その他業績

(1) 著書
(2) 論文
国際学会・ワークショッププロシーディングス
(1) Saito T., Y. Abe, H. Yasuda and K. Yamada:Effect of water harvesting considering evaporation control in arid areas. Proceedings of the XIV memorial CIGR world congress: 1143-1147   2000
(2) Saito T., H. Yasuda, Y. Abe, H. Suganuma and K. Yamada:Application of vegetation information to estimation of soil characteristics in arid environment. Proceedings of the Eighth International Conference on Development of Drylands, ISBN: 92-9127-193-6: pp. 322-328    2007.4
(3) Yasuda H., O. Hinokidani, J. Huang, J. Zheng, R. Kimura, N. Matsuoka, H. Anyoji, M. Kamichika, B. Wen, X. Zhang, S. Li, X. Wei, M.A.M. Abd Elbasit and T. Saito:Hydrological characteristics of a dam farmland in the Loess Plateau, China. Proceedings of the Eighth International Conference on Development of Drylands, ISBN: 92-9127-193-6: pp.329-337    2007.4
(4) Inoue M., M. Irshad, T. Saito, S. Yamazaki and H. Fujimaki:Evaluating the accuracy of dielectric moisture probes under saline condition. 2nd International Salinity Forum, April 2008, Adelaide, Australia, in CD-Rom: 1-4. 2008.4
(5) Saito T., H. Yasuda and H. Fujimaki:Simulation of soil water movement in a water harvesting system with sand ditches. In H. Saito, M. Sakai, N. Toride and J. `imonek (eds.), Proc. of The Third HYDRUS Workshop, Univ. of Agriculture and Technology, Tokyo, Japan, ISBN 978-4-9901192-5-6, pp.148-152     2008.6
(6) Saito T., H. Yasuda, K. Inosako, A. Tsunekawa and S. Li. Evaluation of water balance and tree growth in a water harvesting system in the Loess Plateau, China. Proceedings of The 6th International Joint Symposium between Japan and Korea, Nov. 12, 2009, Kyushu University, Fukuoka, Japan, ISBN 978-4-9902906-1-0, pp.267-271.   2009.11
(7) Saito T., M. Inagaki, H. Yasuda, K. Yoda, K. Inosako, M. A. Elbasit, A. M. Eldoma, H. Nawata. Stem water monitoring of mesquite (Prosopis juliflora) using dielectric soil moisture probes in Sudan. 1st CIGR Inter-Regional Conference on Land and Water Challenges, CIHEAM – Mediterranean Agronomic Institute of Bari, Bari, Italy, in CD-Rom: 1-7. 2013.9


(3) 調査報告書
(1) 齊藤忠臣:科学技術振興事業団戦略的基礎研究:乾燥地植林による炭素固定システムの構築.平成13年中間報告書,pp.57-60 2002
(2) 齊藤忠臣:戦略的創造研究推進事業平成10年度採択研究課題研究終了報告書:資源循環・エネルギーミニマム型システム技術『乾燥地植林による炭素固定システムの構築』.科学技術振興機構, pp.400-413  2004

(4) その他
招待講演プロシーディングス

(1) 齊藤忠臣:乾燥地における表面流出とウォーターハーベスティングに関する研究.第45回農業土木学会土壌物理研究部会シンポジウム講演,23-28,北海道大学   2006
(2) 齊藤忠臣:中国黄土高原における土壌水分モニタリングと課題.土壌センサーの現状と未来 プログラム25-26,東京大学   2009.7.11
(3) 齊藤忠臣:乾燥地における表面流出水捕集と土壌侵食防止に関する研究.日本沙漠学会第22回学術大会,2-3,東京農業大学 2011.5.29
(4) 齊藤忠臣:乾燥地における表面流出水捕集と土壌侵食防止に関する研究.第11回日本農学進歩賞授賞式・受賞者講演要旨集,15-18 2012.11.26


報告・エッセイ・コラム
(1) 齊藤忠臣:リポート・9th International Conference on Desert Technologiesに参加して.農業農村工学会誌・水土の知,389-390  2009.5
(2) 齊藤忠臣:土粒子・現地調査はいつも悪戦苦闘.土壌の物理性, 112:37-38  2009.6


新聞記事掲載
(1) オアシス 水の謎.朝日新聞,「科学的鳥取砂丘考」③,2013.02.19,33面
(2) オアシスの不思議.毎日新聞,「鳥取砂丘学を語ろう」 研究室だより第4部⑤,2014.05.15 25面


表彰
(1) 日本砂丘学会第57回全国大会最優秀発表賞:『鳥取砂丘湧水の発生・消滅メカニズムに関する研究 ― オアシスの水はどこから来てどこへ行くのか? ―』(2011年7月23日)
(2) 平成22年度日本沙漠学会奨励賞:『乾燥地における表面流出水捕集と土壌侵食防止に関する研究』 (2011年5月29日)
(3) 鳥取大学科学研究業績表彰 :『《主論文》Empirical temperature calibration of capacitance probes to measure soil water(土壌水分測定のための静電容量センサの経験的温度依存性校正)』(2012年2月29日)
(4) 第11回日本農学進歩賞:『乾燥地における表面流出水捕集と土壌侵食防止に関する研究』(2012年11月26日)


特許
(1)表層吸引用脱装置用カバー,表層吸引用脱装置および表層吸引用脱方法,特願2010-159887,鳥取大学(猪迫耕二・竹下尚志・齊藤忠臣) 2011.8

齊藤 忠臣

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:地圏環境保全学
Email:tadaomi@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5391
Fax :0857-31-5391

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター