微生物の持つ未知機能を探索し,応用に結びつける

アルデヒド脱水素酵素の立体構造図

アルデヒド脱水素酵素の立体構造図

1グラムの土の中には108-9個の微生物が棲息しているといわれていますが,実際に私たちが生き物として分離できるのは数%程度です.残りの90数%の微生物の中には私たちがまだ知らないすばらしい能力を持った微生物が存在するかもしれません.
私たちの研究室では微生物の知られざる能力を見いだそうと土壌から微生物を分離し,その生産する酵素の構造と機能の解明,さらにはその応用開発をめざして研究しています.

 

キーワード

有用微生物の探索,酵素の構造と機能,酵素利用,カルニチン,発酵食品

研究テーマ

酵素の構造と機能の解明
カルニチン及びアミノ酸分析用酵素の開発
微生物由来コリンエステラーゼの利用開発

担当教育コース

生命・食機能科学コース

森 信寛

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:微生物工学
Email:morinobu@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5443
Fax :0857-31-5443

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター