学会発表

  1. 寸田祐嗣・田中智久・岡松正敏・迫田義博・落合謙爾・喜田宏・梅村孝司:H5N1型インフルエンザウイルスに感染した野生オオハクチョウの病理学的検索、第146回日本獣医学術集会、宮崎県宮崎市 2008. 9
  2. 森真依子・落合謙爾・野中成晃・畑井仁・越智章仁・池上絵美・小泉純一・松本令以・寸田祐嗣・梅村孝司:アトキソプラズマ症の病態解析、第146回日本獣医学術集会、宮崎県宮崎市 2008. 9
  3. 唯野剛史・落合謙爾・畑井仁・越智章仁・小桜利恵・大橋和彦・寸田祐嗣・梅村孝司:採卵鶏の神経膠腫から分離されたトリ白血病ウイルスの病原性、第146回日本獣医学術集会、宮崎県宮崎市 2008. 9
  4. 田中智久・寸田祐嗣・田上銀平・迫田義博・落合謙爾・喜田宏・梅村孝司:マウスを用いた小児インフルエンザ脳症の再現実験:LPS投与の影響、第146回日本獣医学術集会、宮崎県宮崎市 2008. 9
  5. 寸田祐嗣・矢野志織・梅村孝司:鞘内免疫法による狂犬病治療効果の基礎検討、第56回日本ウイルス学会学術集会、岡山県岡山市 2008. 10
  6. 田中智久・寸田祐嗣・田上銀平・迫田義博・落合謙爾・喜田宏・梅村孝司:マウスを用いた小児インフルエンザ脳症の再現実験:LPS投与の影響、第56回日本ウイルス学会学術集会、岡山県岡山市 2008. 10
  7. 寸田祐嗣・矢野志織・梅村孝司:鞘内免疫法による狂犬病の予防・治療に関する基礎的研究、第8回狂犬病研究会、東京都新宿区 2009.3
  8. 寸田祐嗣:獣医病理学研修会出題標本 No.933 犬の皮下腫瘤、第147回日本獣医学会学術集会スライドフォーラム、栃木県宇都宮市 2009. 4
  9. Sunden Y, Yano S, Ochiai K, Umemura T:Suppression of rabies virus propagation in mice brain by intracerebral immunization of inactivated virus, The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control, Niseko, Hokkaido, Japan 2009. 8
  10. Tanaka T, Sunden Y, Ochiai K, Sakoda Y, Kida H, Umemura T:Experimental mouse model of human influenza-associated encephalopathy in childhood, The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control, Niseko, Hokkaido, Japan 2009. 8
  11. Lee H, Sunden Y, Ochiai K, Umemura T:Immune response to intracerebral vaccination against pseudorabies virus in mice, The 1st International Young Researcher Seminar in Zoonosis Control, Niseko, Hokkaido, Japan 2009. 8
  12. 池渕良洋・今内覚・寸田祐嗣・小沼操・大橋和彦:ウシPD-1/PD-L1の同定と牛白血病ウイルス感染牛における発現解析、第148回日本獣医学会学術集会、鳥取県鳥取市 2009. 9
  13. 中村小百合・落合謙爾・畑井仁・越智章仁・寸田祐嗣・梅村孝司:新たに分離された神経膠腫誘発トリレトロウイルスの分子系統解析と神経病原性の比較、第149回日本獣医学会学術集会、東京都武蔵野市 2010. 3
  14. 越智章仁・落合謙爾・中村小百合・小原昭子・寸田祐嗣・梅村孝司:九州地方の一日本鶏群で見つかった神経病原性レトロウイルス、第149回日本獣医学会学術集会、東京都武蔵野市 2010. 3
  15. 田中智久・秋田紗希・寸田祐嗣・落合謙爾・梅村孝司:インフルエンザウイルス感染COX-2欠損乳飲みマウスの実験病理学的研究、第149回日本獣医学会学術集会、東京都武蔵野市 2010. 3
  16. Sunden Y, Akita S, Tanaka T, Umemura T:The role of cyclooxygenase-2 (COX-2) in suckling mice infected with H3N2 subtype influenza virus, The 2nd Inernational Young Reseacher Seminar in Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2010. 9
  17. 白井達也・今内覚・池渕良洋・寸田祐嗣・小沼操・村田史郎・大橋和彦:ウシ免疫抑制因子LAG-3の同定と牛白血病ウイルス感染牛における発現解析、第150回日本獣医学会学術集会、北海道帯広市 2010. 9
  18. 池渕良洋・今内覚・白井達也・寸田祐嗣・小沼操・村田史郎・大橋和彦:牛白血病ウイルス感染牛における免疫抑制因子PD-1/PD-L1の発現解析と機能解析、第150回日本獣医学会学術集会、北海道帯広市 2010. 9
  19. 好井健太郎・寸田祐嗣・苅和宏明・Michael Holbrook・高島郁夫:ダニ媒介性脳炎/オムスク出血熱のキメラウイルスの作成と性状解析、第150回日本獣医学会学術集会、北海道帯広市 2010. 9
  20. 李賢敬・寸田祐嗣・梅村孝司:Intracerebral vaccination against PRV showed efficient protection by inducing antibody secreting cells in CNS and lymphoid organs in mouse、第58回日本ウイルス学会学術集会、徳島県徳島市 2010. 11
  21. 鈴木忠樹・山内聡子・寸田祐嗣・大場靖子・木村享史・佐多徹太郎・澤洋文:In vitroにおけるNatalizumabのJC virus感染への影響の検討、第58回日本ウイルス学会学術集会、徳島県徳島市 2010. 11
  22. 好井健太郎・寸田祐嗣・苅和宏明・Michael Holbrook:ダニ媒介性脳炎/オムスク出血熱のキメラウイルスの作成と性状解析、第58回日本ウイルス学会学術集会、徳島県徳島市 2010. 11
  23. 寸田祐嗣・青島圭祐・石田幸代・落合謙爾・梅村孝司:鞘内免疫による脳内への抗体誘導と発症予防効果に関する実験的研究、第10回狂犬病研究会、大分県由布市 2011.3
  24. 今内覚・池渕良洋・寸田祐嗣・小沼操・村田史郎・大橋和彦:牛の難治性疾病に対する多機能型ワクチン戦略、第151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  25. 石田幸代・寸田祐嗣・落合謙爾・梅村孝司:鞘内免疫マウスの病理組織学的解析と狂犬病発症予防効果、第151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  26. 青島圭佑・寸田祐嗣・落合謙爾・梅村孝司:鞘内免疫ウサギの脳脊髄液中抗体価の推移とその抗体の由来、第151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  27. 小原昭子・落合謙爾・前田秋彦・越智章仁・藪下広樹・光廣直貴・寸田祐嗣・梅村孝司:トリの神経膠腫誘発ウイルスの感染性分子クローンの作製、151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  28. 藪下広樹・落合謙爾・越智章仁・光廣直貴・小原昭子・寸田祐嗣・梅村孝司:トリレトロウイルス感染鶏に認められた心筋の形態異常、151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  29. 光廣直貴・落合謙爾・越智章仁・藪下広樹・小原昭子・寸田祐嗣・梅村孝司:野外で発生した鶏の多発性神経周膜腫の病理学的ならびに疫学的検索、151回日本獣医学会学術集会(非開催成立)、東京都府中市 2011. 3
  30. Sunden Y, Aoshima K, Ishida S, Ohiai K, Umemura T:Origin of CSF antibodies induced by intrathecal immunization and apply to rabies control in experimental animals, 29th meeting of the European society of veterinary pathology & The European college of veterinary pathologist, Uppsala, Sweden 2011. 9
  31. Sunden Y, Aoshima K, Ishida S, Ochiai K, Umemura T:Possible origin of CSF antibodies induced by intrathecal immunization and apply to rabies control in experimental animals, The 3rd Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2011. 9
  32. Muto N.A, Sunden Y, Hattori H, Fujikura D, Nakayama Y, Miyazaki T, Maruyama M, Kimura T, Sawa H:Pathological examination of lung tissues in influenza A virus-infected aged mice, The 3rd Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2011. 9
  33. Yoshii K, Sunden Y, Yokozawa K, Kariwa H, Holbrook M.R, Takashima I:Construction and characterization of chimeric virus between tick-borne encephalitis virus and Omsk hemorrhagic fever virus, The 3rd Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2011. 9
  34. Lee H, Sunden Y, Ochiai K, Umemura T:Chemokine improved anti-neurotropic virus immune response by attracting antibody secreting cells to the CNS, The 3rd Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2011. 9
  35. Ikebuchi R, Konnai S, Sunden Y, Onuma M, Murata S, Ohashi K:Molecular characterization of immunoinhibitory factors PD-1/PD-L1, The 3rd Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2011. 9
  36. 李賢敬・寸田祐嗣・落合謙爾・梅村孝司:Chemokine improved anti-neurotropic virus immune response by attracting antibody secreting cells to the CNS、第152回日本獣医学会学術集会、大阪府堺市 2011. 9
  37. 鈴木沙織・今内覚・池渕良洋・岡川朋弘・寸田祐嗣・村田史郎・大橋和彦:牛白血病ウイルス感染牛における制御性T細胞の動態解析、第152回日本獣医学会学術集会、大阪府堺市 2011. 9
  38. 岡川朋弘・今内覚・池渕良洋・鈴木沙織・寸田祐嗣・村田史郎・大橋和彦:ウシ免疫抑制受容体Tim-3の同定と牛白血病ウイルス感染牛における発現解析、第152回日本獣医学会学術集会、大阪府堺市 2011. 9
  39. Lee H, Sunden Y, Ochiai K, Umemura T:Chemokines improve anti-neurotropic virus immune response by attracting antibody secreting cells to the CNS, The 62nd Annual Meeting of the American College of Veterinary Pathologists and the 46th Annual Meeting of the American Society of Veterinary Clinical Pathology, Nashville, Tennessee, USA 2011. 12
  40. 越智章仁・落合謙爾・小原昭子・中村小百合・阿部あすみ・寸田祐嗣・梅村孝司:神経病原性トリレトロウイルスの出現経緯、第153回日本獣医学会学術集会、埼玉県埼玉市 2012. 3
  41. 中村小百合・落合謙爾・越智章仁・光廣直貴・阿部あすみ・寸田祐嗣・都築政起・梅村孝司:日本鶏におけるトリの神経膠腫誘発ウイルスの感染状況、第153回日本獣医学会学術集会、埼玉県埼玉市 2012. 3
  42. 寸田祐嗣・竹林賢作・今内覚・池渕良洋・大橋和彦・落合謙爾・梅村孝司:地方病性牛白血病腫瘍組織における免疫抑制因子PD-L1の発現とその役割、第153回日本獣医学会学術集会、埼玉県大宮市 2012. 3
  43. 寸田祐嗣:獣医病理学研修会出題標本 No.1046 白鳥の心臓、第153回日本獣医学会学術集会スライドフォーラム、埼玉県埼玉市 2012. 3
  44. 岡川朋弘・今内覚・池渕良洋・鈴木沙織・寸田祐嗣・村田史郎・大橋和彦:牛白血病ウイルス感染牛における免疫抑制受容体Tim-3/Gal-9の発現解析および機能解析、154回日本獣医学会学術集会、岩手県盛岡市 2012. 9
  45. 好井健太郎・寸田祐嗣・境瑞紀・苅和宏明・Michael Holbrook・高島郁夫:ダニ媒介性フラビウイルスにより中枢神経系障害に関わるウイルス因子の同定、154回日本獣医学会学術集会、岩手県盛岡市 2012. 9
  46. Sakai Y, Sunden Y, Umemura T:Roles of ubiquitin and heat shock protein 70 in formation of negri body-like structures in vitro, Proceedings of the 30th Meeting of the European Society of Veterinary Pathology, the Annual Meeting of the European College of Veterinary Pathologists, Leon, Spain 2012. 9
  47. Sakai Y, Sunden Y, Umemura T:Investigation on the interaction between rabies virus and intracellular protein transport system on the host cells, The 4th Inernational Young Reseacher Seminar for Zoonosis Control, Sapporo, Japan 2012. 9
  48. 中村小百合・落合謙爾・阿部あすみ・岸咲野花・寸田祐嗣・梅村孝司:グリオーマ誘発トリレトロウイルスの感染初期病変の特徴、第155回日本獣医学会学術集会、東京都目黒区 2013. 3
  49. 阿部あすみ・落合謙爾・中村小百合・岸咲野花・寸田祐嗣・梅村孝司:ev-1由来神経膠腫誘発トリレトロウイルスの病原性と感染状況、第155回日本獣医学会学術集会、東京都目黒区 2013. 3
  50. 中嶋七瀬・寸田祐嗣・坂井祐介・落合謙爾・梅村孝司:抗体による狂犬病ウイルス感染細胞からのウイルス排除効果、第155回日本獣医学会学術集会、東京都目黒区 2013. 3
  51. 坂井祐介・寸田祐嗣・梅村孝司:狂犬病ウイルスの細胞内生活環におけるユビキチンの役割、第155回日本獣医学会学術集会、東京都目黒区 2013. 3
  52. 岩木芳美・寸田祐嗣・坂井祐介・落合謙爾・梅村孝司:マウスを用いたウリジン三リン酸(UTP)の抗狂犬病ウイルス抗体産生増強効果、第155回日本獣医学会学術集会、東京都目黒区 2013. 3

 

寸田 祐嗣

共同獣医学科
病態獣医学
分野:獣医病理学
Email:sunden@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5422
Fax :0857-31-5422

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター