カビは優秀な化学者である

植物病原菌Cochliobolus spiciferの胞子と産生毒素の推定生合成経路

植物病原菌Cochliobolus spiciferの胞子と産生毒素の推定生合成経路

カビはいろいろな化学物質を作り出す能力や分解する能力を持っている。自然界においても,その能力は様々な面で発揮されている。例えば,植物に感染するときに毒素を生産したり,土壌中の農薬を分解したり。先ずは,カビの持つこの能力を見つけ出し,そのメカニズムを物質レベル,酵素レベル,遺伝子レベルで解明する。得られた知見を環境問題の解決に積極的に応用する。

 

キーワード

糸状菌の二次代謝,代謝産物,化学構造,生合成,酵素,遺伝子

研究テーマ

植物病原菌の生産する植物毒素の化学構造と生合成
天然物農薬あるいは農薬のリードとなるカビの代謝産物の検索
セルロースなど高分子の分解微生物の検索

担当教育コース

生命・食機能科学コース

中島 廣光

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:環境微生物化学
Email:nakajima@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5362
Fax :0857-31-5362

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター