食べるだけじゃない!? 知られざるきのこパワー!

海水塩分濃度の2倍以上の濃度でも  生育可能なマングローブのきのこ

海水塩分濃度の2倍以上の濃度でも 生育可能なマングローブのきのこ

森林生態系の保全にとって重要な役割を担うきのこ類は,医薬開発など,様々な分野において利用され,今後さらなる高度利用が期待されています。我々は高信頼性のきのこ類遺伝資源を蓄積するために,きのこ類を各地から収集し,形態や遺伝子に基づき分類を行い,遺伝資源として保存しています。これらの中から未来を切り開く有用なきのこ類遺伝資源が見つかることを期待しています。

 

キーワード

菌類,きのこ,系統分類,種多様性解析,遺伝資源,データベース

研究テーマ

きのこ類遺伝資源の種多様性の解析
きのこ類遺伝資源の収集保存およびデータベースの構築
きのこ類菌糸体を用いた環境浄化技術の研究開発

担当教育コース

植物菌類資源科学コース

前川 二太郎

附属菌類きのこ遺伝資源研究センター
菌類きのこ環境生態学研究部門
分野:菌類分類学
Email:kin-maek@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5201

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター