その他業績

  • 特許
  1. THERAPEUTIC AGENT FOR INFLAMMATORY BOWEL DISEASE. S MINAMI, K AZUMA, T OSAKI, S IFUKU, H SAIMOTO. WO Patent 2,013,038,776
  • Proceeding
  1. Minami S, Azuma K., Osaki T., Imagawa T., Tsuka T., Okamoto Y., Ifuku S. , Saimoto H. Effects of chitin nanofibrils on ulcerative colitis mouse model and its mechanism, The proceedings of the 6th Iberoamerican chitin symposium and the 12th international conference on chitin and chitosan, Fortazela, Brazil, 2012
  2. Okamoto Y., Azuma K., Osaki T., Itoh N., Watanabe M. Suppressive Effects of Onion Peel Extract Tea in Experimental Obese Mice, International Proceedings of Chemical, Biological & Environmental Engineering, 65, 27 -30, Penang, Malaysia, 2014
  3. Azuma K., Ifuku S., Osaki T., Arifuku I., Okamoto Y. Anti-inflammatory activities of cellulose nanofibers made from adlay and seaweed in an inflammatory bowel-disease model, International Proceedings of Chemical, Biological & Environmental Engineering, 65, 22 -26, Penang, Malaysia, 2014
  • 解説
  1. D-グルコサミン塩酸塩の経口投与が血漿中遊離アミノ酸濃度に及ぼす影響 、 東 和生、南 三郎、柄 武志、今川智敬、岡本芳晴 、 グルコサミン研究5 、 エイド出版 (頁 23 ~ 31) 、 2009年
  2. 関節リウマチモデルマウスに対するN-アセチル-D-グルコサミンの効果 、 東 和生、大崎智弘、柄 武志、今川智敬、岡本芳晴、南 三郎 、 グルコサミン研究7 、 エイド出版 (頁 67 ~ 72) 、 2011年
  3. メタボローム解析からみたイヌに対するグルコサミン経口投与の意義 、 大崎智弘、東 和生、黒住誠司、高森吉守、柄 武志、今川智敬、岡本芳晴、南 三郎 、 グルコサミン研究8 、 エイド出版 (頁 38 ~ 42) 、 2012年

 

東 和生

共同獣医学科
臨床獣医学講座
分野:獣医神経病・腫瘍学
Email:kazu-azuma@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5433
Fax :0857-31-5433

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター