学会発表

(1) 水禽由来インフルエンザウイルスの鶏での増殖能獲得機序. 伊藤啓史、井上 和幸、大槻公一、河岡義裕、伊藤壽啓. 第21回中国四国ウイルス研究会 川崎医科大学 2005年

(2) 鶏気嚢継代によるニューカッスル病ウイルスの強毒化. 南 要絵、常國良太、伊藤啓史、河岡義裕、喜田 宏、伊藤壽啓. 第21回中国四国ウイルス研究会 川崎医科大学 2005年

(3) 水禽由来弱毒ニューカッスル病ウイルスの病原性獲得に対するHN蛋白の役割. 常国良太、伊藤啓史、河岡義裕、喜田宏、伊藤壽啓. 第21回中国四国ウイルス研究会 川崎医科大学 2005年

(4) Outbreak of highly pathogenic avian influenza in Japan and anti-influenza virus activity of povidone iodine products. Ito, H. and Ito T. 5th Asian Pacific Congress on Antisepsis. オーストラリア ケアンズ 2005年

(5) ニューカッスル病ウイルスのアヒルにおける病原性の獲得. 伊藤 啓史、野村 文恵、大槻 公一、伊藤 壽啓. 第22回中国四国ウイルス研究会 鳥取大学 2006年

(6) インフルエンザウイルスの腸管増殖能に関わるNA蛋白のlow-pH抵抗性. 藤本 佳万、小島 三奈、伊藤 啓史、河岡 義裕、大槻 公一、伊藤 壽啓. 第22回中国四国ウイルス研究会 鳥取大学 2006年

(7) 市販鶏卵の卵黄による鳥インフルエンザ(AI)抗体のスクリーニングの野外における有効性確認とAI抗体浸潤状況の調査. 白田 一敏、伊藤 啓史、伊藤 壽啓、大槻 公一、加藤 宏光. 第142回日本獣医学会学術集会 山口大学 2006年

(8)鶏から分離された弱毒タイプ高病原性鳥インフルエンザウイルスの強毒化の検討. 伊藤 啓史、伊藤 壽啓. 第23回中国四国ウイルス研究会 愛媛県立環境衛生研究所 2007年

(9) 野生水禽由来鳥インフルエンザウイルスの鶏継代による病原性獲得機構

冨田 めぐみ、藤本 佳万、伊藤 啓史、大槻 公一、伊藤 壽啓 第23回中国四国ウイルス研究会 愛媛県立環境衛生研究所 2007年

(10) A型インフルエンザウイルスの鶏での増殖に関する因子の検索.岡松正敏、真瀬昌司、塚本健司、伊藤啓史、伊藤壽啓、西藤岳彦 第55回日本ウイルス学会学術集会 北海道札幌市 北海道大学大学院 2007年10月

(11) アカゲザルを用いた中国ヒト由来H5N1鳥インフルエンザウイルスの病原性解析.新矢(田中)恭子、村本裕紀子、Yuwei Gao、Guohua Deng、Shufang Fan、Qiyun Zhu、Hualan Chen、野田岳志、田村大輔、伊藤啓史、伊藤壽啓、河岡義裕 第55回日本ウイルス学会学術集会 北海道札幌市 北海道大学大学院 2007年10月

(12) H5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスに対する陸生野鳥の感受性.藤本佳万、新矢恭子、伊藤 啓史、伊藤 壽啓.第145回日本獣医学会学術集会 神奈川県相模原市 麻布大学 2008年3月

(13) Characterization of H5N1 highly pathogenic avian influenza virus isolated from a mountain hawk eagle in Japan.Sakar Shivakoti、藤本佳万、伊藤 啓史、伊藤 壽啓.第145回日本獣医学会学術集会 神奈川県相模原市 麻布大学 2008年3月

(14) オオジュリン(Emberiza schoenicles)に認められたAvipoxvirus感染症.山口剛士、中森純也、島田章則、笛吹達史、伊藤啓史、尾崎弘一、伊藤壽啓.第14回日本野生動物医学会大会 兵庫県神戸市 神戸大学農学部 2008年9月

高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)オオハクチョウ分離株の起源に関する分子系統解析.笛吹達史、山口剛士、伊藤啓史、尾崎弘一、村瀬敏之、伊藤壽啓.第147回日本獣医学会学術集会 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 2009年4月

(15) ベトナム北部の野鳥から分離されたH9N2亜型鳥インフルエンザウイルスの性状解析.中村保紀、大槻公一、常國良太、村瀬敏之、小野悦郎、伊藤壽啓、山口剛士、伊藤啓史、尾崎弘一、笛吹達史、中森純也、Lien Phuong Song、Quynh Mai Le Thi、山城哲、森田公一、高桑弘樹.第147回日本獣医学会学術集会 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 2009年4月

(16) ベトナム北部から分離されたニューカッスル病ウイルスの性状解析.常國良太、大槻公一、村瀬敏之、小野悦郎、伊藤壽啓、山口剛士、伊藤啓史、尾崎弘一、笛吹達史、中森純也、Lien Phuong Song、Quynh Mai Le Thi、山城哲、森田公一、高桑弘樹.第147回日本獣医学会学術集会 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 2009年4月

(17) 高病原性トリインフルエンザウイルスの病原性とM2蛋白の関わり.藤本佳万、冨田めぐみ、伊藤啓史、伊藤壽啓.第147回日本獣医学会学術集会 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 2009年4月

(18) 野生水禽由来鳥インフルエンザウイルスの鶏雛気嚢継代による病原性の獲得.冨田めぐみ、藤本佳万、伊藤啓史、伊藤壽啓.第147回日本獣医学会学術集会 栃木県宇都宮市 栃木県総合文化センター 2009年4月

(19) 高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性とM2蛋白の機能.藤本佳万、 冨田めぐみ、伊藤啓史、伊藤壽啓.第24回中国四国ウイルス研究会 岡山県岡山市 ピュアリティまきび 2009年7月

(20) Development of highly sensitive LAMP method for detection of influenza A virus targeting M gene.Sakar Shivakoti、Hiroshi Ito、Toshihiro Ito.第24回中国四国ウイルス研究会 岡山県岡山市 ピュアリティまきび 2009年7月

(21) 2008年にオオハクチョウから分離したH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの起源に関する分子系統解析.笛吹達史、伊藤啓史、尾崎弘一、村瀬敏之、伊藤壽啓、山口剛士.第24回中国四国ウイルス研究会 岡山県岡山市 ピュアリティまきび 2009年7月

(22) 鳥取県内で捕獲された陸生渡り鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルスに対する感受性.藤本佳万、伊藤啓史、新矢恭子、伊藤壽啓.鳥取県獣医学会.第43回鳥取県獣医学会 鳥取県鳥取市 鳥取県立福祉人材研修センター 2009年7月

(23) 野生水禽由来インフルエンザウイルスの山陰地方における疫学調査.伊藤壽啓、藤本佳万、Sakar Shivakoti、伊藤啓史.第43回鳥取県獣医学会 鳥取県鳥取市 鳥取県立福祉人材研修センター 2009年7月

(24) 鶏雛気嚢継代による低病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性の獲得.冨田めぐみ、藤本佳万、伊藤啓史、伊藤壽啓.第43回鳥取県獣医学会 鳥取県鳥取市 鳥取県立福祉人材研修センター 2009年7月

(25) 鳥インフルエンザ迅速診断法の食鳥肉衛生への応用.石井さやか、伊藤啓史、伊藤壽啓.第43回鳥取県獣医学会 鳥取県鳥取市 鳥取県立福祉人材研修センター 2009年7月

(26) 鳥インフルエンザウイルス内部遺伝子のウイルス増殖能及び宿主免疫に与える影響.渡辺千晶、内田裕子、廣本靖明、竹前喜洋、林豪士、伊藤啓史、伊藤壽啓、津田知幸、西藤岳彦.第148回日本獣医学会学術集会 鳥取県鳥取市 とりぎん文化会館 2009年9月

(27) 野生水禽由来インフルエンザウイルスの山陰地方における疫学調査.伊藤壽啓、藤本佳万、Sakar Shivakoti、伊藤啓史.平成21年度日本獣医公衆衛生学会(中国) 島根県松江市 くにびきメッセ 2009年10月

(28) 鳥取県内で捕獲された陸生渡り鳥の高病原性鳥インフルエンザウイルスに対する感受性.藤本佳万、伊藤啓史、新矢恭子、伊藤壽啓.平成21年度日本獣医公衆衛生学会(中国) 島根県松江市 くにびきメッセ 2009年10月

(29) 鶏雛気嚢継代による低病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性の獲得.冨田めぐみ、藤本佳万、伊藤啓史、伊藤壽啓.平成21年度日本獣医公衆衛生学会(中国) 島根県松江市 くにびきメッセ 2009年10月

(30) 鳥インフルエンザ迅速診断法の食鳥肉衛生への応用.石井さやか、伊藤啓史、伊藤壽啓.平成21年度日本獣医公衆衛生学会(中国) 島根県松江市 くにびきメッセ 2009年10月

(31) 鳥インフルエンザウイルス内部遺伝子のウイルス増殖能性・宿主免疫遺伝子発現に与える影響.渡辺千晶、内田裕子、廣本靖明、竹前喜洋、林豪士、伊藤啓史、伊藤壽啓、津田知幸、西藤岳彦.第57回日本ウイルス学会学術集会 東京都千代田区 都市センターホテル 2009年10月

(32) ウズラ免疫関連遺伝子の発現解析を目的としたreal-time PCR法によるmRNA定量系の構築.宇野有紀子、笛吹達史、伊藤啓史、尾崎弘一、村瀬敏之、伊藤壽啓、山口剛士.第149回日本獣医学会学術集会 東京都武蔵野市 日本獣医科学生命大学 2010年3月

(33) 野生水禽由来鳥インフルエンザウイルスの鶏継代による病原性獲得機構Ⅱ.藤本佳万、伊藤啓史、伊藤壽啓.第25回中国四国ウイルス研究会 岡山県岡山市 岡山大学 2010年6月

(34) ニューカッスル病ウイルスを検出するLAMP法の開発.松村一輝、伊藤啓史、伊藤壽啓.第25回中国四国ウイルス研究会 岡山県岡山市 岡山大学 2010年6月

(35) ニューカッスル病ウイルスを検出するLAMP法の開発.松村一輝、伊藤啓史、伊藤壽啓.第44回鳥取県獣医学会 鳥取県鳥取市 鳥取県立福祉人材研修センター 2010年7月

伊藤 啓史

共同獣医学科
応用獣医学
分野:獣医公衆衛生学
Email:itoh@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5595
Fax :0857-31-5595

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター