植物の生存戦略メカニズムを探る

植物ホルモンの不思議!!  低窒素条件で育つと葉っぱが黄色くなりますが(左)、アブシジン酸を与えると低窒素条件でも葉っぱが黄色くなりません(右)。

植物ホルモンの不思議!! 低窒素条件で育つと葉っぱが黄色くなりますが(左)、アブシジン酸を与えると低窒素条件でも葉っぱが黄色くなりません(右)。

  • 植物は移動することが出来ないことから、貧栄養、高塩濃度などの生育に適さない条件に周囲の環境が変化してもその環境に適応して生き延びる機能を発達させてきたと考えられます。また、植物の中には通常生育に不適である環境を有効に利用できるように発達したものも存在します。そのような生育に適さない環境下における植物の環境応答や適応機構を、植物生理学的、分子生物学的な手法を用いて解き明かしていきます。

キーワード

  • 環境ストレス、植物ホルモン、窒素栄養、塩生植物

研究テーマ

  • 高等植物の低窒素条件下における生理応答機構の解明
  • 塩生植物の成長生理機構に関する研究
  • 植物の耐塩性機構の植物生理学的,分子生物学的研究

担当教育コース

  • 植物菌類資源科学コース

岡 真理子

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:植物環境生理学
Email:m.oka@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5570
Fax :0857-31-5570

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター