アフリカ乾燥地でのエネルギー問題および食料安全保障の研究

バイオ燃料植物ジャトロファの圃場

バイオ燃料植物ジャトロファの圃場

資源大陸といわれるアフリカでも化石燃料の非産出国も多く、そういった国々ではエネルギーの確保が急務です。

化石燃料と代替的利用が可能なバイオ燃料の中で、食料生産と競合しないジャトロファは、高い需要が期待されます。

アフリカ乾燥地において、このジャトロファの栽培、バイオマス利用、環境・経済・社会的な影響評価に関する研究に取り組みます。

また、自然環境変動の大きいアフリカ乾燥地における小規模農民の食料安産保障に関する研究も行っています。

キーワード

バイオ燃料、小規模農民、砂漠化問題、レジリアンス

研究テーマ

アフリカ乾燥地における乾燥地におけるジャトロファ栽培とバイオ燃料利用
アフリカ乾燥地におけるバイオマス利用とその環境・経済・社会的な影響の評価
アフリカ乾燥地における小規模農民の食料安全保障とレジリアンス

 

石本雄大

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:フードセキュリティ論
Email
ishimotoyudai@hotmail.com
(2014年10月~2年間在ボツアナ:
ネット事情によりWebメールを利用)
TEL :0857.31.5352
(ボツアナに転送されません)

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター