森を通じて人と社会を見る

天然林と人工林:大山を背景に

  • 森林は古来より人類に様々な恩恵を与えてきました。その範囲は経済から、文化、環境まで多岐にわたります。それにも関わらず、人間活動による森林の破壊や劣化が広く生じています。森林を持続的に管理し、恩恵得るためには、何が問題でしょうか。その問題を解決するために、制度や政策は何ができるでしょうか。これらの問いに対し、経済学を主な手法として、経済、政策、社会、文化、歴史といった側面から研究を行っています。

キーワード

  • 森林政策, 林業経済, 森林経営, 林家, 情報伝達

 

研究テーマ

  • 林家による森林管理と林業経営の実態と背景
  • 林業における情報伝達
  • 森林経営計画制度

 

担当教育コース

  • 環境共生科学(生物資源環境学科)
  • 里地里山環境管理学(生命環境農学科)

 

芳賀 大地

生命環境農学科
生命環境農学科講座
分野:森林経営学
Email:
dai-haga(@入れる)tottori-u.ac.jp
TEL :0857-31-5408
Fax :0857-31-5408

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター