植物とそれを取り巻く環境との接点を科学する!

キュウリの節水栽培トライアル

キュウリの節水栽培トライアル

電子顕微鏡による観察から圃場栽培まで、ミクロからマクロな視点で、植物のいとなみを科学する。本分野では次の3つの研究チームを構成する。1)耐塩性チーム;強い耐塩性を持つ作物の作出のために、植物体内の塩の移動メカニズムを探る。2)品質チーム;収量を保ちながら品質(嗜好性、安全性、機能性など)を向上させる栽培法の確立を目指す。3)生態系チーム;自生植生の保全のために、自生植物の養分吸収特性を解明する。

 

キーワード

  • 乾物生産、耐塩性、品質、生態系、栽培

 

研究テーマ

  • 中生植物のナトリウム移動メカニズムの解明
  • 高品質作物のための栽培法の確立
  • 自生植物の無機元素吸収プロファイルの作成

 

担当教育コース

  • 国際乾燥地科学(生物資源環境学科)
  • 国際乾燥地農学(生命環境農学科)

山田 智

生命環境農学科
生命環境農学講座
分野:植物栄養学
Email:syamada(@入れる)tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5369
Fax :0857-31-5369

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター