植物の多様性を理解し、画期的な新品種開発へ

Syun Sakuma

麦類の穂の多様性

麦類(コムギ、オオムギ、ライムギ)は世界的な主要作物であり、私たちの暮らしに欠かすことの出来ない植物です。当研究室では麦類の遺伝的な多様性について研究しています。麦の形を決める仕組みを遺伝子レベルで解明し、環境に適応した多収性品種の開発を目指しています。圃場で現象を発見し、研究室に持ち帰って基礎研究を行ない、その成果を実際の農業現場に還元できるよう研究に取り組んでいます。

キーワード

多様性, 遺伝子単離, 遺伝子重複, 適応進化, 表現型可塑性

 

研究テーマ

  1. 麦類の穂の多様性を生み出す分子機構の解明
    – 穀粒数を制御する遺伝子の単離と機能解明
    – 穀粒サイズを制御する遺伝子の機能解析
    – 花序パターンを決める遺伝子の進化
  2. 重複遺伝子の進化と機能
    – コムギ同祖遺伝子の機能分化
    – 環境変化に応じた重複遺伝子の機能分担
  3. 新規育種素材の開発
    – 突然変異集団の育成と新規変異体の探索
    – 野生種を利用したゲノム育種

 

担当教育コース

生物生産科学(生物資源環境学科)
植物菌類生産科学(生命環境農学科)

佐久間 俊

生命環境農学科
生命環境農学講座
分野:植物育種学
Email:ssakuma(@入れる)tottori-u.ac.jp
TEL :0857-31-5864
Fax :0857-31-5864

鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター