学会発表

  1. 原田和記・内山万利子・星輝行・高橋敏雄:鶏の豚丹毒菌病の生前診断を目的としたPCRスクリーニング法の検討.第147回日本獣医学会学術集会、栃木県総合文化センター                           2009年4月
  2. 原田和記・木島まゆみ・内山万利子・山本朋子・大石弘司・荒尾恵・高橋敏雄:Mycoplasma synoviaeのワクチン株及び野外株の遺伝子型別の検討.第148回日本獣医学会学術集会、鳥取大学            2009年9月
  3. 森本英理可・原田和記・片岡康・高橋敏雄:ブリーダーの子犬間における薬剤耐性大腸菌のクローン性の拡大.第150回日本獣医学会学術集会、帯広畜産大学                     2010年10月
  4. 山城織子・原田和記・片岡康・高橋敏雄:子犬および子猫由来腸球菌の菌種同定とVRE遺伝子の検出.第150回日本獣医学会学術集会、帯広畜産大学                        2010年10月
  5. 新名彩加・中井悠華・原田和記・片岡康・高橋敏雄:犬の泌尿生殖器疾患由来大腸菌の病原性因子の保有状況調査と薬剤耐性分布との関係解析.第150回日本獣医学会学術集会、帯広畜産大学            2010年10月
  6. 村松昌武・原田和記・鈴木祥子・田村豊・澤田拓士・高橋敏雄:Erysipelothrix tonsillarumの免疫抑制剤を投与した豚における病原性評価.第150回日本獣医学会学術集会、帯広畜産大学      2010年10月
  7. 中井悠華・原田和記・片岡康・高橋敏雄:犬及び猫の腸管外病原性大腸菌のセファロスポリン耐性機構に関する検討.第152回日本獣医学会学術集会、大阪府立大学                                     2011年9月
  8. 有馬さゆり・原田和記・片岡康・高橋敏雄:犬及び猫由来緑膿菌の薬剤感受性調査及びフルオロキノロン耐性機構に関する検討.第152回日本獣医学会学術集会、大阪府立大学                           2011年9月
  9. 島恵理・原田和記・片岡康・高橋敏雄:医療用ディスクのMannheimia haemolyticaに対する有用性に関する検討.第152回日本獣医学会学術集会、大阪府立大学                                      2011年9月
  10. 岡田絵梨香・原田和記・片岡康・澤田拓士・高橋敏雄:飼い犬及び飼い主の糞便由来大腸菌の性状比較に関する検討.第152回日本獣医学会学術集会、大阪府立大学                                     2011年9月
  11. E. Watando, N. Murayama, Y. Terada, M. Okuaki, Y. Kataoka, M. Nagata, and K. Harada: Comparative in vitro efficacy of antimicrobial shampoos for Staphylococcus pseudintermedius and S. schleiferi subsp. coagulans. 7TH World Congress of Veterinary Dermatology, Vancouver, Canada. 2012年7月

 

原田 和記

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医内科学
Email:k-harada@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5432
Fax :0857-31-5432

鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター