学会発表

(1) 上中弘典、Christian Nake, Petra Epple, Jan Dittgen, Katia Schutze, Christina Chaban, Ben Holt III, Thomas Merkle, Eberhard Schafer, Klaus Harter and Jeffery L. Dangl:プログラム細胞死の制御因子LSD1と相互作用するAtbZIP10は細胞死、病害抵抗性を正に制御する、第47回日本植物生理学会年会、筑波大、2006年
(2) Amin Eltayeb, Naoyoshi Kawano, Ghazi Badawi, Hironori Kaminaka, Shinobu Inanaga, Kiyoshi Tanaka: Enhancement of oxidative stress tolerance in transgenic tobacco plants (Nicotiana tabacum) overexpressing either monodehydroascorbate reductase or dehydroascorbate reductase, 第47回日本植物生理学会年会、筑波大、2006年
(3) Hironori Kaminaka、Christian Nake, Petra Epple, Jan Dittgen, Katia Schutze, Christina Chaban, Ben Holt III, Thomas Merkle, Eberhard Schafer, Klaus Harter and Jeffery L. Dangl: bZIP10-LSD1 Antagonism Modulates Basal Defense and Cell Death in Arabidopsis Following Infection, 17th International Arabidopsis meeting, Madison (Wisconsin, USA), 2006
(4) 山本優香、田中 淨、上中弘典: シロイヌナズナのプログラム細胞死制御に関わる転写因子AtbZIP10と微小管プラス端集積因子AtEB1の相互作用、第48回植物生理学会年会、愛媛大学、2007年3月
(5) 鷲見佐和子、山内靖雄、上中弘典、田中 淨: 植物のアミノアシル酸遊離酵素の機能解析、第48回植物生理学会年会、愛媛大学、2007年3月
(6) Amin Eltayeb, Naoyoshi Kawano, Ghazi Badawi, Hironori Kaminaka, Shinobu Inanaga, Kiyoshi Tanaka: Cytosolic overexpression of vitamin C recycling enzymes ameliorates tolerance to environmental stresses、生物系三学会中国四国支部会 鳥取大会、鳥取大学、2007年5月
(7) 尾崎崇一、河野尚由、山内靖雄、上中弘典、田中 淨:亜硫酸酸化酵素葉緑体過剰発現タバコの亜硫酸耐性、生物系三学会中国四国支部会 鳥取大会、鳥取大学、2007年5月
(8) Katia Schutze, Hironori Kaminaka, Petra Epple, Christina Chaban, Thomas Merkle, Jeffery L. Dangl and Klaus Harter: bZIP10-LSD1 Antagonism Modulates Basal Defense and Cell Death in Arabidopsis Following Infection, 18th International Arabidopsis meeting, Beijing, China, 2007年6月
(9) Hironori Kaminaka, Nuria Sanchez Coll, Kengo Takabayashi, Nami Nishimoto, Petra Epple, Keita Nishide, Ben Holt III, Kiyoshi Tanaka and Jeffery L. Dangl: Involvement of auxin transcriptional repressor Aux/IAAs on the regulation of programmed cell death via direct interaction with LSD1 in Arabidopsis thaliana, Keystone Symposia-Plant Hormones and Signaling/ Plant Innate Immunity (joint)-, Corolado, USA, 2008年2月
(10) 高林賢吾、天野晃彰、西出圭太、Ben Holt Ⅲ、田中淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:
シロイヌナズナの細胞質リテンションタンパク質LSD1の相互作用機構の解明、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(11) 西本奈未、高林賢吾、西出圭太、櫻井寿美子、田中淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:シロイヌナズナのLSD1と相互作用するAux/IAAのプログラム細胞死誘導機構における機能解析、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(12) 山本優香、万庭哲也、三賀森浩紀、恩田沙織、田中淨、上中弘典:プログラム細胞死の誘導に関わるシロイヌナズナの転写因子AtbZIP10の機能制御機構の解明、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(13) 三村由佳子、田中淨、上中弘典:Gatewayシステムを用いたシロイヌナズナの均一化cDNAライブラリーの構築とVIGS方を用いたスクリーニングへの応用、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(14) 中井篤、鷲見佐和子、山内靖雄、上中弘典、田中淨:シロイヌナズナアミノアシル酸遊離酵素の機能解明、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(15) 山本祥平、Amin Elsadig Eltayeb、Sang-Soo Kwak、上中弘典、田中淨:活性酸素消去系酵素高発現ジャガイモの作出と解析、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(16) Md. Imitiaz Uddin、Amin Elsadig Eltayeb、霜村典宏、上中弘典、田中淨:新規イネ陽イオン輸送タンパク質(OsCTP)過剰発現タバコは塩、乾燥耐性を高める、第49回植物生理学会年会、札幌コンベンションセンター、2008年3月
(17) 西本奈未、高林賢吾、西出圭太、櫻井寿美子、田中 淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:シロイヌナズナの過敏感細胞死の誘導機構におけるオーキシン応答性転写抑制因子Aux/IAAの機能解析、平成20年度植物病理学会年会、くにびきメッセ、2008年4月
(18) Kengo Takabayashi, Kiyoshi Tanaka, Jeffery L. Dangl and Hironori Kaminaka: Functional regulation of transcription factors involved in programmed cell death by control of intracellular localization in Arabidopsis. The 5th International Joint Symposium between Japan and Korea “The Recent Status and Perspectives of Food System, Agricultural Environment and Biology”, Dae Jeon(Korea), 2008年11月
(19) 天野晃彰、高林賢吾、中村歩、田中淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:プログラム細胞死制御因子である細胞質リテンションタンパク質AtLSD1/AtLOL1の機能解析、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(20) 三賀森浩紀、寺岡悠樹、山本優香、田中淨、上中弘典:プログラム細胞死の誘導機構における微小管プラス端集積因子AtEB1の機能解析、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(21) 小泉陽平、三賀森浩紀、万庭哲也、山本優香、田中淨、上中弘典:シロイヌナズナの転写因子AtbZIP10のユビキチン化を介した分解機構、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(22) 中村歩、高林賢吾、天野晃彰、上中弘典:植物のLSD1様タンパク質の機能解析、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(23) 中井篤、鷲見佐和子、山内靖雄、上中弘典、田中淨:酸化タンパク質分解における植物アシルアミノ酸遊離酵素の機能解明、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(24) 清水洋彰、Amin Elsadig Eltayeb、木村雅之、曽野部香里、服部太一朗、上中弘典、田中淨:ソルガムにおけるケイ酸誘導性遺伝子の単離、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(25) 河野治、山本祥平、門脇正徳、Md.Imtiaz Uddin、上中弘典、田中淨:植物のChaC(calcium/proton antiporter C)様遺伝子の機能解析、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(26) Amin Elsadig Eltayeb, Md. Imtiaz Uddin, Lina Yin, Taichiro Hattori, Kaori Sonobe, Hironori Kaminaka and Kiyoshi Tanaka:Identification of candidate genes regulated by silicon under drought or salt stress、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(27) Md. Imtiaz Uddin, Yanhua Qi, Amin Elsadig Eltayeb, Takayoshi Koso, Lina Yin, Hironori Kaminaka, Takeshi Sakaki and Kiyoshi Tanaka:Overexpression of rice monogalactosyldiacylglycerol synthase gene OsMGD enhances salt and drought tolerance in tobacco、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(28) 殷俐娜、Eltayeb Amin Elsadig、王仕穏、上中弘典、 辻渉、田中淨:デヒドロアスコルビン酸還元酵素過剰発現タバコのアルミニウム耐性、第50回植物生理学会年会、名古屋大学東山キャンパス、2009年3月
(29) 三村由佳子、田中淨、上中弘典:シロイヌナズナにおけるタバコ茎えそウイルス(TRV)によるサイレンシングを利用した効率的な遺伝子スクリーニング法の確立と細胞死関連遺伝子のスクリーニングへの応用、平成21年度植物病理学会年会、山形大学、2009年3月
(30) 吉田健太郎、齋藤宏昌、神崎洋之、宇津志博恵、土佐幸雄、上中弘典、Joe Win、Sophien Kamoun、寺内良平:ゲノム網羅的DNA多型解析によるイネいもち病菌の新規エフェクター遺伝子の単離、平成21年度植物病理学会年会、山形大学、2009年3月
(31) 西本奈未、高林賢吾、荒瀬 文、西出圭太、田中 淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:シロイヌナズナのリテンションタンパク質LSD1を介した細胞死誘導機構におけるオーキシン応答転写制御系の役割、第51回日本植物生理学会年会、熊本大学、2010年3月
(32) 中村 歩、天野晃彰、高林賢吾、田中 淨、Jeffery L. Dangl、上中弘典:シロイヌナズナの細胞死制御因子LSD1とLOL1、及び植物のLSD1ホモログの機能解析、第51回日本植物生理学会年会、熊本大学、2010年3月
(33) 荒瀬 文、西谷浩子、西本奈未、櫻井寿美子、田中 淨、上中弘典:シロイヌナズナのAux/IAA遺伝子IAA8の機能解析、第51回日本植物生理学会年会、熊本大学、2010年3月
(34) 三輪琢也、三村由佳子、田中 淨、上中弘典:シロイヌナズナにおけるタバコ茎えそウイルスによるサイレンシングを利用した効率的な遺伝子スクリーニング法の確立と細胞死関連遺伝子のスクリーニングへの応用、第51回日本植物生理学会年会、熊本大学、2010年3月
(35) 浅田裕、高橋和馬、田中莉夏子、勝又邦明、山本宏子、上中弘典、長根智洋、田中亮一、田中歩、山口淳二:植物免疫抑制因子NSL2の相互作用タンパク質の探索と解析、第51回日本植物生理学会年会、熊本大学、2010年3月
(36) Yuka Yamamoto, Hiroki Mikamori, Makiko Higashide, Yuuki Teraoka, John C. Sedbrook, Hironori Kaminaka: AtEB1s interact with AtbZIP10 at microtubule plus-ends and are required for cell death controlled by LSD1, 21st International Arabidopsis meeting, パシフィコ横浜, 2010年6月
(37) Myung-Hee Kim,Yutaka Sonoda,Kentro Sasaki,Hironori Kaminaka,Ryozo Imai: The Arabidopsis Cold Shock Domain protein 3 (AtCSP3) interacts with nuclear poly (A) binding proteins (PABNs) in the nucleus, 21st International Arabidopsis meeting, パシフィコ横浜, 2010年6月

(38) 今井亮三、金 明姫、園田 裕、上中弘典、佐々木健太郎:耐凍性を調節するRNAシャペロン、「RNAから植物を考える~植物RNA研究の最先端~」シンポジウム、北海道大学、2010年8月

(39) 荒瀬文、西本奈未、石原 亨、上中弘典:シロイヌナズナのオーキシン応答における細胞死制御因子LSD1の機能解析、第52回日本植物生理学会年会、東北大学、2011年3月

(40) 石崎龍二、末次 舞、加藤裕介、粟野達也、坂本 亘、岩瀬剛二、上中弘典:絶対的菌従属栄養植物ギンリョウソウの無葉緑化の分子機構、第52回日本植物生理学会年会、東北大学、2011年3月

(41) 勝又邦明、浅田裕、丸山洋介、上中弘典、山口淳二:シロイヌナズナ免疫関連因子NSL2相互作用タンパク質TAT3の機能解析、第52回日本植物生理学会年会、東北大学、2011年3月

(42) 田中莉夏子、浅田裕、丸山洋介、上中弘典、山口淳二:シロイヌナズナの植物免疫関連因子NSL2と相互作用するF-boxタンパク質の機能解析、第52回日本植物生理学会年会、東北大学、2011年3月

(43) 江草真由美、上中 弘典、高野 義孝、尾谷浩、児玉基一朗:Alternaria
alternata感染に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性にはPEN2およびPEN3が関与する、平成23年度日本植物病理学会年会、東京農工大学、2011年3月

(44) 金 明姫、園田 裕、佐々木健太郎、上中弘典、今井亮三:RNAシャペロンAtCSP3のインタラクトーム解析、日本農芸化学会2011年度大会、京都女子大学、2011年3月

(45) Koji Iwase, Hironori Kaminaka: Achlorophylly and Mycorrhizal Symbiosis in the Plants Ericaceae, Asian Mycological Congress 2011, Incheon, Korea, 2011年8月

(46) 荒瀬文、西本奈未、石原 亨、上中弘典:シロイヌナズナのオーキシン応答における細胞死制御因子LSD1の機能解析、日本植物学会第75回大会、東京大学、2011年9月

(47) 石崎龍二、末次 舞、加藤裕介、大和政秀、粟野達也、坂本 亘、岩瀬剛二、上中弘典:絶対的菌従属栄養植物ギンリョウソウの無葉緑化の分子機構、日本植物学会第75回大会、東京大学、2011年9月

(48) 栗林祥子、西本奈未、上中弘典:細胞死を誘導するlsd1変異体のマイクロアレイ解析によるシロイヌナズナの新奇病害抵抗性関連遺伝子の探索:翻訳伸長因子eEF1αは基礎抵抗性の誘導に関与する、平成23年度日本植物病理学会関西部会、サンポート高松、2011年10月

(49) 江草真由美、上中弘典、高野義孝、児玉基一朗:Alternaria alternata感染に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性にはPEN2およびPEN3が関与する、平成23年度日本植物病理学会関西部会、サンポート高松、2011年10月

(50) 間瀬圭介、石濱伸明、森 仁志、上中弘典、児玉基一朗、吉岡博文:Fumonisin B1毒素細胞死に関与するAtMACD1によって制御される遺伝子の探索、平成23年度日本植物病理学会関西部会、サンポート高松、2011年10月

(51) 井口陽平、武田直也、川口正代司、上中弘典:アーバスキュラー菌根共生特異的に誘導されるミヤコグサのGARP型転写因子LjGGL1遺伝子の発現解析、第53回日本植物生理学会年会、京都産業大学、2012年3月

(52) 石崎龍二、末次舞、家常祐弥、加藤裕介、大和政秀、粟野達也、坂本亘、岩瀬剛二、上中弘典:菌根共生と色素体の進化から考察するツツジ科植物の無葉緑化、第53回日本植物生理学会年会、京都産業大学、2012年3月

(53) 中口翔太、栗林祥子、西本奈未、上中弘典:シロイヌナズナの翻訳伸長因子eEF1αは基礎抵抗性の誘導に関与する、第53回日本植物生理学会年会、京都産業大学、2012年3月

(54) 間瀬圭介、石濱伸明、森 仁志、上中弘典、児玉基一朗、吉岡博文:AP2/ERF型転写因子であるAtMACD1は毒素細胞死に関与する、第53回日本植物生理学会年会、京都産業大学、2012年3月

(55) 江草真由美、三輪琢也、上中弘典、石川敦司、高野義孝、児玉基一朗:Alternaria alternata感染に対するシロイヌナズナの非宿主抵抗性におけるサリチル酸(SA)およびジャスモン酸(JA)シグナル経路の関与、平成24年度日本植物病理学会大会、福岡国際会議場、2012年3月

(56) Mayumi Egusa, Takuya Miwa, Hironori Kaminaka, Yoshitaka Takano, Motoichiro Kodama:PEN2 and PEN3 are involved in pre-invasion resistance of Arabidopsis thaliana against Alternaria alternata, the 2nd Korea and Japan Joint Symposium, 福岡国際会議場、2012年3月

(57) 間瀬圭介、石濱伸明、森 仁志、高橋英樹、上中弘典、児玉基一朗、吉岡博文:毒素細胞死に関与するAP2/ERF型転写因子であるAtMACD1の機能解析、平成24年度日本植物病理学会大会、福岡国際会議場、2012年3月

(58) Hironori Kaminaka, Nami Nishimoto, Fumi Arase, Kengo Takabayashi, Keita Nishide, Nuria Sanchez Coll, Petra Epple, Ben F. Holt III, Jeffery L. Dangl: Involvement of auxin transcriptional repressor IAA8 on the regulation of programmed cell death via direct interaction with LSD1 in Arabidopsis, XV International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions、国立京都国際会館、2012年8月

(59) Mayumi Egusa, Takuya Miwa, Hironori Kaminaka, Atsushi Ishikawa, Yoshitaka Takano, Motoichiro Kodama: PEN and jasmonic acid mediate resistance in Arabidopsis against Alternaria alternata infection, XV International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions、国立京都国際会館、2012年8月

(60) Keisuke Mase, Nobuaki Ishihama, Hitoshi Mori, Hideki Takahashi, Hironori Kaminaka, Motoichiro Kodama, Hirofumi Yoshioka: Ethylene responsive AP2/ERF transcription factor MACD1 participates in phytotoxin triggered programmed cell death, XV International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions、国立京都国際会館、2012年8月

(61) Koji Iwase, Hironori Kaminaka:Mycorrhizal Differentiation and a Shift to Achlorophylly in the Plants Ericaceae, 2nd Annual World Congress of Microbes-2012(WCM-2012) , Guangzhou, China、2012年8月

(62) 井口陽平、武田直也、川口正代司、上中弘典:アーバスキュラー菌根共生特異的に誘導されるミヤコグサのGARP型転写因子LjGGL1遺伝子の発現解析、第22回植物微生物研究交流会、神戸大学、2012年9月

(63) 長田翔太郎、山本優香、三賀森浩紀、東出真樹子、万庭哲也、柴田哲平、江草真由美、児玉基一朗、上中弘典 :シロイヌナズナの微小管プラス端集積因子AtEB1は細胞死の誘導とAlternaria brassicicolaに対する抵抗性に関与する、平成24年度日本植物病理学会関西部会、とりぎん文化会館、2012年9月

(64) 中口翔太、中村歩、天野晃彰、高林賢吾、中川強、上中弘典:植物のLSD1ホモログ遺伝子群の分子進化と機能解析、第54回日本植物生理学会年会、岡山大学、2013年3月

(65) 井田喜子、山口勝司、真野昌二、藤田みや子、浅尾久世、大和政秀、岩瀬剛二、西村幹夫、重信秀治、上中弘典:RNA-seqによるツツジ科の無葉緑植物ギンリョウソウの全転写産物解析、第54回日本植物生理学会年会、岡山大学、2013年3月

(66) 土井彩加、小泉陽平、上中弘典:エンハンセオソーム転写因子複合体による細胞死誘導関連遺伝子群の転写活性化、第54回日本植物生理学会年会、岡山大学、2013年3月

(67) 横井惇貴、坂本奈穂、荒瀬文、上中弘典:シロイヌナズナのオーキシン受容体タンパク質のインタラクトーム解析、第54回日本植物生理学会年会、岡山大学、2013年3月

(68) 山口勝司、上中弘典、真野昌二、藤田みや子、浅尾久世、石川直子、塚谷裕一、西村幹夫、重信秀治:非モデル植物のde novo RNAseq解析パイプラインの開発、第54回日本植物生理学会年会、岡山大学、2013年3月

(69) 江草真由美、生田暁子、伊福伸介、上中弘典:新規素材キチン・キトサンナノファイバーの植物病原菌に対する抗菌活性、平成25年度日本植物病理学会大会、岐阜大学、2013年3月

(70) 高木紘、渡邊俊介、江草真由美、秋吉信宏、島田裕士、上中弘典、坂本敦:ウレイド化合物を介した植物のストレス適応機構の解明、名古屋大学、2013年度日本土壌肥料学会大会、2013年9月

(71) 山口勝司、上中弘典、真野昌二、藤田みや子、若月幸子、浅尾久世、井田喜子、西村幹夫、重信秀治:de novo RNA-seqで正しいアセンブルモデルを得るためにどうすべきか、神戸国際会議場、NGS現場の会第三回研究会、2013年9月

(72) 高橋美帆、井口陽平、武田直也、川口正代司、上中弘典:アーバスキュラー菌根共生特異的に発現するミヤコグサのGRASファミリー転写因子LjSCL3の機能解析、基礎生物学研究所、第23回植物微生物研究交流会、2013年9月

(73) 横井惇貴、坂本奈穂、荒瀬文、江草真由美、上中弘典:シロイヌナズナのオーキシン受容体のインタラクトーム解析と病害抵抗性における機能解析、北海道大学、日本植物学会第77回大会、2013年9月

(74) 土井彩加、小泉陽平、上中弘典:エンハンセオソーム転写因子複合体による細胞死誘導関連遺伝子群の転写活性化メカニズムの解明、北海道大学、日本植物学会第77回大会、2013年9月

(75) 荒瀬文、西本奈未、天野晃彰、上中弘典:シロイヌナズナの細胞死制御因子LSD1はAux/IAAとの相互作用を介してオーキシン応答を活性化する、北海道大学、日本植物学会第77回大会、2013年9月

(76) 江草真由美、伊福伸介、上中弘典:植物病害防除に向けた新規素材キチン・キトサンナノファイバーの有効性の検証、岡山大学、平成25年度日本植物病理学会関西部会、2013年9月

(77) 田中裕之、向井佳奈子、西浦愛子、上中弘典、辻本壽:Thinopyrum elongatumの1E染色体に存在する新規高分子量グルテニンサブユニット遺伝子の分子構造、鹿児島大学、日本育種学会第124回講演会、2013年10月

(78) 江草真由美、松井英譲、奥田真未、伊福伸介、中神弘史、上中弘典:ナノファイバー化した高分子キチンのエリシター活性と病害抵抗性誘導能、第55回日本植物生理学会年会

(79) 荒瀬文、西本奈未、柴田至、天野晃彰、上中弘典:シロイヌナズナの細胞死制御因子LSD1はAux/IAAとの相互作用を介してオーキシン応答を制御する、第55回日本植物生理学会年会

(80) 高木紘、江草真由美、渡邊俊介、松浦恭和、森泉、平山隆志、島田裕士、上中弘典、坂本敦:プリン代謝中間体アラントインはジャスモン酸応答を惹起する、第55回日本植物生理学会年会

(81) 田中裕之、向井佳奈子、西浦愛子、上中弘典、辻本壽:Thinopyrum elongatumの1E染色体に存在する新規高分子量グルテニンサブユニット遺伝子の分子構造、近畿中国四国農業研究センター、第6回グルテン研究会、2014年5月
(82) 江草真由美、松井英譲、奥田真未、伊福伸介、中神弘史、上中弘典:キチンナノファイバーのエリシター活性と病害抵抗性誘導能、札幌コンベンションセンター、平成26年度日本植物病理学会大会、2014年6月

(83) 江草真由美、松井英譲、奥田真未、伊福伸介、中神弘史、上中弘典:キチン・キトサンナノファイバーを用いた作物病害防除資材の開発、順天堂大学、第28回キチン・キトサンシンポジウム、2014年8月

(84) 井田喜子、山口勝司、真野昌二、藤田みや子、若月幸子、岩瀬剛二、西村幹夫、重信秀治、上中弘典:ツツジ科の菌従属栄養性無葉緑植物ギンリョウソウのトランスクリプトーム解析、明治大学、日本植物学会第78回大会、2014年9月
(85) 長田翔太郎、大和政秀、山口勝司、浅尾久代、松本美和子、谷亀高広、重信秀治、上中弘典:菌寄生性菌根共生システムの解明を目指したラン科植物シランのトランスクリプトーム解析、明治大学、日本植物学会第78回大会、2014年9月
(86) 大谷ユリア、長田翔太郎、大和政秀、山口勝司、山本樹稀、浅尾久代、松本美和子、谷亀高広、重信秀治、上中弘典:ラン科植物シランの菌根共生特異的に発現する遺伝子群の網羅的同定、佐賀大学、第24回植物微生物研究会、2014年9月
(87)山本樹稀、大和政秀、長田翔太郎、山口勝司、浅尾久代、松本美和子、大谷ユリア、谷亀高広、重信秀治、上中弘典:ラン科植物シランの菌根共生実験系構築とトランスクリプトーム解析、菌根研究会2014年度大会

(88)上中弘典、山口勝司、井田喜子、三柴啓一郎、岩瀬剛二、西村幹夫、重信秀治、真野昌二:ツツジ科植物の比較トランスクリプトーム解析による非光合成植物における無葉緑性の進化の解明、第56回日本植物生理学会年会

(89)北野生薫、西口沙加也、吉本理子、中島廣光、藪田行哲、上中弘典、寺石政義、奥本裕、森直樹、石原亨:イネのジャポニカ種およびインディカ種におけるファイトアレキシン、サクラネチンの蓄積、日本農薬学会第40回大会

(90)江草真由美、松井英譲、中神弘史、伊福伸介、上中弘典:植物病害防除における高分子キチン・キトサンのナノファイバー化の有効性について、平成27年度日本植物病理学会大会

(91) 山口勝司、浅尾久世、松本美和子、秋田朝日、尾納隆大、上中弘典、大和政秀、重信秀治:Synthetic long-read 法を用いた完全長トランスクリプトーム解析、NGS現場の会第四回研究会
(92) 江草真由美、岩本涼、上中弘典、伊福伸介:抗菌効果をもつ新規素材キチン・キトサンナノファイバー、日本防菌防黴学会第42回年次大会

(93) 永江(雨坪)知音、江草真由美、東和生、上中弘典、長島正明、伊福伸介:廃カニ殻由来の新繊維「マリンナノファイバー」の製造とその利用開発、日本食品工学会第16回年次大会

(94) 上中弘典、山口勝司、井田喜子、三柴啓一郎、岩瀬剛二、西村幹夫、重信秀治、真野昌二:ツツジ科植物の比較解析から見えてきた菌従属栄養植物の適応進化と無葉緑化(シンポジウム「適応形質の進化」)、日本植物学会第79回大会
(95) 田中裕之、江草真由美、竹村圭弘、岩田侑香里、永江知音、伊福伸介、上中弘典:キチンナノファイバー添加小麦粉による製パン性の向上、第7回グルテン研究会
(96) 北野生薫、西口沙加也、吉本理子、中島廣光、藪田行哲、上中弘典、寺石政義、奥本裕、森直樹、石原亨:イネのジャポニカ種およびインディカ種におけるファイトアレキシン、サクラネチンの蓄積、植物化学調節学会第50回記念大会
(97) 三浦千裕、末次健司、大和政秀、山口勝司、高橋和也、井田喜子、重信秀治、上中弘典:ハマカキランのアルビノ個体を用いたトランスクリプトーム解析による菌従属栄養性に関与する遺伝子群の探索、第25回植物微生物研究会

(98) 山本樹稀、三浦千裕、長田翔太郞、大谷ユリア、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:ラン科植物シランの発芽後の初期成長における菌根共生の役割、第25回植物微生物研究会

(99) 山本樹稀、古井佑樹、三浦千裕、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:ラン科植物シランの菌根共生における植物ホルモンの影響、菌根研究会2015年度大会
(100) 三浦千裕、末次健司、大和政秀、山口勝司、高橋和也、井田喜子、重信秀治、上中弘典:ハマカキランのアルビノ個体を用いたトランスクリプトーム解析による菌従属栄養性に関与する遺伝子群の探索、菌根研究会2015年度大会
(101) Chihiro Miura, Tatsuki Yamamoto, Masahide Yamato, Katsushi Yamaguchi, Shotaro Nagata, Yuria Otani, Hisayo Asao, Miwako Matsumoto, Takahiro Yagame, Shuji Shigenobu, Hironori Kaminaka:Involvement of auxin and gibberellic acid in the regulation of mycorrhizal symbiosis in Bletilla striata (Orchidaceae)、第57回日本植物生理学会年会
(102) 松井英譲、野村有子、玄康洙、江草真由美、上中弘典、中神弘史:MAMP応答性リン酸化タンパク質MARK1は病原菌感染による細胞死を制御する、平成28年度日本植物病理学会大会
(103) Shotaro Nagata, Yuria Otani, Hisayo Asao, Miwako Matsumoto, Takahiro Yagame, Shuji Shigenobu, Hironori Kaminaka:Involvement of auxin and gibberellic acid in the regulation of mycorrhizal symbiosis in Bletilla striata (Orchidaceae), XVII International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions
(104) Hidenori Matsui, Yuko Nomura, Mayumi Egusa, Gang-Su Hyon, Hironori Kaminaka, Marco Trujillo, Ken Shirasu, Hirofumi Nakagami:PAMP-responsive phosphoprotein MARK1 limits program cell death induction, XVII International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions
(105) 永江(雨坪)知音、江草真由美、東和生、上中弘典、長島正明、伊福伸介:カニ殻由来の新素材「マリンナノファイバー R」~物性改良とヘルスケア~、日本食品工学会第17回年次大会
(106) 鈴木健太、江草真由美、上中弘典、井澤浩則、斎本博之、伊福伸介:キチンナノファイバー/木質粉砕物複合体の農業用資材への展開、第30回キチン・キトサン学会大会
(107) 伊福伸介、浦上剛士、江草真由美、上中弘典、井澤浩則、斎本博之:キチンナノファイバー/タンパク質複合体の製造とその機能、第30回キチン・キトサン学会大会
(108) 岩本涼、斎本博之、伊福伸介、江草真由美、田中裕之、上中弘典:キチンナノファイバー添加小麦粉による製パン性の向上、セルロース学会第23回年次大会
(109) 古井佑樹、三浦千裕、山本樹稀、山口勝司、谷亀高広、大和政秀、重信秀治、上中弘典:ラン科植物シランの無菌発芽系におけるトランスクリプトーム解析と植物ホルモンの影響評価、日本植物学会第80回大会
(110) 高嶋さらさ、武田直也、今泉(安楽)温子、江草真由美、伊福伸介、上中弘典:キチンナノファイバーはマメ科植物の共生を促進する、第26回植物微生物研究交流会
(111) 三浦千裕、山口勝司、宮原良平、山本樹稀、谷亀高広、今泉 (安楽)温子、重信秀治、大和政秀、上中弘典:ラン科植物シランにおける共通共生遺伝子群の解析、第26回植物微生物研究交流会
(112) 山本樹稀、三浦千裕、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:オーキシンおよびジベレリンはラン科植物シランの菌根共生の制御に関与する、第26回植物微生物研究交流会
(113) Tatsuki Yamamoto, Chihiro Miura, Takahiro Yagame, Masahide Yamato, Hironori Kaminaka: Involvement of auxin and gibberellic acid in the regulation of mycorrhizal symbiosis in Bletilla striata (Orchidaceae) 、日韓合同国際シンポジウム(AFELiSA)2016年度大会
(114) Yuki Furui, Chihiro Miura, Tatsuki Yamamoto, Katsushi Yamaguchi, Takahiro Yagame, Masahide Yamato, Shuji Shigenobu, Hironori Kaminaka: Transcriptome analysis of asymbiotically germinated Bletilla striata (Orchidaceae) and effects of phytohormones on germination、日韓合同国際シンポジウム(AFELiSA)2016年度大会
(115) 藤雅子、三浦千裕、込山真太朗、山本樹稀、本城真也、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:ラン科植物とTulasnella 属菌間の共生親和性の解析、菌根研究会2016年度大会
(116) 山本樹稀、三浦千裕、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:オーキシンおよびジベレリンはラン科植物シランの菌根共生の制御に関与する、菌根研究会2016年度大会
(117) 古井佑樹、山本樹稀、三浦千裕、谷亀高広、大和政秀、上中弘典:ジベレリン生合成阻害剤によるラン科植物の発芽と共生の促進効果、日本農薬学会第42回大会
(118) Chihiro Miura, Tatsuki Yamamoto, Katsushi Yamaguchi, Yuri Kanno, Takahiro Yagame, Masahide Yamato, Mitsunori Seo, Shuji Shigenobu, Hironori Kaminaka:Gibberellin-mediated defense responses on the mycorrhizal symbiosis in Bletilla striata (Orchidaceae)、第58回日本植物生理学会年会
(119) Mayumi Egusa, Shiori Nakatani, Chihiro Miura, Sumire Matsukawa, Jyunpei Yamada, Yoko Nishizawa, Shinsuke Ifuku, Hironori Kaminaka:The mechanisms underlying growth promotion in chitin-treated plants、第58回日本植物生理学会年会
(120) Hiroshi Takagi, Yasuhiro Ishiga, Mayumi Egusa, Hiroshi Shimada, Hironori Kaminaka, Atsushi Sakamoto:Arabidopsis xanthine dehydrogenase1 is involved in resistance to a broad range of microbial pathogens、第58回日本植物生理学会年会
(121) Roxana Y. Parada, Mayumi Egusa, Yihun Fantahun Aklog, Shinsuke Ifuku, Hironori Kaminaka:Chitin nanofiber: a promising novel material for plant disease control、平成29年度日本植物病理学会大会

上中 弘典

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:植物分子生物学
Email:kaminaka@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5378
Fax :0857-31-5378

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター