尾哲則・豊澤敬一郎:黒毛和種子ウシの臨床脳波に関する基礎的研究. 鳥大農研報,42:175-180, 1989.
4) 鈴木 實・七條喜一郎・竹内 崇・端村 崇・槌田 卓・光山智行・中尾建子・斎藤俊之:モルモットの閃光刺激による視覚誘発電位に関する基礎的研究. 鳥大農研報,43:209-215, 1990.
5) 鈴木 實・七條喜一郎・竹内 崇・斎藤俊之:Cellulose Acetate膜電気泳動法におけるイヌの体液タンパク質に関する研究. 鳥大農研報,43:217-222, 1990.
6) 七條喜一郎・成瀬満佐子・竹内 崇・鈴木 實・斎藤俊之:ラットの血液並びに筋肉組成に及ぼす運動負荷の影響. 鳥大農研報,43:223-229, 1990.
7) 七條喜一郎・三条成泰・竹内 崇・鈴木 實・斎藤俊之:ラットの血漿タンパク質及びヘモグロビンの電気泳動分析における運動負荷の影響. 鳥大農研報,43:231-237, 1990.
8) K.Sitizyo, S.Jinnai, M.Matsuda, T.Takeuchi and M.Suzuki: Electrophoretic technique using cellulose acetate membrane isoelectric focusing.  J.Fac.Agric., Tottori Univ., 27:31-36, 1991.
9)  M.Suzuki, K.Sitizyo, T.Takeuchi, H.Ishida and A.Baba: Visual evoked potentials from scalp in dogs. J.Fac.Agric.,Tottori Univ., 27:37-41, 1991.
10) K.Sitizyo, M.Suzuki, T.Takeuchi, R.Isobe and T.Saito: A comparison of visual evoked potentials leading from different electrode placements in guinea pigs.  J.Fac.Agric.,Tottori Univ., 28:61-66, 1992.
11) K.Sitizyo, T.Takeuchi, M.Suzuki and T.Saito: Studies on protein and lipid components of serum and residual yolk in chick embryos. J.Fac.Agric.,Tottori Univ., 28:67-74, 1992.
12) 鈴木 實・七條喜一郎・竹内 崇・福西克弘・吉川克郎・吉田 勝・斎藤俊之:
イヌのERG測定に関する基礎的研究. 鳥大農研報,46:151-155, 1993.
13) 七條喜一郎・竹内 崇・鈴木 實・吉田 勝・田中成彦・斎藤俊之:規則的刺激及び不規則的刺激によるウサギのVEP. 鳥大農研報,46:157-161, 1993.
14) 竹内 崇・七條喜一郎・鈴木 實・吉田 勝・藤岡美智・土田拓史・斎藤俊之:
ウサギのERG測定における基準電極部位及びtropicamide の影響. 鳥大農研報,46:163-168, 1993.
15) 七條喜一郎・鈴木 實・竹内 崇・福西克弘・寺坂陽一郎・山内俊平:黒毛和種ウシの血清タンパク質におけるSDS-PAGE法及びIEF法の基礎的研究. 鳥大農研報,46:177-183, 1993.
16) 竹内 崇・七條喜一郎・鈴木 實・福西克弘・斎藤俊之:ウサギの明・暗順応におけるERG及びVEP. 鳥大農研報,47:167-174, 1994.
17) 七條喜一郎・竹内 崇・鈴木 實・福西克弘・斎藤俊之・田中善蔵:湖山池産フナの形態学的・血液学的研究. 鳥大農研報,47:175-181, 1994.
18) 七條喜一郎・竹内 崇・原田悦守・高野佳子・松岡佳奈・田中善蔵:フナのアイソザイム分析における試料の保存及び組織特異性について. 鳥大農研報,48:137-143, 1995.
19) 七條喜一郎・高野佳子・竹内 崇・原田悦守・福西克弘・鈴木 實・田中善蔵:
フナの血清タンパク質に関する研究. 鳥大農研報,49:127-132, 1996.
20) 七條喜一郎・田中善蔵・佐藤俊夫・佐竹寛昭・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:
内水面漁業の現状と課題-特に鳥取県湖山池漁業を事例として-. 鳥大農研報,49:133-139, 1996.
21) 七條喜一郎・佐藤俊夫・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:内水面漁業の活性化方策-鳥取県湖山池漁業のアンケート分析を通して-. 鳥大農研報,50:83-89, 1997.
22) 七條喜一郎・斎藤俊之・吉田 勲・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:湖山池の環境保全と内水面漁業に関する研究. I. ヘラブラ(カワチブナ)の稚魚生産試験. 鳥大農研報,51:111-116, 1998.
23) 七條喜一郎・吉田 勲・猪迫耕二・斎藤俊之・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:
湖山池の環境保全と内水面漁業に関する研究. Ⅱ. ヘラブラ(カワチブナ)の種苗養成における水質管理. 鳥大農研報,52:53-57, 1999.
24) 七條喜一郎・松本 勉・吉田 勲・奥村武信・斎藤俊之・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:ワカサギの産卵行動と受精卵に関する研究. 鳥大農研報,53:89-93, 2000.
25) 七條喜一郎・松本 勉・斎藤俊之・吉田 勲・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:
ワカサギの新採卵法に関する研究. 鳥大農研報,54:71-76, 2001.
26) 七條喜一郎・松本 勉・長谷川紘一・斎藤俊之・吉田 勲・竹内 崇・原田悦守・鈴木 實:ホンモロコの産卵行動と採卵方法に関する研究. 鳥大農研報,55:55-60, 2002.

 

竹内 崇

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医臨床検査学
Email:takeuchi@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5645
Fax :0857-31-5645

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター