植物病原菌の感染機構:環境に優しい病害の防除を目指して

ニホンナシの大敵、黒斑病菌による  果実および葉の被害

ニホンナシの大敵、黒斑病菌による 果実および葉の被害

植物の病気は主に菌類、細菌、ウイルスなどの病原体によって引き起こされます。植物病学は、植物の病気の原因とその経過を明らかにし、病気を防ぐ様々な方法を研究する学問分野です。研究室では、病原体(菌類)と植物の相互作用に焦点をあて、病原菌の植物感染の仕組みについて分子レベルで解析しています。また、このような研究に基づいた環境にやさしい病害防除法の開発にも取り組んでいます。

 

キーワード

植物の病気、病原菌、感染機構、病害防除

研究テーマ

植物病原菌の感染機構に関する研究
植物病原菌の病原性決定因子の探索
菌類エンドファイトを利用した病害防除に関する研究

担当教育コース

生物生産科学コース

尾谷 浩

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:植物病学
Email:otani@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5355
Fax :0857-31-5355

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター