学会発表

(4)-1学会発表 国内
(4)-1-1 片野洋平, 連帯の社会的条件-都市におけるリサイクル量から, 第77回日本社会学会大会 2004
(4)-1-2 片野洋平, リサイクル行動を促す社会的条件-世田谷区における事例から,日本計画行政学会, 第28回全国大会  2005

(4)-1-3 片野洋平, 向環境行動の社会的条件-世田谷区におけるごみ・リサイクルに関する社会調査から, 第78回日本社会学会大会 2005
(4)-1-4 片野洋平, 法の遵守形態の変遷と社会規範の変-PETボトルの国内循環容を巡る議論を題材に、日本計画行政学会、第29回全国大会  2006
(4)-1-5 片野洋平, 環境配慮型行動の諸条件-2地域特性の比較から, 日本法社会学会年度学術大会  2007
(4)-1-6 片野洋平・飯田高, 未成熟市場における法の役割―容器リサイクル法等環境関連法をめぐる議論を題材に, 日本法社会学会年度学術大会 2008
(4)-1-7 片野洋平, 住民基本台帳や選挙人名簿を使用しない調査の課題―環境と生活についての学術調査から, 日本行動計量学会 2008
(4)-1-8 片野洋平・松本安生, 地域性にみる向環境行動の規定因とその対策―文京区を事例として,日本計画行政学会 2009.9
(4)-1-9 石田淳・藤田泰昌・片野洋平, QCAの分析手法の紹介と応用可能性の検討, 日本数理社会学会 ポスターセッション 2009.9
(4)-1-10 Katano, Yohei., Determinats of the Effectiveness of Environmental Law: A QCA Approach, Japanese Association for Mathematical Sociology Annual Conference 2009.9
(4)-1-11 片野洋平, 社会関係資本の向環境行動への効果について-文京区を事例とした都市の廃棄物・資源政策, 環境情報科学センター 環境研究発表会 2009.11

(4)-2学会発表 国外
(2)-2-1 Katano, Yohei., Solidaristic Individualism in Tokyo, Summer school in Halle, Germany: “Strategies for Sustainable Development in Japan and Germany” , September 28th 20042004
(4)-2-2 Katano, Yohei., Individualistic Solidarity in Tokyo?: Toward the Case Studying of Recycling System in Tokyo, Environment and Science: Concepts and Strategic Goals for the Future, Young Scientist Forum, April 11, 2005  2005

(4)-2-3 Katano, Yohei., Recycling System and Solidarity in Tokyo, International Sociological Conference (ISA) Research Committee 24 (RC24) Marseille, France 6-7 July 2005  2005
(4)-2-4 Katano, Yohei., Environmental Policy and Social Capital in Tokyo, International Sociological Conference (ISA) Research Committee on Sociology of Law (RCSL) Berlin, Germany 25-28 July 2007

片野 洋平

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:食・農・環境の法社会学
Email:katano@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-6734
Fax :0857-31-6734

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター