学会発表

2006

(1) 有馬二朗、西本幸史、野本史樹、生中雅也、上杉佳子、裏地美杉、岩淵雅樹、畑中唯史:放線菌ロイシンアミノペプチダーゼによる苦味ペプチドの分解 2006年度農芸化学会大会 京都   2006

(2) 畑中唯史、有馬二朗、裏地美杉、上杉佳子、岩淵雅樹:放線菌由来アミノペプチダーゼNの諸性質 2006年度農芸化学会大会 京都          2006

(3) 裏地美杉、有馬二朗、上杉佳子、岩淵雅樹、畑中唯史:放線菌TH-3株の生産するプロリンアミノペプチダーゼの生成と性質 2006年度農芸化学会大会 京都      2006

(4) 上杉佳子、有馬二朗、裏地美杉、岩淵雅樹、畑中唯史:放線菌由来phospholipase Dの反応性に関わるアミノ酸残基の特定 2006年度農芸化学会大会 京都      2006

(5) J. Arima, Y. Uesugi, M. Uraji, M. Iwabuchi, and T. Hatanaka: Relationship between environment around the substrate binding site of Streptomyces leucine aminopeptidase and its substrate specificity. 20th IUBMB International Congress  of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto   2006

(6) M. Uraji, J. Arima, Y. Uesugi, M. Iwabuchi, and T. Hatanaka: Characterization, cloning sequencing and expression of proline aminopeptidase from Streptomyces sp. 20th IUBMB International Congress  of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto     2006

(7) Y. Uesugi, J. Arima, M. Uraji, M. Iwabuchi, and T. Hatanaka: Investigation of recognition mechanism of phospholipase D toward phospholipids. 20th IUBMB International Congress  of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress, Kyoto      2006

(8) 畑中唯史、裏地美杉、有馬二朗、上杉佳子、岩淵雅樹:放線菌由来プロリンアミノペプチダーゼのキメラ酵素の作成及び諸性質検討 2006年度日本生物工学会大会 豊中    2006

(9) J. Arima, Y. Uesugi, M. Iwabuchi, and T. Hatanaka: Dipeptide synthesis by bacterial leucine aminopeptidase. International Conference of 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting. Yokohama     2006

 

2007

(10) 有馬二朗、上杉佳子、岩淵雅樹、畑中唯史:放線菌アミノペプチダーゼPの生化学的性質 2007年度農芸化学会大会 東京         2007.3.24-27

(11) 畑中唯史、裏地美杉、有馬二朗、上杉佳子、岩淵雅樹:放線菌由来耐塩性プロリンアミノペプチダーゼの機能解析 2007年度農芸化学会大会 東京      2007.3.24-27

(12) 上杉佳子、有馬二朗、岩淵雅樹、畑中唯史:放線菌由来phospholipase Dの基質認識におけるC末端側残基の役割 2007年度農芸化学会大会 東京      2007.3.24-27

(13) 坂口智香、田村隆、有馬二朗、日下部均、佐々木千津子、杉尾成俊、稲垣賢二:放線菌由来L-グルタミン酸オキシダーゼ -結晶構造と成熟化機構の解析 2007年度農芸化学会大会 東京 2007.3.24-27

(14) 有馬二朗、佐々木千津子、坂口智香、田村隆、日下部均、杉尾成俊、稲垣賢二:L-グルタミン酸オキシダーゼの立体構造と機能の相関解析 2007年度第59回日本生物工学会大会 広島  2007.9.25-27

(15) 有馬二朗、田村隆、稲垣賢二:L-グルタミン酸オキシダーゼの基質結合部位と取り込み経路のドッキングスタディによる解析 2007年度酵素補酵素研究会 倉敷    2007.11.9-10

(16) 有馬二朗、上杉佳子、岩淵雅樹、畑中唯史:D-アミノ酸誘導体を特異的に分解するBacillus pumilus由来金属型加水分解酵素 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 横浜        2007.12.11-15

(17) 稲垣賢二、坂口智香、田村隆、有馬二朗、佐々木千津子、杉尾成俊、日下部均:L-グルタミン酸オキシダーゼの構造と基質認識機構の解析 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 横浜      2007.12.11-15

 

2008

(18) 有馬二朗、畑中唯史:放線菌が生産するD-アミノペプチダーゼの酵素学的性質 2008年度農芸化学会大会 名古屋 2008.3.26-29

(19) 坂口智香、有馬二朗、田村隆、佐々木千津子、杉尾成俊、日下部均、稲垣賢二:放線菌由来L-グルタミン酸オキシダーゼの構造と基質認識機構の解析 2008年度農芸化学会大会 名古屋 2008.3.26-29

(20) 上杉佳子、有馬二朗、臼木博一、岩淵雅樹、畑中唯史:2種のコラーゲン分解酵素は高次構造認識において異なる性質を示す 2008年度農芸化学会大会 名古屋    2008.3.26-29

(21) 有馬二朗:酵素触媒としてのアミノペプチダーゼ-有効利用に向けた酵素工学・タンパク質工学からのアプローチ 日本農芸化学会中四国支部主催「農芸化学の未来開拓セミナー」岡山大学2008.5.23-24

(22) 畑中唯史、尾仲宏康、上杉佳子、臼木博一、有馬二朗、西本幸史、岩渕雅樹:Streptomyces属における高発現ベクターの構築とそれを利用したStreptomyces属由来ペプチダーゼの大量発現 2008年度放線菌学会大会 山梨     2008.7.10-11

(23) Isam Ali Mohamed Ahmed、作野えみ、一柳剛、有馬二朗、森信寛:微生物による第4級アンモニウム化合物の分解(第7報):3-N-トリメチルアミノプロパノール分解微生物のスクリーニング 2008年度日本農芸化学会中四国支部大会 鳥取   2008.9.12-13

(24) 東条昌彦、山本牧子、杜盛、有馬二朗、森信寛、山本福壽、山中典和:中国黄土高原産樹木苗木におけるS-ABA散布処理がGB蓄積に及ぼす影響 2008年度日本農芸化学会中四国支部大会 鳥取         2008.9.12-13

(25) K. Inagaki, T. Utsumi, C. Sakaguchi, J. Arima, T. Tamura, C. Sasaki, S. Sugio, and H. Kusakabe: Molecular Characterization of L-Glutamate Oxidase from Streptomyces sp. The 2nd International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors. Georgia, USA    2008.10.26-31

 

2009

(26) 宮崎 まどか、山本 牧子、杜 盛、有馬 二朗、森 信寛、山本 福壽、山中 典和:グリシンベタイン処理が中国黄土高原産樹木の水分生理に与える影響 2009年度日本森林学会大会 京都 2009.3.25-28

(27) 上住暁史、有馬二朗、森信寛:L-カルニチン脱水素酵素のC末端領域の役割 2009年度農芸化学会大会 福岡  2009.3.27-29

(28) 赤井尚樹、有馬二朗、森信寛:微生物による第4級アンモニウム化合物の分解(第8報) 4-N-トリメチルアミノ-1-ブタノール脱水素酵素及び4-N-トリメチルアミノブチルアルデヒド脱水素酵素遺伝子の解析 2009年度農芸化学会大会 福岡   2009.3.27-29

(29) 有馬二朗、畑中唯史:放線菌ロイシンアミノペプチダーゼ:活性部位の環境と基質特異性 2009年度日本生化学会中四国支部例会 鳥取 2009.5.15-16

(30) 北実、藤光洋志、有馬二朗、森信寛:エノキタケ由来4-トリメチルアミノブチルアルデヒド脱水素酵素の性質2009年度農芸化学会中四国支部・西日本支部合同大会 沖縄   2009.10.28-30

 

2010

(31) 伊藤瞳、森信寛、有馬二朗:放線菌由来S12ファミリーペプチダーゼの加水分解活性を決める領域の同定 2010年度農芸化学会大会 東京       2010.3.27-30

(32) 千葉真範、森信寛、會見忠則、有馬二朗:ペプチド結合形成能を有するエリンギ由来の新奇アミノペプチダーゼ 2010年度農芸化学会大会 東京      2010.3.27-30

(33) 森本正純、森信寛、有馬二朗:放線菌由来ファミリーS9アミノペプチダーゼを用いたβ-Ala-ジペプチドの合成 2010年度農芸化学会大会 東京   2010.3.27-30

(34) 有馬二朗、伊藤瞳、森信寛:放線菌由来ファミリーS12アミノペプチダーゼによるD-L-配列をもつペプチドの合成 2010年度農芸化学会大会 東京      2010.3.27-30

(35) イサム アリ,塚本悦子,一柳 剛,有馬二朗,森 信寛:微生物による第4級アンモニウム化合物の分解(第9報) : ホモコリン分解酵素系の検討 2010年度農芸化学会中四国支部大会 香川     2010.9.24-25

(36) 千葉真範、森信寛、會見忠則、有馬二朗:Eryngase:エリンギ由来新奇アミノペプチダーゼの生化学的諸性質 2010年度生物工学会大会 宮崎     2010.10.27-30

(37) 森本正純、森信寛、有馬二朗:放線菌由来S9アミノペプチダーゼを用いた多様なプロリルジペプチドの合成  2010年度生物工学会大会 宮崎       2010.10.27-30

(38)  有馬二朗、橋崎泰明、森信寛:放線菌由来ファミリーS12アミノペプチダーゼの加水分解活性に関わる残基 2010年度生物工学会大会 宮崎     2010.10.27-30

 

2011

(39)  橋崎泰明、森信寛、有馬二朗:放線菌由来D-アミノペプチダーゼの基質特異性に関わる残基 2011年度農芸化学会大会 京都       2011.3.27-30

(40)  北真奈美、河野未来、森信寛、有馬二朗:放線菌由来ロイシンアミノペプチターゼのアスパルテーム合成と変異による合成能の増強 2011年度農芸化学会大会 京都    2011.3.27-30

(41)  磯田義孝、森信寛、有馬二朗:放線菌由来D-アミノアシラーゼの酵素化学的性質 2011年度農芸化学会大会 京都          2011.3.27-30

(42)  有馬二朗、北真奈美、竹田樹奈、河野未来、森信寛:耐熱性金属アミノペプチターゼによるアスパルテーム合成 2011年度生物工学会大会 東京      2011.9.26-28

(43)  磯田義孝、森信寛、有馬二朗:放線菌由来D-アミノアシラーゼの生産系構築 2011年度生物工学会大会 東京    2011.9.26-28

 

2012

(44)  田中あゆみ、森本正純、森信寛、有馬二朗Pseudomonas由来ファミリーS58アミノペプチダーゼの酵素化学的性質 2012年度日本農芸化学会中四国支部例会 鳥取    2012.1.21

(45)  下根可奈、森信寛、永野真吾、有馬二朗放線菌由来D-アミノペプチダーゼ:ペプチド結合形成反応におけるアシル受容体認識 2012年度日本農芸化学大会 京都    2012.3.22-25

(46)  有馬二朗、橋崎泰明、森信寛:放線菌由来D-アミノペプチダーゼ:アシル供与体認識に関わる残基の同定と機能改変 2012年度日本農芸化学大会 京都    2012.3.22-25

(47)  磯田 佳孝、森 信寛、有馬二朗DL-配列を有するペプチド類の酵素合成と抗菌性ペプチド類の同定 2012年度日本農芸化学大会 京都    2012.3.22-25

(48)  M.M. Eltayeb, J. Arima, I.A. Mohamed Ahmed, N. Mori: Identification of key residues essential for the activity and substrate affinity of L-carnitine dehydrogenase 2012年度日本農芸化学会中四国支部大会 山口   2012.9.21-22

 

2013

(49)  谷山優子、藤光洋志、有馬二朗、森 信寛:微生物による第4級アンモニウム化合物の分解(第11報):Fusarium属糸状菌のトリメチルアミノブタノール脱水素酵素の精製と諸性質 2013年度日本農芸化学大会 仙台   2013.3.24-28

(50)  磯田 佳孝、森信寛、有馬二朗:抗菌活性能を有するD-アミノ酸含有ジペプチドの構造と活性の相関 2013年度日本農芸化学大会 仙台   2013.3.24-28

(51)  田村丹、岩崎崇、森信寛、有馬二朗:D-,L-配列を有するジペプチド類の酵素合成と抗腫瘍活性ジペプチドの探索 2013年度日本農芸化学大会 仙台   2013.3.24-28

(52)  東海彰大、千葉真範、森信寛、有馬二朗:エリンギ由来セリンアミノペプチダーゼの一次構造解析と酵素化学的性質 2013年度日本農芸化学大会 仙台   2013.3.24-28

(53)  有馬二朗、田中あゆみ、森本正純、森信寛:Pseudomonas由来β-peptidyl aminopeptidaseの酵素特性評価 2013年度日本農芸化学大会 仙台   2013.3.24-28

(54)  有馬二朗、下根可奈、森 信寛、日野 智也、永野 真吾:放線菌由来D-アミノペプチダーゼ:立体構造からみたペプチド結合形成反応における基質認識 2013年度日本蛋白質科学会大会 鳥取   2013.6.12-14

(55) 磯田佳孝・森信寛・有馬二朗:D-Trp-L-Pheを基軸とする抗菌活性ジペプチド類縁体,2013年度日本生物工学会全国大会,広島   2013.9.18-20

(56) 田村丹・岩崎崇・森信寛・有馬二朗:抗腫瘍活性を有するジペプチド誘導体D-Phe-Gly-OBzl:作用機序と構造活性相関解析,2013年度日本生物工学会全国大会,広島   2013.9.18-20

(57) 東海彰太・森信寛・有馬二朗:エリンギ由来セリンアミノペプチダーゼ“Eryngase”:酸化により引き起こされる基質特異性の変化,2013年度日本生物工学会全国大会,広島   2013.9.18-20

(58) MM.Eltayeb, J. Arima, N.Mori:Residues involved in the activity and substrate affinity of L-carnitine dehydrogenase,2013年度日本生物工学会全国大会,広島   2013.9.18-20

 

2014

(59) 太田朱香・森信寛・有馬二朗:D体特異的アミド加水分解酵素によるペプチド結合形成反応:基質認識に関わる残基,2014年度日本農芸化学会中四国支部例会,高松   2014.1.25

(60) 藤光洋志・福井明子・岡田一真・松本彬・有馬二朗・森信寛:微生物による第 4 級アンモニウム化合物の分解(第 12 報):γ-ブチロベタイニルCoA合成酵素の活性検出と誘導条件の検討,2014年度日本農芸化学会中四国支部例会,高松   2014.1.25

(61) 磯田佳孝・森信寛・有馬二朗:グラム陽性細菌に対して抗菌活性を有する酵素合成D-ホモジペプチド:D-Trp-D-Trp,2014年度日本農芸化学会全国大会,東京   2014.3.27-30

(62) 田村丹・岩崎崇・森信寛・有馬二朗:非天然アミノ酸D-Nleを含有するジペプチド誘導体の腫瘍細胞に対する細胞毒性,2014年度日本農芸化学会全国大会,東京   2014.3.27-30

(63) 恒原由佳・磯田佳孝・田村丹・森信寛・有馬二朗:機能物質探索ツールとしてのD-アミノペプチダーゼ:反応の効率化と生成物の網羅的解析,2014年度日本農芸化学会全国大会,東京   2014.3.27-30

(64) 東海彰太・森信寛・有馬二朗:エリンギ由来セリンペプチダーゼ:特定の残基の酸化と変異が基質特異性を変える,2014年度日本農芸化学会全国大会,東京   2014.3.27-30

(65) 藤光洋志・松本彬・有馬二朗・森信寛:微生物による第 4 級アンモニウム化合物の分解(第 13 報):γ-ブチロベタイニルCoA合成酵素の精製と諸性質の検討,2014年度日本農芸化学会全国大会,東京   2014.3.27-30

(66) 有馬二朗・太田朱香・森信寛・日野智也・永野真吾:ペプチド結合形成反応を触媒する放線菌由来D体特異的アミド加水分解酵素,第6回日本生物物理学会中四国支部大会,鳥取   2014.5.17-18

(67) 有馬二朗・太田朱香・宮谷一紗・森信寛:構造からみたD体特異的アミド加水分解酵素の誤作動反応,2014年度日本生物工学会全国大会,札幌   2014.9.9-11

(68) 磯田佳孝・森信寛・有馬二朗:D-Trpオリゴマーエステルが示す抗菌活性:作用機序及び構造活性相関,2014年度日本生物工学会全国大会,札幌    2014.9.9-11

(69) 有馬二朗:酵素反応生成物の利用可能性を探る ~ペプチド分解酵素の誤作動によるアミノ酸同士の結合とその応用~,日本農芸化学会中四国支部若手シンポジウム,松山 (招待講演)   2014.9. 20

 

2015

(70) 田村丹・岩崎崇・森信寛・有馬二朗:細胞増殖抑制活性を有する非天然アミノ酸含有ジペプチド誘導体の構造と活性との相関,2015年度日本農芸化学会全国大会,岡山   2015.3.26-29

(71) 東海彰太・余米良介・森信寛・有馬二朗:エリンギ由来セリンペプチダーゼ:特定の非触媒ドメイン残基の酸化と変異がアミノリシス活性を変える,2015年度日本農芸化学会全国大会,岡山   2015.3.26-29

(72) 天野太郎・有馬二朗・森信寛・清水克彦:ガラスカイメン類カイロウドウケツから抽出されたシリカ粒子形成促進タンパク質“グラシン”,2015年度日本農芸化学会全国大会,岡山    2015.3.26-29

(73) 宮谷一紗・森信寛・有馬二朗:D-アミノ酸アミド加水分解酵素の構造と誤作動 「ペプチド結合形成能」との相関,2015年度日本農芸化学会全国大会,岡山   2015.3.26-29

(74) 藤光洋志・田窪沙也加・松本彬・有馬二朗・森信寛:微生物による第4級アンモニウム化合物の分解 (第14報) : γ-ブチロベタイニルCoA合成酵素遺伝子のクローニングとリコンビナント酵素の諸性質,2015年度日本農芸化学会全国大会,岡山   2015.3.26-29

(75) 有馬二朗:ペプチド分解酵素のアミノリシスによるペプチド結合の形成とその応用,2015年度日本農芸化学会中四国支部例会,鳥取(受賞招待講演)   2015.6.13

(76) S. Tokai, J. Arima: Functional analysis of peptidase from Pleurotus eryngii. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2015, Kurayoshi, Tottori    2015.11.4-5

(77) J. Arima, S. Tokai, N. Mori: Family S9 peptidase from Pleurotus eryngii: Change in aminolysis function and substrate specificity by oxidation. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA   2015.12.16-21

(78) Y. Tsunehara, A. Tamura, Y. Isoda, J.Arima: Construction of non-natural dipeptide library by peptide bond formation reaction catalyzed by D-stereospecific amidohydrolase. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA   2015.12.16-21

(79) K. Miyatani, A. Ota, J. Arima: Cavity size of D-stereospecific amidohydrolase relates to its side reaction “aminolysis”. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA   2015.12.16-21

(80) Y. Isoda, Y. Tsunehara, J. Arima: (D-Trp)3-OMe: D-homo tripeptide constructed by enzymatic synthesis showed antibacterial activity against Gram-positive bacteria. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA   2015.12.16-21

(81) T. Amano, J. Arima, K. Shimizu: Characterization of recombinant glassin, a protein extracted from biosilica skeleton of the glass sponge Euplectella. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA   2015.12.16-21

(82) K. Shimizu, T. Amano, J. Arima: Glassin, a silica polycondensation directing protein from the siliceous skeleton of the hexactinellid sponge Euplectella. The International Chemical Congress of PACIFIC BASIN SOCIETIES (PACIFICHEM) 2015, Honolulu, Hawaii, USA    2015.12.16-21

 

2016

(83) 宮谷一紗・有馬二朗:D-アミノ酸アミド加水分解酵素の活性部位ポケットを形成する残基と副反応“ペプチド結合形成能”との相関,2016年度日本農芸化学会全国大会,札幌    2016.3.27-30

(84) 恒原由佳・有馬二朗:アルギニン誘導体が示す歯周病源因子の抑制効果,2016年度日本農芸化学会全国大会,札幌    2016.3.27-30

(85) 東海彰太・有馬二朗:エリンギ由来セリンアミノペプチダーゼ:非触媒ドメイン残基の酸化による基質特異性の変化,2016年度日本生物工学会全国大会,富山    2016.9.28-30

(86) 小林大起・天野太郎・有馬二朗・清水克彦:シリカ粒子形成促進タンパク質“グラシン”の機能を利用したGFPのシリカへの固定化,2016年度日本生物工学会全国大会,富山    2016.9.28-30

(87) 仁木大輔・西川康太・藤村夏紀・有馬二朗:カニ殻堆肥由来“Cellulosimicrobium sp.NTK2”の結晶性キチン分解能と分解酵素の生産,2016年度日本生物工学会全国大会,富山    2016.9.28-30

(88) SA. Eltigani, MM. Eltayeb, R. Nakashima, Y. Tsunehara, T. Bito, J. Arima: Screening of inhibitory materials from Sudanese medicinal plants on the virulence factors of Porphyromonas gingivalis. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2016, Daejeon, Korea    2016.11.9-10

(89) Y. Elyas, K. Miyatani, T. Bito, J. Arima: D-stereospecific amidohydrolase from Streptomyces sp. 82F2 that exhibits peptide-bond formation activity. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2016, Daejeon, Korea    2016.11.9-10

(90) D. Niki, K. Nishikawa, N. Fujimura, T. Bito, J. Arima: Crystalline chitin degradation potential of “Cellulosimicrobium sp.NTK2”and its production of chitinase. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2016, Daejeon, Korea    2016.11.9-10

(91) S. Tokai, T. Bito, J. Arima: Eryngase, a serine aminopeptidase of Pleurotus eryngii, the substrate specificity of which is changed by oxidation. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2016, Daejeon, Korea    2016.11.9-10

(92) H. Kobayashi, T. Amano, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Construction of immobilized protein by using the function of silica particle formation promoting protein “glassin”. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2016, Daejeon, Korea    2016.11.9-10

 

2017

(93) H. Kobayashi, T. Amano, T. Bito, J. Arima, K.Shimizu: Immobilization of green fluorescent protein to silica using the function of “glassin”, a silica particle formation promoting protein from hexactinellid sponges. Silicon, Silica & their Isotopes: Biology, Biogeochemistry & Biotechnology 2017, Blanes, Spain    2017.6.13-15

(94) K. Shimizu, H. Kobayashi, T. Amano, M. Nishi, T. Bito, J. Arima: Silicatein and glassin: molecular properties of the proteins occluded in sponge biosilica and their biotechnological implications. Silicon, Silica & their Isotopes: Biology, Biogeochemistry & Biotechnology 2017, Blanes, Spain    2017.6.13-15

(95) 井上尚・吉田知寛・佐伯將・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Pseudomonas aeruginosa PAO1株由来アセチルコリンエステラーゼの応用に向けた諸性質検討,2017年度日本農芸化学会中四国支部例会,徳島    2017.6.17

(96) 仁木大輔・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Cellulosimicrobium sp. NTK2の結晶性キチン分解メカニズム解明に向けた菌体外タンパク質の網羅的な解析,2017年度日本農芸化学会中四国支部例会,徳島    2017.6.17

(97) 東海彰太・美藤友博・清水克彦・有馬二朗:エリンギ由来プロリルオリゴペプチダーゼの基質特異性に関わる2つのMet残基,2017年度日本農芸化学会中四国支部例会,徳島    2017.6.17

(98) 井上尚・吉田知寛・佐伯將・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Pseudomonas aerginosa PAO1株由来アセチルコリンエステラーゼが触媒するアセチル化反応,2017年度日本生物工学会全国大会,東京    2017.9.11-14

(99) 小林大起・西美智佳・天野太郎・美藤友博・清水克彦・有馬二朗:シリカ粒子形成促進タンパク質“グラシン”の機能によるGST固定シリカ粒子の構築,2017年度日本生物工学会全国大会,東京    2017.9.11-14

(100) 東海彰太・美藤友博・清水克彦・有馬二朗:エリンギ由来プロリルオリゴペプチダーゼの非触媒β-プロペラドメイン上に存在する基質特異性に重要な残基,2017年度日本生物工学会全国大会,東京    2017.9.11-14

(101) SA. Eltigani, MM. Eltayeb, Y. Ohnishi, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Extract from a Sudanese medicinal plants exhibits inhibition of virulence factors of major pathogen of periodontitis. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

(102) Y. Elyas, K. Miyatani, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Construction of high-performance biocatalyst, modified D-stereospecific amidohydrolase, for synthesis of candidate molecule of insecticide. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

(103) H. Inoue, T. Yoshida, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Characterization of extracelluler acetylcholine hydrolyzing enzyme secreted from a common soil and plant bacterium of the genus Pseudomonas. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

(104) H. Kobayashi, M. Nishi, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Development of method for protein Immobilization on silica for use in food processing industry. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

(105) D. Niki, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Chitin degrading enzymes secreted from Cellulosimicrobium sp. NTK2, a bacterium isolated from crab shell compost. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

(106) S. Tokai, T. Bito, K. Shimizu, J. Arima: Characterization of peptidase from eryngii mushroom for degradation of bitter/allergen peptides. The International Joint Symposium between Japan and Korea (AFELiSA) 2017, 福岡    2017.11.7-9

 

2018

(107) 西美智佳・小林大起・美藤友博・有馬二朗・清水克彦:シリカ粒子形成促進タンパク質“グラシン”の構造と性質,2018年度日本農芸化学会中四国支部例会,広島    2018.1.27

(108) 宮地可奈・長村治紀・美藤友博・清水克彦・有馬二朗:低温条件下でアンモニア酸化能を有する細菌装の構築,2018年度日本農芸化学会中四国支部例会,広島    2018.1.27

(109) 仁木大輔・東谷洸里・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Cellulosimicrobium sp. NTK2のキチン分解酵素及びキチン代謝,2018年度日本農芸化学会中四国支部例会,広島    2018.1.27

(110) 井上尚・吉田知博・佐伯將・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Pseudomonas由来アセチルコリンエステラーゼによるアミノ酸のアセチル化反応におけるキラル認識,2018年度日本農芸化学会全国大会,名古屋    2018.3.15-18

(111) 仁木大輔・東谷洸里・美藤友博・清水克彦・有馬二朗Cellulosimicrobium sp. NTK2”が生産する菌体外キチン分解酵素の解析,2018年度日本農芸化学会全国大会,名古屋    2018.3.15-18

有馬 二朗

生命環境農学科
生命環境農学講座
分野:生命機能化学
Email:arima(@入れる)tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5363
Fax :0857-31-5363

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター