作物の時間で作物と対話する

もち大豆系統と黒豆の代表品種丹波黒

もち大豆系統と黒豆の代表品種丹波黒

イネ、コムギ、ダイズの品種の分化を明らかにすると共に、作物それぞれの品質に関与する遺伝子の発現を明らかにし、発現を制御するための栽培技術を確立することを目標として、様々な栽培条件で対象作物を栽培している。
現在は鳥取県の在来ダイズ系統もち大豆の分化とその利用について主として研究を行っている。

キーワード

イネ、コムギ、ダイズ、栽培技術、品種の分化

研究テーマ

鳥取県の在来ダイズ系統もち大豆の分化と利用
コムギの製パン性向上のための栽培技術の確立
有機物施用が水稲の生育に及ぼす影響

担当教育コース

生物生産科学コース

中田 昇

附属フィールドサイエンスセンター
生物生産部門
分野:栽培技術学
Email:nnakata@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5603
Fax :0857-31-5603

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター