学会発表

(1) 霜村典宏・村上重幸・松本晃幸・前川二太郎・長谷部公三郎: 紫外線照射によって誘発されたシイタケにおけるホモタリック突然変異体. 日本菌学会50周年記念大会(千葉)     2006
(2) 松本晃幸・霜村典宏・前川二太郎・長沢栄史: rDNA-ITSの塩基配列およびAFLPマーカーに基づくショウロ自然集団における遺伝的類縁関係. 日本菌学会50周年記念大会(千葉) 2006
(3) 牛島秀爾・松本晃幸・尾谷浩・長沢栄史・福政幸隆: 日本産ヌメリツバタケモドキの分類学的再検討. 日本菌学会50周年記念大会(千葉) 2006
(4) N.Shimomura, S.Murakami, T.Matsumoto, N.Maekawa and K.Hasebe:     A homothallic mutant induced by UV irradiation in Lentinula edodes.  The 8th International Mycological Congress (Cairns, Australia) 2006
(5) T.Matsumoto, N.Shimomura, N.Maekawa and E.Nagasawa: Genetic relationships among Rhizopogon roseolus (= R. rubescens) isolates from Japan based on rDNA-ITS sequences and AFLP markers. The 5th International Conference on Mycorrhiza (Granada, Spain) 2006
(6) 松本晃幸:食用きのこ類の無胞子化技術の開発-その意義と今後の課題について- 第5回とっとりアグリテクノ研究会シンポジウム・平成17年度第2回鳥取県土壌肥料研究会シンポジウム(鳥取) 2006
(7) 松本晃幸:「DNA情報に基づく日本のショウロ自然集団と鳥取分布集団の関係」産官学連携フェスティバル2006-鳥取地域からイノベーションの創出を!-(鳥取)2006
(8) 松本晃幸・霜村典宏・船戸知聖・前川二太郎: 外生菌根菌ショウロのSSRマーカーの開発と多型解析. 日本菌学会第51回大会(筑波) 2007.5
(9) 田淵諒子・松本晃幸・霜村典宏・前川二太郎: 鳥取砂丘クロマツ林における外生菌根菌ショウロ(Rhizopogon roseolus)のジェネット分布. 日本植物学会第71回大会(野田)     2007.9
(10) 奥田康仁・松本晃幸・村上重幸: AFLPマーカーに基づくウスヒラタケ (Pleurotus pulmonarius)の遺伝連鎖地図および胞子欠損性変異領域の座乗部位. 日本菌学会第52回大会 (三重)  2008.5
(11) 小畠 靖・長沢栄史・松本晃幸: 日本産サンゴハリタケ属菌の生物学的特徴. 日本菌学会第52回大会 (三重)  2008.5
(12) 霜村典宏・会見忠則・松本晃幸・前川二太郎・尾谷 浩: ショウロ担子胞子の成熟過程における微細構造変化. 日本菌学会第52回大会 (三重) 2008.5
(13) 寺島和寿・松本晃幸・長谷部公三郎: 遺伝子多型マーカーを利用したシイタケ品種の簡易判別. 日本菌学会第52回大会 (三重)  2008.5
(14) 奥田康仁・松本晃幸・村上重幸: Bulked segregant analysisによるウスヒラタケ (Pleurotus pulmonarius)の胞子欠損性変異領域近傍マーカーの同定. 日本きのこ学会第12回大会 (福岡)    2008.9
(15) 冨川康之・松本晃幸:クロマツ苗畑を利用したショウロ栽培.日本きのこ学会第12回大会 (福岡)   2008.9
(16) Y.Okuda, T.Matsumoto and S. Murakami: Identification of markers closely linked to the gene region for sporeless mutation in Pleurotus pulmonarius by bulked segregant analysis. The 5th Meeting of East Asia for Collaboration on Edible Fungi (Fukuoka, Japan)    2008.9
(17) K.Terashima, T.Matsumoto and K.Hasebe: Application of AFLP and PCR-based gene markers to discriminating among cultivars in Lentinula edodes. The 5th Meeting of East Asia for Collaboration on Edible Fungi (Fukuoka, Japan)  2008.9
(18) 松本晃幸:きのこ育種の目標と新資源の開発. 日本育種学会シンポジウム(彦根) 2008.10
(19) 奥田康仁・松本晃幸・村上重幸: ウスヒラタケ (Pleurotus pulmonarius)における胞子欠損性変異検出STSマーカーの開発. 第8回糸状菌分子生物学コンファレンス (石川)   2008.11
(20) Y.Okuda, T.Matsumoto and S.Murakami : Genetic linkage map and STS markers for breeding of a sporeless strain in oyster mushroom, Pleurotus pulmonarius. 25th Fungal Genetics Conference at Asilomar (Asilomar, CA, USA)     2009.3
(21) 小畠 靖・長澤栄史・松本晃幸: 無日本産サンゴハリタケ属の分類.日本菌学会第53回大会(鳥取) 2009.8
(22) 奥田康仁・村上重幸・松本晃幸: ウスヒラタケ (Pleurotus pulmonarius)胞子欠損性変異関連領域のマップベースクローニング. 日本菌学会第53回大会(鳥取)   2009.8
(23) 中西勇貴・霜村典宏・松本晃幸・尾谷浩:ショウロ菌のクロマツ実生根への感染過程の解明. 日本きのこ学会第13回大会 (神戸)  2009.9
(24) N.Shimomura, T. Aimi, T. Matsumoto, N.Maekawa and H.Otani: Ultrastructural images reveal basidiospores development in an edible mushroom, “shoro”. 第6回医学生物学国際電子顕微鏡シンポジウム  2009.9
(25) 奥田康仁・村上重幸・松本晃幸:リアルタイムPCR法を用いたウスヒラタケ無胞子形質の迅速選抜法.日本育種学会第117回講演会(京都市)   2010.3
(26) 伊藤幹成・奥田康仁・松本晃幸:ウスヒラタケ子実体の発育分化に関わる突然変異体の解析.日本菌学会第54回大会(東京)  2010.5
(27) 森永真衣・奥田康仁・松本晃幸・福政幸隆:ヒラタケミトコンドリアのクロラムフェニコール耐性変異と子実体形成. 日本菌学会第54回大会(東京) 2010.5

松本 晃幸

附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
菌類きのこ機能開発研究部門
分野:菌類遺伝資源学
Email:matsumot@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5380
Fax :0857-31-5380

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター