植物の二次代謝を探る

ごま葉枯病菌の感染によってイネの葉に形成された病斑.侵入部位の周囲に褐色の物質が蓄積している.

ごま葉枯病菌の感染によってイネの葉に形成された病斑.侵入部位の周囲に褐色の物質が蓄積している.

植物は生命維持に必須ではない化合物,いわゆる二次代謝産物を大量に合成しています.いったい何のためでしょうか?
植物は,病原菌の感染や昆虫による食害など様々なストレスを受けています.逃げることのできない植物は,これを防ぐため,多様な二次代謝を発達させてきたと考えられています.けれども,個々の化合物の役割は,まだよくわかっていません.二次代謝産物の構造や機能を調べ,植物が環境にどのように適応してきたのかを解明したいと考えています.

キーワード

二次代謝,ファイトアレキシン,フェノリクス,構造解析

研究テーマ

植物において病原菌の感染により誘導される化合物の構造解析
二次代謝産物の機能
二次代謝産物の生合成と代謝

担当教育コース

生命・食機能科学コース

石原 亨

生物資源環境学科
生物資源科学
分野:天然物化学
Email:aishihara@muses.tottori-u.ac.jp
Tel :0857-31-5361
Fax :0857-31-5347

カテゴリー

  • カテゴリーなし
鳥取大学
鳥取大学大学院連合農学研究科
山口大学農学部
山口大学大学院連合獣医学研究科
鳥取大学乾燥地研究センター