その他業績

(1) 著書
なし
(2) 論文
(1) I.Ohira and T.Matsumoto:  A new record of Pleurotus pulmonarius FR. in Japan.  Reports of the Tottori Mycological Institute, 18: 129-132 1980
(2) 大平郁男・松本晃幸・大久保 充・前田俊夫・山根光治: シイタケ子実体発生および形態におよぼす温度の影響  菌蕈研究所研究報告, 20: 123-139 1982
(3) 松本晃幸・大平郁男:マイタケ菌糸体の培養特性  菌蕈研究所研究報告, 20: 140-147  1982
(4) I.Ohira and T.Matsumoto: Effect of temperature on yield and shape of Lentinus edodes fruitbodies. Reports of the Tottori Mycological Institute, 22: 76-77 1983
(5) 松本晃幸・時本景亮: シイタケ子実体の生長にともなう元素含量の変動  菌蕈研究所研究報告, 25: 62-67           1986
(6) T.Matsumoto: Changes in activities of carbohydrases, phosphorylase, proteinases and phenol oxidases during fruiting of Lentinus edodes in sawdust cultures                                       Reports of the Tottori Mycological Institute, 26: 46-54 1988
(7) 松本晃幸・時本景亮・福田正樹・坪井正知: シイタケ原木の伐採時期による無機元素含量の差異が子実体発生量に及ぼす影響 菌蕈研究所研究報告, 28: 352-358         1990
(8) 松本晃幸・時本景亮: シイタケ子実体の生長過程におけるほだ木内無機元素の動態 菌蕈研究所研究報告, 30: 75-80       1992
(9) 時本景亮・松本晃幸: 国際競争時代におけるシイタケ栽培の生産基盤と生産者の意識(1)-第十回生産者実態調査結果より- 菌蕈, 38: 33-43  1992
(10) 時本景亮・松本晃幸: 国際競争時代におけるシイタケ栽培の生産基盤と生産者の意識(2)-第十回生産者実態調査結果より- 菌蕈, 38: 28-37 1992
(11) Y.Fukumasa-Nakai, M.Fukuda and T.Matsumoto: Efficient isolation of mitochondrial DNA from higher basidiomycetes for restriction endonuclease analysis.        Reports of the Tottori Mycological Institute, 30: 60-68 1992
(12) T.Matsumoto and Y.Fukumasa-Nakai: Mitochondrial DNA polymorphism and inheritance in Lentinula edodes and Pleurotus ostreatus. Reports of the Tottori Mycological Institute, 31: 153-161 1993
(13) T.Matsumoto, Y.Fukumasa-Nakai and M.Komatsu: Efficient dedikaryotization of higher basidiomycetes by the protoplast regeneration method. Reports of the Tottori Mycological Institute, 33: 29-33        1995
(14) 松本晃幸: ヒラタケのミトコンドリアDNAの多型性とその遺伝制御に関する研究 菌蕈研究所研究報告, 34: 1-97  1996
(15) 松本晃幸・三村公人・福政幸隆: ナメコ自然集団における不和合性因子の分布 菌蕈研究所研究報告, 37: 71-76    1999
(16) Y.Fukumasa-Nakai and T.Matsumoto: Fruiting body dwarf disease of Shiitake, Lentinula edodes, caused by a rickettsia-like organism. Reports of the Tottori Mycological Institute, 37: 21-35   1999
(17) 小畠 靖・村上重幸・松本晃幸・福政幸隆: 担子胞子欠損性変異体を利用した無胞子性エリンギ菌株育成の可能性 奈良県森林技術センター研究報告, 32: 7-11 2003
(18) T.Matsumoto, K.Terashima and K.Hasebe: Strain typing in cultivated strains of shiitake (Lentinula edodes) in Japan by AFLP analysis. Reports of the Tottori Mycological Institute, 41: 20-25       2003
(19) 小畠 靖・村上重幸・松本晃幸・福政幸隆: エリンギの交配系および不和合性因子の解析 奈良県森林技術センター研究報告, 33:1-5   2004
(20) 小畠 靖・村上重幸・松本晃幸・福政幸隆: エリンギ菌株間の遺伝的差異                           奈良県森林技術センター研究報告, 33: 7-13     2004
(21) 小畠 靖・松本晃幸・村上重幸・福政幸隆: RAPD分析によるエリンギ菌株間の遺伝的類縁関係の推定 奈良県森林技術センター研究報告, 34: 1-6 2005
(22) 小畠 靖・村上重幸・松本晃幸・福政幸隆: 無胞子性エリンギ栽培品種の育成. 奈良県森林技術センター研究報告, 34: 13-18  2005
(23) 小畠 靖・松本晃幸・村上重幸・福政幸隆: 無胞子性エリンギ栽培品種EマッシュPE2号の特性 奈良県森林技術センター研究報告, 35: 59-68 2006
(24) 松本晃幸:きのこ育種の目標と新資源の開発. 菌蕈, 55:16-19     2009.1
(25) 冨川康之・松本晃幸:クロマツ苗移植によるショウロ発生地の拡大と子実体の遺伝的類縁関係. 島根中山間セ研報, 5:16-19               2009.3
(3) 調査報告書
(1) 松本晃幸:食用担子菌における子実体の形態異常とミネラルの動態 1992年度科学研究補助金研究成果報告書,pp. 1-27 1993
(2) 福政幸隆・松本晃幸・福田正樹:シイタケ菌の農業形質に及ぼす細胞質遺伝因子の役割の究明 1994年度科学研究補助金研究成果報告書,pp. 1-22  1995
(3) 時本景亮・福政(中井)幸隆・松本晃幸・大久保充・岡垣祐子: 細胞融合等の活用による種菌耐病性品種開発 1996年度林野庁委託研究補助事業成果報告書,pp. 33-56 1997
(4) 松本晃幸: 高等担子菌類におけるミトコンドリアDNA組換えの分子機構の解明 1998度科学研究補助金研究成果報告書,pp. 1-14            1999
(5) 福政幸隆・村上重幸・長谷部公三郎・松本晃幸: 食用菌の有用遺伝子を活用した新キノコの開発 1998年度農林水産新産業技術開発事業成果報告書,pp. 75-83  1999
(6) 松本晃幸: 高等担子菌類ミトコンドリアゲノムの全構造の解明 2000年度科学研究補助金研究成果報告書,pp. 1-16   2001
(7) 時本景亮・長谷部公三郎・松本晃幸・川上佐知子・柳由貴子:                       抗腫瘍性多糖レンチナン高含有のシイタケ品種の開発とその利用 2003年度民間結集型アグリビジネス創出技術開発事業成果報告書,pp. 55-71 2004
(8) 松本晃幸: 発現遺伝子マッピングによるシイタケ高密度連鎖地図の構築    2004年度科学研究補助金研究成果報告書,pp. 1-19                 2005
(9) 松本晃幸:きのこ遺伝資源に見られる遺伝的多様性と評価   2005年-2007年度菌類きのこ機能開発研究部門成果報告書,pp. 6-22              2008
 
(4)  その他
    なし

松本 晃幸

附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
菌類きのこ機能開発研究部門
分野:菌類遺伝資源学
Email:matsumot@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5380
Fax :0857-31-5380

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター