Glycogen Body

GB背側観(上)と横断像(下)

GB背側観(上)と横断像(下)

Glycogen body (GB)は鳥類特有の組織であり、腰髄の背側に存在する多量のグリコーゲンを蓄積した細胞の集塊である。
GB細胞はその発生的、細胞学的特長から中枢神経系神経膠細胞の一つである星状膠細胞の一種と考えられている。しかし、多量に蓄積されたグリコーゲンの意義も明らかでなく、その機能は未だ不明である。
この不思議な細胞の機能を明らかにすることを目的として,培養下あるいは移植下での細胞の形態的、生化学的変化を観察している。

キーワード

中枢神経系,神経膠細胞,GB,星状膠細胞,

研究テーマ

ニワトリGlycogen Body細胞の小脳内移植下における動態
Glycogen body 細胞におけるカルシウムイオンの動態について
ニワトリ中枢神経におけるグルタミン酸レセプターの局在

今川 智敬

共同獣医学科
臨床獣医学
分野:獣医画像診断学
Email:imagawat@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5420
Fax :0857-31-5419

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター