その他業績

(1) 著書(著書と重複しないもの)
1) 佐野淳之・藤本征司・川崎舜平:天然林における樹群構造と更新の解析(第2報)、北海道営林局(直轄)管内の天然林の樹種構成とその特徴について、pp. 2-15、北海道営林局編、北海道営林局、札幌          1982
2) 佐野淳之:天然林の見方. 数値でみる北海道の森林、pp. 10-13、北海道営林局編、北方林業会、札幌          1982
3) 佐野淳之:天然林を考える. 続いていくミズナラ林”更新の連続性”、pp. 26-31、北海道営林局編、北方林業会、札幌        1985

(2) 論文(原著論文と重複しないもの,レフェリー制のないもの)
1)佐野淳之:群落構造の解析による天然生ミズナラ林の更新様式に関する研究. 北海道大学演習林研究報告, 45: 221-266         1988
2) 日浦勉・佐野淳之・紺野康夫:北海道中央部、温泉山の亜寒帯針葉樹林の構造発達と撹乱の再来間隔. ひがし大雪博物館研究報告、14: 29-37       1992
3) 佐野淳之:「生物」の野外教育”春の植物観察を中心として”. 北海道札幌稲北高研究紀要、5: 114-118            1992
4)Sano, J, Hashimoto, H. and Ogasawara, R. : Growth patterns of Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa Endl.) on gentle and steep slopes: Implications for a forest management system. Journal of Faculty of Agriculture, Tottori University、32: 1-8             1996
5)佐野淳之・福本靖子・橋本里絵・小笠原隆三:アカマツ二次林の林冠下に植栽されたスギ下層木の成長. 鳥取大学農学部研究報告、49: 1-6      1996
6)Sano, J. : Species diversity in secondary forests in relation to disturbance regime. The current topics of agricultural research in Japan and Korea、8: 12-15    1997
7) 佐野淳之・大塚次郎:鳥取大学蒜山演習林における落葉性広葉樹二次林の樹種構成と種多様性 撹乱履歴の異なる2つのサイトの比較 . 鳥取大学農学部演習林研究報告、25: 1-10          1998
8) 佐野淳之:二次林の景観と構造に与える撹乱履歴の影響. 国際景観生態学会日本支部会報、4: 41-42           1998
9) 佐野淳之・常盤智美・伊藤佐知子: 温帯におけるアカマツ衰退後の二次林の管理に関する基礎的研究”ブナ科3種およびタブノキの更新様式”. 広葉樹研究、8: 1-9             1999
10) 佐野淳之・菊池謙作: 植栽木の天然更新”鳥取大学構内のケヤキ稚樹の消長と成長”. 広葉樹研究、9: 65-74          2001
11) 佐野淳之・本間環・山本福壽・日置佳之・岡本宗裕・山中典和・清水寛厚・鶴崎展巨・松原研一・松岡淳:鳥取大学演習林における生物多様性調査. 鳥取大学演習林研究報告、27: 71-75           2002
12) 佐野淳之:鳥取大学蒜山演習林の広葉樹林生態系 広葉樹林の動態解明と二次林の生態系管理に向けて”. 林業技術、738: 22-23       2003
13) 岩田陽子・佐野淳之:植栽木の生育特性と維持管理に関する基礎的研究 ユリノキとケヤキの活力度と生育条件 . 広葉樹研究、11: 23-34      2005
14) 佐野淳之:大山・蒜山の森林に与えた過去の人間活動の影響. 国立公園、646: 16-19            2006
15) 原田早妥佳・佐野淳之:ブナ林の再生と管理に関する基礎的研究 母樹からの距離に応じたブナ稚樹の更新様式 . 広葉樹研究、13:1-10  2009年3月
16) 佐野淳之:火入れが森林植生に与える影響 蒜山地域における火入れ実験の試みー. 森林科学, 55: 14-17      2009年3月

(3) 調査報告書
1) 佐野淳之:国立公園大山の森林生態系に与えた過去の人間活動の影響”撹乱履歴と森林の種組成”. 山陽放送学術文化財団リポート、46: 35-38      2002
2) 佐野淳之・山中典和・長山泰秀・玉井重信・王賀新・周志権・呉月亮・鄒学忠:中国遼寧省におけるモンゴリナラ(Quercus mongolica)の樹齢分布と成長様式. 中国東部における乾燥傾度と植生変化に関する研究(研究代表者:山中典和)、日本生命財団研究助成金研究成果報告書、17-22        2002
3) 佐野淳之:鳥取大学蒜山演習林の広葉樹林における植物の種多様性. 我が国の広葉樹二次林における生産量および炭素固定機能の評価(研究代表者:八木久義)、科学研究費補助金研究成果報告書 :107-113          2003
4) Tamai, S., Ando, M. and Sano, J.:Effect of climate change on the species composition and productivity of plant communities in Cukurova Plain   Vegetation Sub-Group Progress Report   . The Interim Report of the Research Project on Impact of Climate Changes on Agricultural Production System in Arid Areas (ICCAP): 71-73 2004
5) Tamai, S., Ando, M. and Sano, J.:Stand structure of plant communities in Cukurova Plain. The Interim Report of ICCAP: 75-78       2004
6) Ando, M., Sano, J. and Tamai, S.:The effects of global warming on the tree species composition in forests of the eastern Mediterranean region in Turkey   the vertical distribution of the vegetation on the basin of the Seyhan and Ceyhan rivers  . The Interim Report of ICCAP: 79-82        2004
7) Sano, J., Tamai, S. and Ando, M.:An interim report on the effects of global warming on the species composition and vegetation productivity in the eastern Mediterranean region of Turkey   Species composition and environmental factors along the vertical distribution of trees in Cukurova Plain   . The Interim Report of ICCAP: 83-87              2004
8) Tamai, S., Ando, M., Sano, J. and Kato, K. : An advance report of the vegetation sub-group of the ICCAP in FY2005 – Field research on the vegetation productivity and the estimation of future vegetation patterns -. The Advance Report of ICCAP: 79-84            2006

佐野 淳之

生物資源環境学科
国際環境科学
分野:森林生態系管理学
Email:jsano@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5604
Fax :0857-31-5604

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター