地球の過去から地球の未来を知る

放散虫化石の電子顕微鏡写真

  • 日本列島には多種多様な地質体が分布し,中でもプレートの沈み込みに関与してできたものが多くあります.これらの多種多様な地質体がどのようにしてできたかを研究しています.特にプレートの沈み込みによって形成された付加複合体を主な研究対象としています.付加複合体は過去のプレート沈み込み帯で起こった出来事を記録していると共に過去の海洋環境の記録を保持しています.それらの情報を読み取るべく,フィールドに出て研究をしています.

キーワード

  • 層序学,付加複合体,古生物学,放散虫化石,古環境,地質多様性

 

研究テーマ

  • 東アジア東縁に分布する中・古生代地質体の形成過程と島弧地殻としての成熟プロセス
  • 中・古生代放散虫生層序と古環境の復元
  • 新生代の地質体から紐解く島弧形成のテクトニクス

担当教育コース

  • 里地里山環境管理学(生命環境農学科)

菅森 義晃

生命環境農学科
生命環境農学科講座
分野:地質学
Email:sugamori@muses.tottori-u.ac.jp

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター