学会発表

2017

  1. 林大 輝、品川松美、河野 強、岩﨑 崇:ポリヒスチジン修飾リポソームを利用したリソソーム酵素補充法の開発基盤研究 第12回ケミカルバイオロジー学会
  2. 岩﨑 崇、徳田佳久、小竹彩香、笹原駿介、河野 強:細胞膜透過ペプチド『ポリヒスチジン』の薬物輸送キャリアーとしての機能評価 第12回ケミカルバイオロジー学会

 

2016

  1. S. Kimura, T. Kawano and T. Iwasaki: SHORT POLY-HISTIDINE PEPTIDES PENETRATE EFFECTIVELY INTO NICOTIANA TABACUM CULTURED CELLS AND SACCHAROMYCES CEREVISIAE CELLS. 第53回ペプチド討論会
  2. T. Hayashi, M. Shinagawa, T. Kawano and T. Iwasaki: CELLULAR UPTAKE AND LYSOSOMAL TARGETING PROPERTY OF POLY-HISTIDINE PEPTIDE-MODIFIED LIPOSOME. 第53回ペプチド討論会
  3. Y. Kunimatsu, M. Saga, T. Iwasaki and T. Kawano: NLP-3, A C-TERMINAL PEPTIDE AMIDE OF CAENORHABDITIS ELEGANS REGULATES ITS LARAVAL DIAPAUSE BY MODULATING SECRETION OF A TGF-b-LIKE PEPTIDE, DAF-7. 第53回ペプチド討論会
  4. T. Matsukawa, Y. Matsunaga, T. Iwasaki, K. Nagata, M. Tanokura and T. Kawano: COMPARISON OF PHYSIOLOGICAL FUNCTIONS BETWEEN ANTAGONISTIC INSULIN-LIKE PEPTIDES, INS-23 AND INS-18 IN CAENORHABDITIS ELEGANS. 第53回ペプチド討論会
  5. 井上 千穂、河野 強、岩﨑 崇:ヒスチジンリッチタンパク質/ペプチドの細胞膜透過機能に関する研究 平成28年度日本農芸化学会
  6. 河野 強、藤森 匠、小松 真希、岩﨑 崇:初代培養細胞を用いた線虫C. elegans インスリン様分子の評価系構築 平成28年度日本農芸化学会
  7. 嵯峨 聖月、岩﨑 崇、河野 強:線虫C. elegansの幼虫休眠を制御する短鎖ペプチドの探索 平成28年度日本農芸化学会
  8. S. Kimura, T. Kawano and T. Iwasaki: Short polyhistidine peptides penetrate effectively into Nicotiana tabacum-cultured cells and Saccharomyces cerevisiae cells. AFELiSA 2016

 

2015

  1. Y. Matsunaga, Y. Honda, S. Honda, T. Iwasaki, H. Qadota, GM. Benian and T. Kawano: Caenorhabditis elegans insulin-like peptide, INS-35 and INS-7, change their secretion polarity in larval diapause. 第52回ペプチド討論会
  2. T. Iwasaki, Y. Tokuda, A. Kotake, H. Okada, S. Takeda, S. Kimura, M. Shinagawa and T. Kawano. Functional analysis of novel cell-penetrating peptide “Polyhistidine” for application to drug delivery. 第52回ペプチド討論会
  3. 岩﨑 崇:新しい細胞膜透過ペプチド『ポリヒスチジン』 日本農芸化学会 中四国支部 第19回若手シンポジウム
  4. 井藤恭仁子、中島清実、岩﨑 崇、一柳 剛、河野 強:サツマイモネコブセンチュウの忌避/誘引物質 平成27年度日本農芸化学会
  5. 河野 強、松永洋平、本田陽子、本田修二、岩﨑 崇、門田裕志:線虫C. elegansにおける新たなインスリン様シグナル制御機構 平成27年度日本農芸化学会
  6. 丸山航平、志和 睦、河部陽平、和田崇史、竹下勇斗、河野 強、岩﨑 崇:エンドウヒゲナガアブラムシのToll経路において機能するToll受容体の特定 平成27年度日本農芸化学会
  7. 田村 丹、岩﨑 崇、森 信寛、有馬二朗:細胞増殖抑制活性を有する非天然アミノ酸含有ジペプチド誘導体の構造と活性との相関 平成27年度日本農芸化学会
  8. 木村さやか、河野 強、薮田行哲、岩﨑 崇:植物・酵母細胞に対するポリヒスチジンの細胞壁・細胞膜透過の解析 平成27年度日本農芸化学会
  9. 品川松美、小竹彩香、河野 強、岩﨑 崇:ポリヒスチジン(H16)修飾リポソームの開発と機能解析 平成27年度日本農芸化学会
  10. 小竹彩香、徳田佳久、河野 強、岩﨑 崇:細胞膜透過ペプチド:ポリヒスチジン(H16)の細胞内挙動の解析 平成27年度日本農芸化学会
  11. K. Matsuura, T. Honjyo, T. Iwasaki: Dressed up Artificial Viral Capsids Self-assembled from beta-Annulus Peptide. PACIFICHEM 2015
  12. T. Sakata, T. Iwasaki, K. Matsuura: Creation of Artificial Viral Capsid modified Oligohistidine Chain. PACIFICHEM 2015
  13. 岩﨑 崇:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの応用研究 平成26年度日本農芸化学会中四国支部大会

 

2014

  1. 河野 強、大道由香里、竹歳悠希、岩﨑 崇、一柳 剛:線虫Caenorhabiditis elegans の休眠打破物質の単離と受容体の探索 平成26年度日本農芸化学会
  2. 田村 丹、岩﨑 崇、森 信寛、有馬二朗:非天然アミノ酸D-Nle を含有するジペプチド誘導体の腫瘍細胞に対する細胞毒性 平成26年度日本農芸化学会
  3. 綿谷佳久、小竹彩香、河野 強、岩﨑 崇:新規細胞膜透過ペプチド「ポリヒスチジン」の分子機構の解析 平成26年度日本農芸化学会
  4. 岩﨑 崇、綿谷佳久、小竹彩香、河野 強:新規細胞膜透過ペプチド「ポリヒスチジン」の発見 平成26年度日本農芸化学会
  5. 西村芳貴、西岡実穂、岩﨑 崇、一柳 剛、石原 享、會見忠則、河野 強:エリンギに含まれる抗腫瘍物質の単離・構造解析 平成26年度日本農芸化学会

 

2013

  1. 松川隼也、松永洋平、岩﨑 崇、河野 強:線虫 C. elegans のインスリン様ペプチドINS-23 の機能解析 平成25年度日本農芸化学会
  2. 石橋 純、朝岡 愛、岩﨑 崇、鈴木秀明、永野富郎、中村 允、宮澤光博、山川 稔:カブトムシディフェンシン改変ペプチドとリン脂質膜の表面プラズモン共鳴による相互作用解析 平成25年度日本農芸化学会
  3. 田村 丹、岩﨑 崇、森信 寛、有馬二朗:D-,L-配列を有するジペプチド類の酵素合成と抗腫瘍活性ジペプチドの探索 平成25年度日本農芸化学会
  4. Y. Tokuda, A. Kotake, T. Kawano and T. Iwasaki. Novel cell penetrating peptides: Poly-histidine peptides. 第49回ペプチド討論会
  5. 藤森 匠、小松真希、松永洋平、岩﨑 崇、河野 強:線虫 C. elegansのインスリン様ペプチド INS-6 の機能解析 日本農芸化学会中四国支部大会(第34回講演会)

 

2012

  1. 中村 允、鈴木秀明、岩﨑 崇、朝岡 愛、河野悠介、解野誠司、永岡富郎、石橋 純:抗微生物ペプチドを利用した抗菌性素材の開発 平成24年度日本農芸化学会
  2. 松永洋平、片山侑希、岩﨑 崇、河野 強:線虫Caenorhabditis elegansのインスリン様ペプチドINS-35の幼虫休眠制御機構 平成24年度日本農芸化学会
  3. 中島健輔、松永洋平、玄行-安藤恵子、三谷昌平、岩﨑 崇、河野 強:線虫Caenorhabditis elegansのインスリン様ペプチドINS-17の発現とその制御機構 平成24年度日本農芸化学会
  4. T. Iwasaki, M. Komatsu, T. Fujimori and T. Kawano:Functional analysis of INS-6, one of the insulin-like peptides in C. elegans using primary culture. 第48回ペプチド討論会
  5. Y. Matsunaga, T. Iwasaki and T. Kawano: Control mechanism of larval diapause by INS-35, one of the insulin-like peptides, in Caenorhabditis elegans.

 

2011

  1. 片山侑希、坂本晃市、河野佳世、松永洋平、岩﨑 崇、河野 強:線虫C. elegansの休眠を制御するインスリン様ペプチドINS-35 平成23年度日本農芸化学会
  2. 松永洋平、玄行-安藤恵子、三谷昌平、岩﨑 崇、河野 強:線虫Caenorhabditis elegansのインスリン様ペプチドINS-18の発現制御機構 平成23年度日本農芸化学会
  3. Y. Matsunaga, H. Ito, K. Gengyo-Ando, S. Mitani, T. Iwasaki and T. Kawano: Antagonistic insulin-like peptides regulate larval diapause and lifespan in Caenorhabditis elegans. Biochemistry and Molecular Biology 2010
  4. Y. Matsunaga, K. Gengyo-Ando, S. Mitani, T. Iwasaki and T. Kawano: An approach to elucidate crosstalk between TGF-b and inslin/IGF-I signaling in Caenorhabditis elegans. 4th East Asian C. Elegans Meeting
  5. Y. Omichi, K. Gouda, T. Iwasaki and T. Kawano: Analysis of a new pathway regulating larval diapause in Caenorhabditis elegans. 4th East Asian C. Elegans Meeting
  6. Y. Matsunaga, K. Gengyo-Ando, S. Mitani, T. Iwasaki and T. Kawano: INS-18, one of Caenorhabditis elegans insulin-like peptides, is required for the crosstalk of TGF-b signaling with inslin/IGF-I signaling. 18th International C. elegans Meeting
  7. Y. Omichi, K. Gouda, Y. Matsunaga, T. Iwasaki and T. Kawano: An altered method of feeding RNAi that knocks down multiple genes simultaneously in the nematode Caenorhabditis elegans. 18th International C. elegans Meeting

 

2010以前

【国内学会】

  1. 岩崎崇、山川稔、田中博光、佐藤充、朝岡愛、石橋純:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの多機能解析 平成22年度日本農芸化学会 pp.8 東京 2010.3
  2. T. Iwasaki, A. Asaoka, M. Yamakawa and J. Ishibashi:Mitochondria disruptive 9-mer peptides conjugated with tumor homing domain: cyclic RGD motif. 第46回ペプチド討論会 pp.13 福岡 2009.10
  3. 岩崎崇、石橋純、田中博光、佐藤充、朝岡愛、山川稔:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの多機能解析 平成21年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 pp.50 東京 2009.4
  4. T. Iwasaki, J. Ishibashi, H. Tanaka, M. Sato, A. Asaoka and M. Yamakawa:Multi-target of enantiomeric 9-mer peptides derived from beetle defensins. 第45回ペプチド討論会 pp.21 東京  2008.11
  5. 岩崎崇、石橋純、田中博光、佐藤充、朝岡愛、山川稔:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドのマルチターゲット 第41回若手ペプチド夏の勉強会要旨 pp.4 京都 2008.8
  6. 岩崎崇、石橋純、田中博光、佐藤充、朝岡愛、山川稔:カブトムシディフェンシン由来D型改変ペプチドの負電荷依存的抗がん活性 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 pp.27 名古屋 2008.3
  7. 石橋純、岩崎崇、西堂(坂中)寿子、山川稔:タイワンカブトムシディフェンシンのキチン結合活性 平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 pp.27 名古屋 2008.3
  8. T. Iwasaki, J. Ishibashi, H. Tanaka, M. Sato, A. Asaoka, D. Taylor and M. Yamakawa:Antimicrobial and anticancer activity of enantiomeric 9-mer peptides derived from beetle defensins. 第44回ペプチド討論会 pp.25 富山 2007.10
  9. 岩崎崇、石橋純、西堂(坂中)寿子、田中博光、佐藤充、朝岡愛、DeMar Taylor、山川稔:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの病原性細菌およびがん細胞増殖抑制効果 第40回若手ペプチド夏の勉強会 pp.5 北海道2007.8
  10. 岩崎崇、石橋純、勾坂晶、朝岡愛、山川稔:カイコ由来抗癌細胞活性物質の単離と同定 平成19年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 pp.76 つくば 2007.4
  11. 岩崎崇、石橋純、田中博光、佐藤充、朝岡愛、山川稔:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの癌細胞増殖抑制効果平成19年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会 pp.76 つくば 2007.4
  12. 金子陽一、石橋純、田中博光、朝岡愛、岩崎崇、山川稔:カイコ由来抗菌性タンパク質ディフェンシン遺伝子の発現解析 第51回日本応用動物昆虫学会大会 pp.31 広島 2007.3
  13. 岩崎崇、石橋純、田中博光、佐藤充、朝岡愛、山川稔:カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの癌細胞増殖抑制効果 第51回日本応用動物昆虫学会大会 pp.20 広島 2007.3
  14. 岩崎崇、西堂(坂中)寿子、朝岡愛、DeMar Taylor、石橋純、山川稔:昆虫抗微生物ペプチド由来改ペプチドと抗生物質の併用効果に関する研究 2006昆虫ワークショップ pp.21 金沢 2006.10
  15. 山家又輔、西堂(坂中)寿子、石橋純、岩崎崇、木谷裕、山川稔:カブトムシ由来改変抗細菌ペプチドの抗トリパノソーマ作用のin vitroおよびin vivo解析 日本蚕糸学会弟76回大会  pp.61 京都  2006.3
  16. 岩崎崇、西堂(坂中)寿子、勾坂晶、朝岡愛、山川稔:カブトムシ由来の抗菌性ペプチドColeoptericin Aの改変とその活性の解析 日本蚕糸学会弟76回大会  pp.61 京都2006.3

【国際学会】

  1. Y. Omichi, K. Gouda, T. Iwasaki and T. Kawano: Analysis of a new pathway regulating larval diapause in Caenorhabditis elegans. 4th East Asian C. Elegans Meeting pp.94 Japan, Tokyo 2010.7
  2. Y. Matsunaga, K. Gengyo-Ando, S. Mitani, T. Iwasaki and T. Kawano: An approach to elucidate crosstalk between TGF-b・and inslin/IGF-I signaling in Caenorhabditis elegans. 4th East Asian C. Elegans Meeting pp.37 Japan, Tokyo   2010.7
  3. H. Tanaka, J. Ishibashi, K. Fujita, Y. Nakajima, A. Sagisaka, M. Yoshiyama, K. Tomimoto, Y. Kaneko, T. Iwasaki, T. Sunagawa, A. Asaoka, K. Mita K and M. Yamakawa: A genome-wide analysis of genes and gene families involved in innate immunity in Bombyx mori. 8th International Workshop on the Molecular Biology and Genetics of Lipidoptera pp.105 Greek   2009.8
  4. H. Tanaka, J. Ishibashi, K. Fujita, Y. Nakajima, A. Sagisaka, M. Yoshiyama, K. Tomimoto, Y. Kaneko, T. Iwasaki, T. Sunagawa, A. Asaoka, K. Mita K and M. Yamakawa: Comparative genomic analysis of immunity-related genes in Bombyx mori. XXIII International Congress of Entomology pp.3203 South Africa 2008.6
  5. T. Iwasaki, J. Ishibashi, H. Tanaka, M. Sato, A. Asaoka, D. Taylor and M. Yamakawa: Anticancer Activity of Enantiomeric 9-mer Peptides Derived from Beetle Defensins Depend on Negative Charges on the Surface of Cancer Cells. Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology pp.40 Japan, Nagoya 2008.3
  6. T. Iwasaki, J. Ishibashi, H. Tanaka, M. Sato, A. Asaoka, D. Taylor and M. Yamakawa: Antibacterial and anticancer activity of diastereomeric 9-mer peptides derived from beetle defensins. 4th International Peptide Symposium pp.109 Australia 2007.10
  7. T. Iwasaki, H. Saido-Sakanaka, A. Asaoka, D. Taylor, J. Ishibashi and M. Yamakawa: In vitro activity of diastereomeric antimicrobial peptides alone and in combination with antibiotics against methicillin-resistant Staphylococcus aureus and Pseudomonas aeruginosa. Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology pp.110 Korea   2006.11

 

岩崎 崇

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:生体制御化学
Email:itaka@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5458
Fax :0857-31-5458

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター