痛覚神経が関わるものとは?

痛覚神経の関わり

痛覚神経の関わり

知覚神経は危険を知らせるセンサーであるものの、治療の上では障害となるた め、麻酔薬や鎮痛薬が開発されてきました。一方では、痛みが感じられなくなると組織の修復は上手くいかなかったり、ある病態や薬の副作用では痛みが増した りします。組織に損傷を負うと外敵からの防御反応として炎症が起こりますが、多くの場合痛みを伴います。これらの痛みのメカニズムを明らかにし、より効果 的な治療方法を模索しています。

キーワード

炎症,炎症メディエーター,痛覚過敏

研究テーマ

炎症組織における痛覚神経の役割解明
鎮痛効果をもたらす新規化合物の探索
痛覚過敏のメカニズム解明とその制御方法の開発

高橋 賢次

共同獣医学科
基礎獣医学
分野:獣医薬理学
Email:takahashi@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5428
Fax :0857-31-5428

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター