学会発表

(1) 齊藤忠臣・内藤大嗣・安部征雄・安田裕・田原聖.表層土壌の浸透性とハードパン破壊による浸透性の変化.化学工学会第65年会, B103,工学院大学, 2000.
(2) 斉藤昌宏・田内裕之・齊藤忠臣・内藤大嗣・安部征雄.西オーストラリア州レオノラ周辺の土壌層厚と植生量の関係.化学工学会第65年会,A124,工学院大学,2000.
(3) Saito T., Y. Abe, H. Yasuda and K. Yamada. Effect of water harvesting considering evaporation control in arid areas. The XIV memorial CIGR world congress 2000, Japan Tsukuba, Abstracts in CD-R (1109), 2000.
(4) 齊藤忠臣・安部征雄・安田裕・小島紀徳・山田興一.高透水性溝による表面流出水捕集と蒸発抑制効果.化学工学会第34回秋季大会F119,北海道大学,2001.
(5) Saito T., Y. Abe, H. Yasuda, T. Kojima and K. Yamada. Runoff water collection and evaporation control by means of a highly permeable ditch. Desert Technology VI International Conference, Abstracts p.120, China Urumuqi, 2001.
(6) Abe Y., M. Taniguchi, T. Saito, M. Saito, M. Owada and K. Yamada. Comparison of two methods to estimate biomass using Landsat TM in arid Western Australia. Desert Technology VI International Conference, Abstracts, p.74, China Urumuqi, 2001
(7) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安部征雄・井上光弘.熱力学的平衡近似を用いたα法による土壌面蒸発速度予測の信頼性検討.日本沙漠学会第14回学術大会講演要旨集,70-71,成蹊大学,2003.
(8) 齊藤忠臣・安部征雄・山田興一.乾燥地における土壌透水性および土壌深さの空間変動性.日本沙漠学会第15回学術大会講演要旨集,31-32,国土環境株式会社 2004.
(9) 齊藤忠臣・安部征雄・山本太平・井上光弘・山田興一.西オーストラリア乾燥地における土壌物理性・植生・地形の関係 -回帰分析による生態系形成要因把握と広域土壌情報の取得-.第59回農業土木学会中国四国支部講演会講演要旨集,65-67,岡山市 2004.
(10) 齊藤忠臣・藤巻晴行・井上光弘.ECH2O土壌水分プローブの塩濃度依存性と校正法.第46回土壌物理学会講演要旨集,48-49,岡山大学,2004.
(11) 齊藤忠臣・前原一夫・安部征雄・安田裕.高透水性物質充填溝を用いたウォーターハーベスティングにおける蒸発抑制効果.日本沙漠学会第15回学術大会講演要旨集,21-22,鳥取大学乾燥地研究センター,2005.
(12) 齊藤忠臣・藤巻晴行・井上光弘.ECH2O水分プローブと4極センサーを用いた土壌水分・塩分の同時測定法.平成17年度 農業土木学会講演要旨集,808-809,岐阜大学,2005.
(13) Saito T., K. Maehara, H. Yasuda and Y. Abe. Experimental study of water harvesting by means of a ditch filled with highly permeable material. Desert Technology VIII International Conference, Souvenir Program and Abstracts, p.72, Japan Nasu, 2005.
(14) Saito M., H. Tanouchi, T. Saito, D. Naito, Y. Abe and K. Yamada. Vegetation limiting factors as salt accumulation and soil thickness in Leonora, Western Australia. Desert Technology VIII International Conference, Souvenir Program and Abstracts, p38, Japan Nasu, 2005.
(15) Saito T., H. Fujimaki and M. Inoue. Calibration method of dielectric soil moisture sensors considering the effect of salt concentration. ASA-CSSA-SSSA International Annual Meetings, Abstracts in CD-R, Salt Lake City America, 2005.
(16) 齊藤忠臣・安田 裕・安部征雄.Hydrus2Dによる溝型ウォーターハーベスティングの数値計算.第47回土壌物理学会講演要旨集,66-67,北海道大学,2005.
(17) Saito T., H. Yasuda, Y. Abe, H. Suganuma K. and Yamada:Application of vegetation information to estimation of soil characteristics in arid environment. 8th International Conference on Development of Drylands, Abstracts, p.18, China Beijing 2006
(18) Yasuda H., O. Hinokidani, J. Huang, J. Zheng, R. Kimura, N. Matsuoka, H. Anyoji, M. Kamichika, B. Wen, X. Zhang, S. Li, X. Wei, M.A.M. Abd Elbasit and T. Saito:Hydrological characteristics of a dam farmland in the Loess Plateau, China. 8th International Conference on Development of Drylands, Abstracts, p.21, China Beijing 2006
(19) 齊藤忠臣・安田 裕・恒川 篤史.中国黄土高原における魚鱗坑の評価と改良.日本沙漠学会第18回学術大会講演要旨集,44-45,総合地球環境学研究所 2006
(20) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安部征雄:井上光弘:熱力学的平衡近似を用いた土壌面蒸発速度予測の信頼性検討.平成18年度農業土木学会講演要旨集, 996-997,宇都宮大学 2006
(21) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安田 裕:ECH2O水分プローブの温度依存性校正平成19年度農業農村工学会講演要旨集,198-199,島根大学 2007.8.29
(22) Abd Elbasit M.A.M., H. Anyoji, H. Yasuda and T. Saito:Estimation of hillslope interrill soil erosion using empirical modeling approach.平成19年度 農業農村工学会講演要旨集,812-813,島根大学 2007.8.29
(23) Inoue M., M. Irshad, T. Saito, S. Yamazaki and H. Fujimaki:Evaluating the accuracy of dielectric moisture probes under saline condition. 2nd International Salinity Forum, Adelaide, Australia 2008.4.2
(24) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安田 裕:誘電率水分計の温度依存性が乾燥地土壌水分モニタリングに与える影響とその校正法.日本沙漠学会第19回学術大会講演要旨集,38-39,岡山大学 2008.5.24
(25) 河合隆行・安田 裕・齊藤忠臣・多田泰之・東条昌彦・本田尚正:砂丘堆積構造物の不均一性評価とその影響.日本砂丘学会第55回全国大会講演要旨集,21-22,鳥取県大阪事務所交流室 2008.7.15
(26) 河合隆行・安田 裕・齊藤忠臣・多田泰之・本田尚正:砂丘堆積構造の不均一性が降雨浸透に及ぼす影響.水文・水資源学会 2008年度総会・研究発表会講演要旨集,78-79,東京大学 2008.8.26
(27) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安田 裕・井上光弘:ECH2O水分プローブの温度依存性の理論的背景と校正.平成20年度農業農村工学会講演要旨集,538-539,秋田県立大学 2008.8.27
(28) Saito T., T. Kawai, H. Yasuda, A. Tsunekawa, J. Zheng and X. Zhang:Evaluation and improvement of the soil water storage in a water harvesting system in the Loess Plateau, China. 9th International Conference on Dryland Development, Alexandria, Egypt 2008.11.7
(29) Kawai T., H. Yasuda, T. Saito, Y. Tada, N. and Honda:A contributing factor to soil water movement in dune. 9th International Conference on Dryland Development, Alexandria, Egypt 2008.11.7
(30) Abd Elbasit M.A.M., T. Saito, H. Yasuda and H. Anyoji. Potential of close range photogrammetry for interrill soil erosion quantification. Desert Technology IX International Conference, Douz, Tunisia 2008.11.12
(31) Kawai T., H. Yasuda, T. Saito and Y. Tada:The influence of sediment heterogeneity on percolation in sand dune. Desert Technology IX International Conference, Douz, Tunisia 2008.11.12
(32) Saito T., H. Yasuda, K. Dhavu, T. Kawai, M.A.M. Abd Elbasit, A. Tsunekawa and S. Li:Relationships between soil, topography and tree growth in a water harvesting system in the Loess Plateau, China. Desert Technology IX International Conference, Douz, Tunisia 2008.11.14
(33) 齊藤忠臣・安田 裕・猪迫耕二・恒川篤史・鄭 紀勇・李 世清.中国黄土高原におけるウォーターハーベスティングの水収支評価.2009年度土壌物理学会講演要旨集,84-85,明治大学 2009.10.24
(34) Saito T., H. Yasuda, K. Inosako, A. Tsunekawa and S. Li. Evaluation of water balance and tree growth in a water harvesting system in the Loess Plateau, China. Abstracts of the 6th International Joint Symposium between Japan and Korea, p.41, Kyushu University, Fukuoka, Japan 2009. 11.12
(35) 猪迫耕二・竹下尚志・齊藤忠臣.土壌カラム実験による表層吸引溶脱法の除塩性能の評価.2010年度土壌物理学会講演要旨集,80-81,鳥取大学 2010.10.23
(36) 竹下尚志・猪迫耕二・齊藤忠臣・北村義信.数値実験による表層吸引溶脱法の除塩性能の評価. 2010年度土壌物理学会講演要旨集,82-83,鳥取大学 2010.10.23
(37) 矢野ゆかり・猪迫耕二・齊藤忠臣・小林 清.植栽条件下における壁面緑化資材内の水分変動について.2010年度土壌物理学会講演要旨集,70-71,鳥取大学
(38) 安永敬吾・猪迫耕二・齊藤忠臣.土壌水分・塩分計測におけるTDRセンサーの迅速校正法に関する研究.2010年度土壌物理学会講演要旨集,72-73,鳥取大学
(39) 松田亮二・高坂 渉・猪迫耕二・齊藤忠臣・桑名久美子.砂丘地におけるナガイモ圃場の土壌水分環境のモニタリング.2010年度土壌物理学会講演要旨集,94-95,鳥取大学 2010.10.23
(40) 西崎 光・猪迫耕二・齊藤忠臣.シリンダーウィックサンプラーで採取したナガイモ圃場降下浸透水の水質.2010年度土壌物理学会講演要旨集,96-97,鳥取大学 2010.10.23
(41) 西原光俊・猪迫耕二・齊藤忠臣.雑草防除を目的とした土壌の硬化について.2010年度土壌物理学会講演要旨集,98-99,鳥取大学 2010.10.23
(42) 松田亮二・高坂 渉・猪迫耕二・齊藤忠臣・桑名久美子.ナガイモ砂丘畑における土壌水分分布の実態調査.第65回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,7-9,山口市 2010.10.27
(43) 竹下尚志・猪迫耕二・齊藤忠臣・北村義信.節水的な除塩のための表層吸引溶脱法の開発.第65回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,16-18 2010.10.27
(44) 西原光俊・猪迫耕二・齊藤忠臣・小椋知章.根系形成阻害による雑草防除を目的としたマサ土の硬化.第65回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集, 107-109,山口市 2010.10.27
(45) 矢野ゆかり・猪迫耕二・齊藤忠臣・小林 清.ユニット型壁面緑化資材の水分環境と植物の生長について.第65回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,133-135,山口市 2010.10.27
(46) Takeshita N., K. Inosako, T. Saito and Y. Kitamura: Desalinization of soil in the Nile Delta using surface suction leaching method. Proceedings of Tottori University International Strategy Project the 4th International Symposium 2010 “Effective Utilization of Water and Land Resources in Arid Regions”, p.18. Cairo, Egypt 2011.1
(47) Inosako K., N. Takeshita, T. Saito and M. Inoue: Feasibility study on the control of groundwater table in the Nile Delta field using a simple drain system, Proceedings of Tottori University International Strategy Project the 4th International Symposium 2010 “Effective Utilization of Water and Land Resources in Arid Regions”, p.21. Cairo, Egypt 2011.1
(48) 河合隆行・塩崎一郎・齊藤忠臣・多田泰之・大田将平・熊田隆行.鳥取砂丘に堆積した火山灰層と湧水発生メカニズムの関係.2011年度日本地球惑星科学連合大会,千葉・幕張メッセ. 2011.5.25
(49) 齊藤忠臣・河合隆行・八木弥生・猪迫耕二・塩崎一郎.鳥取砂丘湧水の発生・消滅メカニズムに関する研究―オアシスの水はどこから来てどこにいくのか?―.日本砂丘学会第57回全国大会講演要旨集,11-12.宮崎観光ホテル 2011.7
(50) 猪迫耕二・古市龍一・齊藤忠臣.表層吸引溶脱法における回収水中の塩濃度変化,日本砂丘学会第57回全国大会講演要旨集,13-14.宮崎観光ホテル 2011.7
(51) 新田佳菜子・松田亮二・猪迫耕二・齊藤忠臣・桑名久美子.スプリンクラーによる散水が砂丘ナガイモ圃場の土壌水分分布に与える影響.日本砂丘学会第57回全国大会講演要旨集,15-16.宮崎観光ホテル 2011.7
(52) 猪迫耕二・新田佳菜子・齊藤忠臣・西﨑光・松田亮二・桑名久美子.北条砂丘のナガイモ畑における水管理と窒素溶脱,平成23年度農業農村工学会大会講演会要旨集,企画セッション,42-43.九州大学  2011.9
(53) 矢野ゆかり・猪迫耕二・齊藤忠臣・小林清.降雨依存型壁面緑化基盤内の水分変動,平成23年度農業農村工学会大会講演会要旨集,730-731.九州大学  2011.9
(54) 北川麻・猪迫耕二・Karrou Muhamand・齊藤忠臣.乾燥地域におけるデュラムコムギ(Triticum durum)の気孔コンダクタンスのモデル化,2011年度土壌物理学会大会,86-87.北海道大学 2011.10.23
(55) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安田 裕・猪迫耕二・井上光弘:現場時系列データを用いた誘電率水分計の温度依存性校正,2011年度土壌物理学会大会,114-115.北海道大学 2011.10.23
(56) Saito T., H. Yasuda, K. Inosako and J. Zheng: Evaluation of water balance in a water harvesting system in the Loess Plateau, China. International Workshop on Dryland Science for Food Security and Natural Resource Management under Changing Climate, Dec. 7- 9, Konya, Turkey 2011.12
(57) Inosako K., N.Takeshita and T. Saito: Efficient removal of salt accumulated on soil surface by the Surface Suction Leaching Method, International Workshop on Dryland Science for Food Security and Natural Resource Management under Changing Climate, Dec. 7- 9, Konya, Turkey 2011.12
(58) Kitagawa A., K. Inosako, M. Karrou and T. Saito: Modeling stomatal conductance of durum wheat (Triticum durum) in dryland, International Workshop on Dryland Science for Food Security and Natural Resource Management under Changing Climate, Dec. 7- 9, Konya, Turkey 2011.12
(59) Saito T., H. Fujimaki, H. Yasuda, K. Inosako and M. Inoue: Calibration of temperature dependence of dielectric probes using time series of field data. Joint Meeting of the Second International Soil Sensing Technology Conference, the Soil Physics Technical Committee Annual Meeting, and the ASA Sensor-based Water Management Community, Jan. 3-7, University of Hawaii, Honolulu, America 2012.1
(60) 齊藤忠臣・糟谷哲史・河合隆行・猪迫耕二・安田 裕・塩崎一郎:水文・同位体分析による鳥取砂丘オアシスの発生消滅メカニズム及び涵養源の解明.Japan Geosciece Union Meeting 2012,幕張メッセ 2012.5
(61) 河合隆行・齊藤忠臣・金久研也・糟谷哲史・塩崎一郎・多田泰之:鳥取砂丘における地下水の湧出メカニズムと水文地質構造.Japan Geosciece Union Meeting 2012,幕張メッセ 2012.5
(62) 横佩おさむ・白井章太・菅沼秀樹・齊藤忠臣・黒澤勝彦・小島紀徳:乾燥地大規模植林の植林選定に用いる表面流出モデルの改良.日本沙漠学会第23回学術大会講演要旨集,帯広畜産大学 2012.5
(63) Saito T., H. Yasuda, K. Inosako and J. Zheng: Evaluation of water balance in a water harvesting system for afforestation on slopes in the Loess plateau, China. Ministry of Science and Technology, National Centre for Research DRI-ALRC- RIHN Joint International Symposium on R & D in Drylands, Jun 11-12, Khartoum, Sudan. 2012.6
(64) 猪迫耕二・齊藤忠臣・古市龍一・坪井正行:震災塩害土壌の除塩への表層吸引溶脱法の適用と課題.平成24年度農業農村工学会大会講演集,5-19,北海道大学 2012.9
(65) 岡崎正秦・藤巻晴行・西原英治・井上光弘・齊藤忠臣:植物の生長モデルと天気予報を利用した灌漑水量の決定.平成24年度農業農村工学会大会講演集,3-44,北海道大学 2012.9
(66) 糟谷哲史・齊藤忠臣・河合隆行・財原大地・猪迫耕二・安田裕・塩崎一郎:鳥取砂丘オアシスの発生消滅メカニズムと涵養源の解明.日本砂丘学会第58回全国大会要旨集,9-10,徳島市あわぎんホール 2012.9
(67) 河合隆行・齊藤忠臣・糟谷哲史・猪迫耕二・多田泰之・森井俊広・塩崎一郎:地下流水音を用いた不攪乱的手法による鳥取砂丘の地下水探査.日本砂丘学会第58回全国大会要旨集,11-12,徳島市あわぎんホール 2012.9
(68) 猪迫耕二・伊藤 宏・齊藤忠臣・井上光弘・藤巻晴行:粗粒砂を有する成層土壌におけるリーチング後の水と塩の挙動.日本砂丘学会第58回全国大会要旨集,17-18,徳島市あわぎんホール 2012.9
(69) 新田佳奈子・猪迫耕二・Mladen Todorovic・齊藤忠臣:地中海式気候におけるオリーブの水分状態指標に対する灌漑の影響.2012年度土壌物理学会大会講演要旨集,84-85,帯広市・とかちプラザ 2012.11
(70) 猪迫耕二・小寺美里・齊藤忠臣:底面灌水条件下における室内壁面緑化ユニットの吸水性能評価.2012年度土壌物理学会大会講演要旨集,86-87,帯広市・とかちプラザ 2012.11
(71) 河合隆行・多田泰之・塩崎一郎・齊藤忠臣・森井俊広・鈴木哲也:地下流水音を用いた浅層地下水位の簡易推定法.Japan Geosciece Union Meeting 2013,幕張メッセ 2013.5
(72) 塩崎一郎・西尾祐哉・安田陽二郎・野口竜也・河合隆行・齊藤忠臣:鳥取砂丘の地下構造と地下水大循環に関する研究 -地球電磁気学的な手法を用いて砂丘内湧水(オアシス)の起源を探る-.Japan Geosciece Union Meeting 2013,幕張メッセ 2013.5
(73) 齊藤忠臣・藤巻晴行・安田 裕・稲垣 岬・猪迫耕二・井上光弘:現場時系列データを用いた誘電率水分計の温度依存性校正とその応用.日本砂丘学会第59回全国大会研究発表・シンポジウム要旨集,1-2,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 2013.7
(74) 猪迫耕二・西中 菫・齊藤忠臣・井上光弘・藤巻晴行:粗粒層を有する塩析出土壌におけるリーチング前後の水分・塩分移動.日本砂丘学会第59回全国大会研究発表・シンポジウム要旨集,5-6,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 2013.7
(75) 九十九茉由・齊藤忠臣・Mohamed. A. Elbasit・安田 裕・猪迫耕二・松尾奈緒子・Kumud Acharya・縄田浩志:水の安定同位体比分析を用いた乾燥地樹木の水利用特性の解明.日本砂丘学会第59回全国大会研究発表・シンポジウム要旨集,23-24,東京工業大学キャンパスイノベーションセンター 2013.7
(76) 齊藤忠臣・稲垣 岬・安田 裕・依田清胤・猪迫耕二・M. A. Elbasit・A. M. Eldoma:誘電率水分計を用いた乾燥地樹木の樹体内水分モニタリング.平成25年度農業農村工学会大会講演会要旨集,4-38,東京農業大学 2013.9
(77) 猪迫耕二・三好智加・齊藤忠臣・坪井正行:表層吸引溶脱法の実用化に向けた装置の改良とその問題点.平成25年度農業農村工学会大会講演会要旨集,4-40,東京農業大学 2013.9
(78) 糟谷哲史・齊藤忠臣・中村健二・河合隆行・財原大地・猪迫耕二・安田 裕・塩崎一郎:鳥取砂丘における湧水・地下水の動態解明 ‐オアシス発生消滅の謎を探る-.平成25年度農業農村工学会大会講演会要旨集,6-22,東京農業大学 2013.9
(79) Saito T., M. Inagaki, H. Yasuda, K. Yoda, K. Inosako, M. A. Elbasit, A. M. Eldoma, H. Nawata: Stem water monitoring of mesquite (Prosopis juliflora) using dielectric soil moisture probes in Sudan. 1st CIGR Inter-Regional Conference on Land and Water Challenges, CIHEAM – Mediterranean Agronomic Institute of Bari, p.128. 10-14 Sep. Bari, Italy 2013.9
(80) Fujimaki H., T. Ieyasu, T. Saito and M. Shibata: Determination of irrigation depths using a process model and quantitative weather forecast. ASA, CSSA and SSSA International Annual Meetings, Nov. 3-6, Tampa, FL, USA 2013.11
(81) Saito T., M. Tsukumo, M. A. M. Abd Elbasit, H. Yasuda, T. Kawai, N. Matsuo, K. Inosako, K. Acharya, A. E. Babiker, Abubakr A. Hamd and H. Nawata: Estimation of water sources of invasive tree species in arid environments by oxygen stable isotope analysis. Desert Technology 11 International Conference, Nov. 19-22, Hilton Palacio Del Rio, San Antonio, TX, USA 2013.11
(82) Inosako K. and T. Saito: Salt and water movement after leaching in salt accumulated soil under the condition of existence of a coarse textured layer. Desert Technology 11 International Conference, Nov. 19-22, Hilton Palacio Del Rio, San Antonio, TX, USA 2013.11
(83) Yokohagi O., T. Kojima, H. Suganuma and T. Saito: Effect of difference in vegetation type on runoff simulation results in arid land. Desert Technology 11 International Conference, Nov. 19-22, Hilton Palacio Del Rio, San Antonio, TX, USA 2013.11
(84) Saito T., H. Yasuda, K. Yoda, K. Acharya, K. Inosako, M. Inagaki, M. A. M. Abd Elbasit, A. M. Eldoma: Monitoring of stem water content of native/invasive trees in arid environments using GS3 soil moisture sensor. Third In-situ and Remote Soil Moisture Sensing Technology Conference, Mar. 12-14, The Westin Galleria, Houston, TX, USA 2014.3
(85) 安田 裕・依田清胤・齊藤忠臣・石山 俊・縄田浩志・M. A. M. Abd Elabsit:外来侵入植種メスキートの地下水吸水.日本砂漠学会第25回学術大会講演要旨集, 17-18,東京都市大学 2014.5
(86) 依田清胤・宮脇 亮・辻 渉・齊藤忠臣・M. A. M. Abd Elbasit・A. M. Eldoma・星野仏方・縄田浩志・井上知恵・安田 裕:侵略性マメ科低木メスキートの降雨パルスに対する発芽・実生成長応答特性の評価.日本砂漠学会第25回学術大会講演要旨集, 15-16,東京都市大学 2014.5
(87) 塩崎一郎・河合隆行・野口竜也・齊藤忠臣:鳥取砂丘内湧水(オアシス)の起源に関する研究.Japan Geosciece Union Meeting 2014,幕張メッセ 2014.5
(88) 箆津杏奈・齊藤忠臣・河合隆行・財原大地・猪迫耕二・安田 裕・塩崎一郎:鳥取砂丘における地下水とオアシスの動態解明.鳥取砂丘における地下水とオアシスの動態解明.日本砂丘学会第60回全国大会研究発表・シンポジウム要旨集,7-8,鳥取県とりぎん文化会館 2014.7
(89) 柴田雅史・藤巻晴行・徳本家康・齊藤忠臣:植物の生長モデルと天気予報を用いた灌漑水量の決定日本砂丘学会第60回全国大会研究発表・シンポジウム要旨集,33-34,鳥取県とりぎん文化会館 2014.7
(90) 藤巻晴行・柴田雅史・井上光弘・齊藤忠臣・徳本家康:植物成長の数値モデルと天気予報を利用した灌漑水量の決定.平成26年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,34-35,新潟県朱鷺メッセ 2014.8
(91) 猪迫耕二・齊藤忠臣・北山淑一・桑名久美子:ナガイモ砂丘圃場の土壌水分・肥培管理と黒陥没障害との関係性.平成26年度農業農村工学会大会講演会講演要旨集,440-441,新潟県朱鷺メッセ 2014.8
(92) 猪迫耕二・齊藤忠臣・西中菫・藤巻晴行:粗粒層の毛管障壁機能が作土層の水分と塩分の移動に与える影響.第27回水文・水環境研究部会シンポジウム,東京農工大学 2014.11
(93) 朝加広郷・猪迫耕二・齊藤忠臣:無電源自動灌水装置によるユニット型壁面緑化基盤の水管理,第27回水文・水環境研究部会シンポジウム,東京農工大学 2014.11
(94) 藤巻晴行・安部展弘・柴田雅史・徳本家康・井上光弘・齊藤忠臣:植物の成長モデルと天気予報を利用した灌水量の最適化.第26回日本沙漠学会講演会講演要旨集,秋田大学 2015.5
(95) 猪迫耕二・阿部晴奈・齊藤忠臣:低透水性土壌におけるリーチング水の浸透促進法の開発.日本砂丘学会第61回全国大会講演要旨集,13-14,弘前大学 2015.8
(96) 西本貴之・齊藤忠臣・箆津杏奈・河合隆行・猪迫耕・安田裕二・塩崎一郎:鳥取砂丘におけるオアシス及びオアシス周辺の地下水位変動と分布.日本砂丘学会第61回全国大会講演要旨集,15-16,弘前大学 2015.8
(97) 齊藤忠臣・九十九 茉由・櫻井未優・猪迫耕二・安田 裕・末木幸子・Kumud Acharya:アメリカ・モハーヴェ砂漠における水の安定同位体比分析と樹体水分モニタリングを用いた乾燥地樹木の水利用特性の解明.日本砂丘学会第61回全国大会講演要旨集,17-18,弘前大学 2015.8
(98) 猪迫耕二・崎村栞・齊藤忠臣・桑名久美子・北山淑一:砂丘圃場の土壌水分と窒素施肥がナガイモ黒陥没症外の発生に与える影響.平成25年度農業農村工学会大会講演会要旨集,8-4,岡山大学 2015.9
(99) 稲垣岬・猪迫耕二・ムラデン トドロビッチ・齊藤忠臣:オリーブの水分状態指標の水ストレスに対する応答.平成25年度農業農村工学会大会講演会要旨集,8-4,岡山大学 2015.9
(100) 安田 裕・依田清胤・齊藤忠臣:乾燥地スーダンにおける外来侵入植生の地下水吸水について.第70回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,30-32,広島YMCA国際文化センター 2015.10
(101) 櫻井未優・齊藤忠臣・猪迫耕二・稲垣岬・藤巻晴行:樹液流速・樹体水分量の同時測定および測定方法の開発.第70回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,63-65,広島YMCA国際文化センター 2015.10
(102) 箆津杏奈・齊藤忠臣・河合隆行・西本貴之・猪迫耕二:鳥取砂丘におけるオアシスと地下水の水位変動.第70回農業農村工学会中国四国支部講演会講演要旨集,85-87,広島YMCA国際文化センター 2015.10
(103) Nishimoto T., T. Saito, A. Notsu, T. Kawai, K. Inosako, H. Yasuda and I. Shiozaki: Fluctuation and distribution of groundwater level around the oasis in the Tottori sand dunes. Proceedings of AFELiSA, The International Joint Symposium between Japan and Korea, 2015, 20, Tottori, Japan 2015.11
(104) Sakurai M., T. Saito, K. Inosako, M. Inagaki, H. Fujimkaki: Simultaneous measurement of sap flow and stem water content and development of measurement method. Proceedings of AFELiSA, The International Joint Symposium between Japan and Korea, 2015, 46, Tottori, Japan 2015.11
(105) 箆津杏奈・齊藤忠臣・河合隆行・西本 貴之・糟谷哲史・猪迫耕二・安田 裕・塩﨑一郎:鳥取砂丘におけるオアシス発生・消滅と地下水位の変動.平成27年度農業農村工学会水環境研究部会,東京農業大学 2015.12
(106) 齊藤忠臣・河合隆行・西本貴之・箆津杏奈・糟谷哲史・猪迫耕二・安田裕・塩﨑一郎:鳥取砂丘におけるオアシス・地下水の水源と地下水分布.平成27年度農業農村工学会水環境研究部会,東京農業大学 2015.12

齊藤 忠臣

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:地圏環境保全学
Email:tadaomi@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5391
Fax :0857-31-5391

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター