細胞の巧妙な手口を探る

TrkAを免疫染色した  培養ラット感覚ニューロン

TrkAを免疫染色した 培養ラット感覚ニューロン

筋、ニューロン、神経内分泌細胞といった興奮性細胞は、膜上に存在するイオンチャネル、輸送体、ポンプの活性を巧妙に調節しており、ある時は静かにエネルギーを蓄え、ある時は活動電位という形で爆発的にエネルギーを発生し生理機能を発現します。これらの細胞の膜電位変化を調節する巧妙な手口を一つ一つ紐解くこと(例えば,個々のイオンチャネルの活性調節機構を解明すること)に面白みを感じ、研究を進めています。

キーワード

神経、神経内分泌、神経伝達物質、ホルモン、イオンチャネル

研究テーマ

ニューロン、神経内分泌細胞の興奮性調節
神経伝達物質、ホルモンの分泌調節
イオンチャネルの活性調節

北村 直樹

共同獣医学科
基礎獣医学
分野:獣医生理学
Email:nakit@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5426
Fax :0857-31-5426

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター