その他業績

論文(レフェリー制のないもの)、調査報告書

(1)  有馬二朗、崎川智代、田村隆、芦内誠、八木年晴、日下部均、田中英彦、稲垣賢二:Streptomyces sp. X-119-6由来L-グルタミン酸オキシダーゼのクローニング及び発現 微量栄養素研究 18:91-95      2001

(2)  有馬二朗、田村隆、篠原寛明、日下部均、田中英彦、稲垣賢二:L-グルタミン酸オキシダーゼを用いたグルタミン酸センサーの開発及びGOT/GPTセンシングへの応用 岡山大学農学部学術報告 91:15-22     2002

(3)  J. Arima, T. Hatanaka: Gene cloning, recombinant expression and biochemical characterization of an aminopeptidase from Streptomyces septatus TH-2. ANNUAL REPORT of RIBS Okayama (岡山県生物科学総合研究所 平成15年研究年報)167-180     2003

(4)  J. Arima: Identification and functional analysis of key residues in activation and stabilization of Streptomyces aminopeptidase by calcium. ANNUAL REPORT of RIBS Okayama(岡山県生物科学総合研究所 平成16年研究年報)145-159      2004

(5)  J. Arima: Study on peptide hydrolysis by bacterial leucine aminopeptidase. ANNUAL REPORT of RIBS Okayama(岡山県生物科学総合研究所 平成17年研究年報)123-131       2005

(6)  J. Arima, Y. Uesugi, M. Iwabuchi, and T. Hatanaka: Dipeptide synthesis by bacterial leucine aminopeptidase. Proceedings of 43rd Japanese Peptide Symposium/4th Peptide Engineering Meeting. 61-62          2006.

(7)  J. Arima: Dipeptide synthesis by aminopeptidase from Streptomyces septatus TH-2 and its application to synthesis of biologically active peptides. ANNUAL ROPORT of RIBS Okayama(岡山県生物科学総合研究所 平成18年研究年報) 103-114      2006

(8)  有馬二朗、稲垣賢二:放線菌L-グルタミン酸オキシダーゼの構造・機能解析及びグルタミン酸センサーへの応用 応用微生物学協議会会誌 4:13-19     2006

(9)  J. Arima: Molecular evolution of Streptomyces serine peptidase for the synthesis of β-alanyl-histidine. REPORT of NODA INSTITUTE for SCIENTIFIC RESEARCH(野田産業科学研究所 Research Grant平成21年研究年報)53, 49-51       2010. 3

(10) 有馬二朗:アミノペプチダーゼのペプチド合成工学への利用展開 2011年度研究助成金受給者 研究報告集 (日揮実吉賞学会)30, 84-87       2013. 3

 

 

成立特許 

(1)  特許第4406298号 アミノペプチダーゼ   有馬二朗、畑中唯史、野本史樹、西本幸史、生中雅也(平成21年11月13日)

(2)  特許第4631436号 メタロエンドペプチダーゼ   畑中唯史、有馬二朗(平成22年11月26日)

 

 

特許出願 

(1)  L-グルタミン酸オキシダーゼ 稲垣賢二、有馬二朗、芦内 誠、八木年晴、日下部 均  出願番号 PCT/JPO1/03345、国際番号 WO 01/79503(2001年4月19日国際出願/2001年10月25日国際公開)

(2)  ジペプチドの製造方法  畑中唯史、有馬二朗  特願2006-151907/特開2007-319063(2006年5月31日出願/2007年12月13日公開)

(3)  プロリンおよびβ-アラニンをN末端に有するジペプチド、及びその環化ジペプチドの酵素合成法有馬二朗、森本正純  特願2010-002069(2010年1月7日出願)

(4)  D-, L-ペプチドの立体選択的合成法  有馬二朗、伊藤瞳  特願2010-015713(2010年1月27日出願)



有馬 二朗

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:生命機能化学
Email:arima@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5363
Fax :0857-31-5363

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター