人々の暮らしに役立つ酵素科学

食品産業に有用な酵素「アミノペプチダーゼ」の構造。

食品産業に有用な酵素「アミノペプチダーゼ」の構造。

酵素は生体で起こる化学反応を触媒するタンパク質で、その活性メカニズムはまだまだ謎に包まれています。一方で、酵素の触媒機能は非常に有能であるため、社会や産業への利用に大きな期待が集まっています。本研究分野では、社会に活用できる有用な酵素を取得し、その性質を詳しく調べ、酵素の機能と構造との関係に迫ります。また、産業利用の実現に向け、様々な手法を駆使した酵素の機能改変や、分子レベルでの設計にも取り組んでいます。

キーワード

酵素,機能解析,タンパク質工学,機能改変,有用物質合成

研究テーマ

タンパク質工学的手法による酵素の活性メカニズムの解明
有用化合物合成に向けた高機能型酵素の設計
産業や社会に役立つ酵素の探索とその利用

担当教育コース学コース

生命・食機能科学コース

有馬 二朗

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:生命機能化学
Email:arima@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5363
Fax :0857-31-5363

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター