学会発表

過去5年間

1) 河野 強, 永友亮介, 片岡直也, 玄行-安藤恵子, 三谷昌平, 木村靖夫 インスリン様遺伝子破壊線虫の解析 日本農芸化学会2006年度大会(京都) 2006

2) 中林 亮, 中村祐子, 藤岡昭三, 河野 強, 木村靖夫 未同定菌F635の生産するNivefuranone類縁体の生成経路 日本農芸化学会2006年度大会(京都) 2006

3) Tsuyoshi Kawano, Ryosuke Nagatomo, Yasuo kimura, Keiko Gengyo-Ando, and Shohei Mitani Role of Caenorhabditis elegans insulin-like genes to the lifespan regulation 4th International Peptide Engineering meeting (Yokohama)

4) Tsuyoshi Kawano, Ryosuke Nagatomo, Yasuo kimura, Keiko Gengyo-Ando, and Shohei Mitani Role of Caenorhabditis elegans insulin-like genes to the lifespan regulation 4th International Peptide Engineering meeting (Yokohama) 2006

5) Tsuyoshi Kawano, Gyosuke Nagatomo, Yasuo kimura, Keiko Gengyo-Ando, and Shohei Mitani Functional redundancy of C. elegans insulin-like genes in the larval diapause and adult lifespan 2nd East Asia C. elegans Meeting (Seoul, Korea) 2006

6)松永洋平, 合田健司, 玄行-安藤恵子, 三谷昌平, 河野 強, 木村靖夫 インスリン様遺伝子多重破壊の成虫寿命に対する影響 日本農芸化学会2007年度大会(東京) 2007.3

7)大谷耕平, 藤岡昭三, 河野 強, 木村靖夫 未同定菌F635の生産するNivefuranone類縁体の殺センチュウ活性 日本農芸化学会2007年度大会(東京) 2007.3

8)Kenji Gouda, Yohei Matsunaga, Yasuo Kimura, Keiko Gengyo-Ando, Shohei Mitani, and Tsuyoshi Kawano Redundant function of Caenorhabditis elegans insulin-like genes in larval diapause and adult lifespan 16th International C. elegans Meeting (Los Angeles, USA)  2007.6

9) Mari Ohtani, Yasuo Kimura, Yoko Honda, Shuji Honda, and Tsuyoshi Kawano Lifespan extending activity of C. elegans 16th International C. elegans Meeting (Los Angeles, USA) 2007.6

10) Yukiko Yonezawa, Kenji Gouda, Yasuo Kimura, and Tsuyoshi Kawano Role of type-b insulin-like genes on larval diapause and adult lifespan in Caenorhabditis elegans 16th International C. elegans Meeting (Los Angeles, USA) 2007.6

11) 米澤友紀子、合田健司、木村康夫、河野 強 線虫C. elegansのtype-b・インスリン様遺伝子の生理機能 日本農芸化学会2008年度大会(名古屋) 2008.3

12) 合田健司、木村康夫、河野 強 線虫C. elegansにおける簡便な二重遺伝子機能抑制法 日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)  2008.3

13) Yohei Matsunaga, Keiko Gengyo-Ando, Shohei Mitani, and Tsuyoshi Kawano  Expression pattern of a C. elgans insulin-like peptide, INS-18 3nd East Asia C. elegans Meeting (Shanghai, China)  2008.4

14) 松永洋平、安藤-玄行恵子、三谷昌平、河野 強 線虫の休眠・寿命を制御するインスリン様ペプチドINS-18の発現調節機構 第45回ペプチド討論会(東京) 2008.10

15) 合田健司、河野 強 線虫C. elegansにおける簡便な三重遺伝子機能抑制法 第31回日本分子生物学会年会(神戸) 2008.12

16) 松永洋平、安藤-玄行恵子、三谷昌平、河野 強 線虫の休眠・寿命を制御するインスリン様ペプチド 日本農芸化学会2009年度大会(福岡 2009.3

17) 合田憲司、松永洋平、河野 強 線虫C. elegansにおける簡便な多重遺伝子機能抑制法の開発 第50回日本生化学会中国・四国支部例会(鳥取) 2009.5

18) 松永洋平、安藤-玄行恵子、三谷昌平、河野 強 線虫の休眠・寿命を制御するインスリン様ペプチドINS-18の発現パターンの解析 第50回日本生化学会中国・四国支部例会(鳥取) 2009.5

19) Yohei Matsunaga, Keiko Gengyo-Ando, Shohei Mitani, and Tsuyoshi Kawano Expression mechanism of INS-18, one of the insulin-like peptides , in C. elegans 17th International C. elegans Meeting (Los Angeles, USA) 2009.6

20) 松永洋平、伊藤弘子、河野 強 線虫C. elegansのtype-gCンスリン様ペプチドであるINS-12の生生理学的機能 第46回ペプチド討論会(北九州) 2009.11

21) 松永洋平、小松真希、安藤-玄行恵子、三谷昌平、河野 強 アンタゴニストとして機能する線虫のインスリン様分子の生理機能比較 第32回日本分子生物学会年会(横浜) 2009.12

22) 河野佳代、松永洋平、河野 強 RNA干渉によるネコブセンチュウ駆除の試み 日本農芸化学会2010年度大会(東京)2010.3

23)Yohei Matsunaga, Keiko Gengyo-Ando, Shohei Mitani, Takashi Iwasaki, and Tsuyoshi Kawano  An approach to elucidate crosstalk between TGF-b and insulin/IGF-I signaling in Caenorhabditis elegans. 4nd East Asia C. elegans Meeting (Tokyo, Japan) 2010.7

24) Yukari Omichi, Kenji Gouda, Takashi Iwasaki, and Tsuyoshi Kawano Analysis of a new pathway regulating larval diapuase in Caenorhabditis elegans. 4nd East Asia C. elegans Meeting (Tokyo, Japan) 2010.7

河野 強

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:生物有機化学
Email:kawano@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-6764
Fax :0857-31-5347

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター