食・農・環境問題の領域で、地域に応じた政策を提案する

フィールドワーク  冬 

フィールドワーク  冬 

本研究室では、食・農・環境領域における問題を社会科学の視点から研究しています。本研究室の強みは、食・農・環境領域の様々な社会現象を観察し、分析し、考察し、自治体に対して政策提案するところまで、パッケージで提供できるところだと考えています。社会科学理論の発展と、実社会への貢献を目指して、(なかなか両立することは難しいのですが)、日々努力しています。データの性質や分析手法にこだわることなく、社会現象やリサーチクエスチョンにあわせて、社会のふしぎを解明し、得られた知見を広く社会で生かすことができればと考えています。

キーワード

法社会学や社会学的視点からみた… 環境問題、都市・過疎問題、食の安全・安心問題

研究テーマ

地域性に応じた環境政策について(森林、空き家、農地、廃棄物、リサイクル関連)

食の安全や安心に対する社会政策について

過疎対策

担当教育コース

フードシステム科学コース

片野 洋平

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:食・農・環境の法社会学
Email:katano@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-6734
Fax :0857-31-6734

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター