学会発表

(1)石原亨・浅田洋平・高橋香隆・宮川恒・矢部尚登・若狭暁:OASA1D導入シロイヌナズナにおける代謝変動の解析,独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第4回公開シンポジウム,東京都  2006
(2)岡咲洋三・石原亨・石塚晶啓・西岡孝明・岩村俶:エンバクのファイトアレキシン,アベナンスラミド類の二量体の構造解析,日本農薬学会第31回大会,福岡市 2006
(3)笹井裕章・村上健二郎・田所直子・石原亨・西田律夫:鱗翅目ヤガ科幼虫による DIMBOA関連化合物のグルコシル化,日本農芸化学会2006年度大会,京都市,2006
(4)厚見武志・松川哲也・石原亨・仁藤伸昌・岩村俶:ハッサク葉における傷害誘導性物質に関する研究,日本農芸化学会2006年度大会,京都市  2006
(5)山本由香・篠原円・杉下沙絵・松川哲也・石原亨・岩村俶:トウモロコシにおける傷害誘導性タンパク質の探索,日本農芸化学会2006年度大会,京都市  2006
(6)高橋香隆・石原亨・宮川恒・矢部尚登・若狭暁:シロイヌナズナ5MT耐性突然変異体rmt1におけるグルコシノレート代謝の解析,日本農芸化学会2006年度大会,京都市  2006
(7)野崎匡文・松川哲也・花井陽介・石原亨・岩村俶:トウモロコシにおける傷害誘導性ペルオキシダーゼの制御機構,日本農芸化学会2006年度大会,京都市2006
(8)梶山慎一郎・和泉自泰・石原亨・中村亮介・兼松泰男・福崎英一郎・小林昭雄:励起・蛍光時間マトリクスと1細胞サンプリングによるエンバク感染応答反応の解析,日本農芸化学会2006年度大会,京都市 2006
(9)田所直子・笹井裕章・村上健二郎・石原亨・西田律夫:アワヨトウにおけるDIMBOAの影響とその代謝物,日本応用動物昆虫学会第50回大会,つくば市 2006
(10)石原亨:植物の二次代謝と生体防御,第17回日本生体防御学会学術総会,札幌市,(招待講演)2006
(11)石原亨・浅田洋平・高橋香隆・宮川恒・矢部尚登・若狭暁:OASA1D導入シロイヌナズナにおける代謝変動の解析,独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第5回公開シンポジウム―分子農業への展開 ,つくば市  2006
(12)石原亨・高橋香隆・浅田洋平・宮川恒・矢部尚登・若狭暁:シロイヌナズナ5MT耐性突然変異体におけるグルコシノレート代謝の解析,独立行政法人科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST)研究領域「植物の機能と制御」第5回公開シンポジウム―分子農業への展開 ,つくば市 2006
(13)Ishihara, A.: “Metabolism” of secondary metabolites in plant defence reactions. “4th Annual Meeting of Special Committee on Agrochemical Bioscience in Pesticide Science Society of Japan” – Satellite Symposium for IUPAC ICPC 2006 -, Tokyo (Invited) 2006
(14)Ishihara, A., Okazaki, Y., Ishizuka, A., Nishioka, T. and Iwamura, H.: Identification of dimers of avenanthramide phytoalexins in oats.  11th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry.  Kobe   2006
(15)橋本由美・石原亨・Joseph G Dubouzet・松田史生・西岡孝明・宮川恒・若狭暁:イネにおいて病原菌の感染によって誘導されるトリプトファン合成,日本農芸化学会2007年度大会,東京  2007.3
(15)石原亨・橋本由美・Joseph G Dubouzet・松田史生・西岡孝明・宮川恒・若狭暁:病原菌の感染によって誘導されるトリプトファン由来の二次代謝,日本農芸化学会2007年度大会,東京 2007.3
(17)和泉自泰・福崎英一郎・梶山慎一郎・兼松泰男・中村亮介・石原亨・小林昭雄:シングルセル代謝分析に基づいた植物感染応答反応の動的解析,日本農芸化学会2007年度大会,東京  2007.3
(18)村上健二郎・石田真大・石原亨・西田律夫・森直樹:ハスモンヨトウ幼虫における植物二次代謝物のN-グルコシル化反応,日本農芸化学会2007年度大会,東京 2007.3
(19)石原亨・橋本由美・Joseph G Dubouzet・松田史生・西岡孝明・宮川恒・若狭暁:イネにおいて病原菌の感染によって誘導されるトリプトファン代謝,日本農薬学会第32回大会,小金井・府中 2007.4
(20)橋本由美・石原亨・Joseph G Dubouzet・松田史生・西岡孝明・宮川恒・若狭暁:イネの病害応答おけるセロトニンの機能,日本農芸化学会2008年度大会,名古屋市
2008.3
(21)石原亨・橋本由美・Joseph G Dubouzet・松田史生・西岡孝明・宮川恒・若狭暁:イネの病害応答おけるセロトニンの役割,日本農薬学会第33回大会,奈良市  2008.3
(22)石塚晶啓・松川哲也・石原亨・西岡孝明:オオムギの防御物質ホルダチン類の細胞内局在と合成酵素活性の解析,日本農薬学会第33回大会,奈良市  2008.3
(23)中尾崇人・石原亨・宮川恒・若狭暁:イネ科植物における病原菌の感染によるセロトニン合成の活性化,植物化学調節学会第43回大会,つくば市       2008.10
(24)松田史生・石原亨・高梨功次郎・森野桂子・宮澤春奈・若狭暁・宮川恒:フィードバック阻害非感受性アントラニル酸合成酵素遺伝子を発現したイネの実生におけるトリプトファンの分布,日本農薬学会第34回大会,東京都   2009.3
(25)石原亨・中尾崇人・田中千尋・宮川恒・三芳秀人・若狭暁:トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害剤がイネの感染応答に及ぼす影響,日本農薬学会第34回大会,東京都  2009.3
(26)松川哲也・石原亨・梶山慎一郎: モモ葉におけるジャスモン酸誘導性物質の同定,日本農芸化学会2009年度大会,福岡市  2009.3
(27)中尾崇人・石原亨・宮川恒・三芳秀人・若狭暁:トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害剤の開発とイネの抵抗反応に及ぼす効果,日本農芸化学会2009年度大会,福岡市   2009.3
(28)中尾崇人,石原亨,田中千尋,三芳秀人,若狭暁,宮川恒,トリプトファンデカルボキシラーゼ阻害がイネの抵抗反応に及ぼす影響,植物化学調節学会第44回大会,仙台市   2009.10
(29)中尾崇人、松田洋子、石原亨、若狭暁、宮川恒,イネsl変異体におけるインドール酢酸の蓄積,日本農芸化学会2010年度大会,東京都 2010.3
(30)室井敦、石原亨、田中千尋、石塚晶啓、高林純示、三芳秀人、西岡孝明,シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究,日本農芸化学会2010年度大会,東京都   2010.3
(31)中村穣,作野えみ,矢部希見子,石原亨,中島廣光,糸状菌が生産するアフラトキシン生合成阻害物質 第八報 ,日本農芸化学会2010年度大会,東京都 2010.3
(32)鈴木大進,作野えみ,石原亨,田村純一,中島廣光,植物毒radicininの生合成 第4報 ,日本農芸化学会2010年度大会,東京都  2010.3
(33)中尾崇人,石原亨,松田洋子,石原亨,若狭暁,宮川恒,イネsl変異体におけるインドール-3-酢酸の蓄積,日本農薬学会第35回大会,札幌市  2010.5

(34)Atsushi Ishihara, Takahito Nakao, Chihiro Tanaka, Hiromitsu Nakajima, Kyo Wakasa, Hisashi Miyagawa: Effects of tryptophan decarboxylase inhibition on defense responses of rice, 12th IUPAC International Congress of Pesticide Chemistry, Melbourne Australia, 2010. 7

(35)石原亨・中島廣光・島田章則:Oxytropis glabra に含まれるインドリジンアルカロイドの LC-MS/MS による分析,植物化学調節学会第45回大会,神戸市,2010. 11

(36)澤佑治・石原亨・中島廣光:エンドファイト由来の斑点米カメムシ忌避物質,日本農芸化学会中四国支部大29回講演会,日本ビタミン学会中国・四国地区第1回講演会合同講演会,徳島市,2011.1

(37)石原亨・中島廣光・島田章則:Oxytropis glabraに含まれるインドリジンアルカロイドのLC-MS/MSによる分析,日本農薬学会第36回大会,町田市,2011.3

(38)山崎寧之・石原亨・矢部希見子・中島廣光:糸状菌が生産するアフラトキシン生合成阻害物質,日本農芸化学会2011年度大会,京都市,京都市,2011.3

(39)鈴木大進・前地晃良・石原亨・中島廣光:Fusarium属菌の生産するdihydrofusarubin類の構造と生物活性,日本農芸化学会2011年度大会,京都市,2011.3

(40)浅井智紀・松川哲也・石原亨・梶山慎一郎:ハッサク葉に含まれる傷害誘導性物質の単離と同定,日本農芸化学会2011年度大会,京都市,京都市,2011.3

(41)菅野泰子・石原亨・山田哲也・若狭暁:アントラニル酸合成酵素のフィードバック阻害に対するフェニルアラニンの効果,日本農芸化学会2011年度大会,京都市,2011.3

(42)石原亨:植物の生体防御におけるトリプトファン代謝の役割,日本農芸化学会中四国支部第4回農芸化学の未来開拓セミナー,岡山市,2011.5(招待講演)

 

石原 亨

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:天然物化学
Email:aishihara@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5361
Fax :0857-31-5347

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター